• 【モバマス攻略】初心者でもできる!8thアニバアイプロ1枚取りの記録

    2019-12-09 23:00
    みなさまお疲れさまです。ディアッカです。
    この記事をいつご覧になっているでしょうか。8th直後?9thアニバのための攻略記事探し?果てはさらに未来でしょうか。
    何れにせよ、本記事ではモバマス初心者でも「それなりの課金」「それなりの時間」をかけてアニバアイプロ上位報酬カードを1枚取りしたその過程と方法論について記します。

    なお、他のプロデューサーさんの記事でも語られている内容の復唱になる部分も多々あると思うので、冗長に感じる部分もあるかと思いますがご了承下さい。


    ~おしながき~

    序章.自分語り

    1章.アニバアイプロ準備期間

    2章.立ち回りについて

    3章.まとめ


    ■序章 自分語り

    まずほんぺに入る前に自分語りから。

    アニバアイプロ、すなわちアニバーサリーアイドルプロデュースイベントは、モバマスのイベントの中で最も過酷なものと(世間では)言われます。
    何故かというと、イベントの期間が約12日にも及ぶロングスパンであること、過去のアイプロ復刻がありその担当Pが"ついで"で中間上位報酬を狙ってくるため、単にシンデレラガール戴冠おめでとうイベントではないというのが問題です。(過去には物理報酬と言われる上位中の上位プレイヤーしか貰えない非売品の限定グッズ配布もあったため争いはさらに熾烈だったらしい)

    なぜ今回8thアニバアイプロを走ろうと思ったか。については大きく2つです。

    (1)担当の楓さんの晴れ舞台である6thアニバアイプロが復刻されると思ったから
    (2)7thライブナゴド公演でスパロボOGコラボ第二弾が発表されたから

    (1)については、この記事をご覧の方々はご存知と思いますが、結論から言うと8thアニバアイプロでは6thアニバアイプロの復刻はありませんでした。
    俺が前回走った6thアニバアイプロでは4thアニバアイプロが復刻されたので、あるものと思っていたイベントがなく、一時かなりモチベが落ちました。

    が、ここで(2)、スパロボコラボイベントの存在です。

    過去2年、アニバアイプロ直後にバンナム作品とのコラボイベントが開催されているという経緯から、おそらく今回もアニバアイプロ直後にコラボイベントがあると思ったので、イベント特攻となるアニプリ未央、ならびにイベント特効持ちの月末限定アイドルが比較的安価で手に入りやすいため、どうせスパロボコラボイベント走るなら"ついで"にアニバアイプロ走っとくか!くらいの気持ちで始めています。

    そして自担の楓さんが2019年11月末時点で約270日くらい出番の間隔が空いており、スパロボコラボガチャか、スパロボコラボイベント上位報酬筆頭ではないかと予測したのも大きなポイントでした。

    また、何でタイトルに「初心者でもできる」と冠をつけたかというと、俺自身モバマスは総選挙期間に少し遊ぶ程度で、イベントらしいイベントで走ったのは6thアニバアイプロ直前の秋葉ロワが初めてだったためです。
    対策を事前に叩き込まれていたという経緯から、攻略方法さえ知っていればアニバアイプロは怖くないということを広めたかったためです。

    ※俺のモバマス戦績。マジでアニバとスパロボしか走ってない初心者です

    ■1章 アニバアイプロ準備期間

    自分語りはここまでにして、アニバアイプロっていつから準備を始めるべきか、という話を。

    答えは比較的シンプルだと思っていて、「早けりゃいくらでもいい」が結論ですが、実行的に現実的なのは「一年計画」だと思います。


    ※ノブさんはいつでも正しいことを俺たちに教えてくれる。

    他の方の攻略記事でも記されていると思いますが、アニバアイプロは「他のイベントの上位200位に入る以上のイベントポイントを稼いでやっと2000位」と謳われるぐらいの超高ボーダーイベント。それを走り切るための準備はどれだけ前倒ししても無駄ではないです。
    以下、プロダクションの同僚から教えてもらった情報や攻略記事を参考に、俺自身の経験からした方が良いと思う準備を簡単な理由とともに列挙していきます。

    1.毎日ログイン(優先度最大)
     →ログボで稼げるスタハ(マイスタミナドリンクハーフ)の数はアニバアイプロのポイント数に直結します。スタハは1500本以上を目安に集めると安心して走れると思います。コツコツ貯めていくのが大事。

    2.ステータスを振り直す(優先度最大)
     →スターエンブレムで交換できる「振り分けpリセット券」を使用して、ステータスの割り振りをスタミナに100%振り直す、所謂「スタ極」にすることを推奨します。
      アイプロはスタミナしか消費しないイベントかつ、超長期間走るイベントなのでスタミナが低いと周回効率が圧倒的に悪くなります。この振り直しは以後のモバマスイベントに多大なる影響を与えますが、自担のアニバアイプロなんて人生に一回こっきりあるかないかの超重要イベントです。後悔するのはあとでいい。今走り抜けることを考えるべきです。


    ※一生に一度の使い切りアイテム。負けてする後悔は一生引きずるのでやれるだけのことはやりましょう。

    3.毎月末の開催されるガチャを「月末Sレア12%チケット(パーチケ)」1枚と交換できるまで回す(優先度最大)
     →ガンガン課金するのではなく、5STEPとジュエルや招待ガチャを駆使し、パーチケ一枚回収まで回します。(大体3000円くらい?)
      運良く月末の目玉SRが引ければ、それをフリトレに流すことでモバマス界の通貨である生スタ(スタミナドリンク)を大量に確保できます。これの数は多ければ多いほどアニバアイプロ本走時にガチャ課金が不要になります。
      なお市場は鮮度が一番なのでこのムーブは極力月末ガチャが更新されてから可能な限り早く動かないと生スタの交換レートがどんどん下がっていくので注意。

    4.イベントはデイリーアイテム消化まで遊ぶ(優先度高)
     →ゴミカスなポイントでもデイリーアイテム消化まで稼げばそれなりにジュエル、スタハ等のアイテムが溜まっていきます。特に「シンデレラドリームチケット」は150枚用意しとくとアニバアイプロ本走に大きく貢献する可能性があるので着実に積んでいくといいでしょう。
     (ちなみに8thアニバでは使用しませんでした)

    5.ニコニコチャンネル、Netflix、dアニメストア、アマゾンプライムビデオ、アソビストアプレミアムに加入する(優先度中)
     →アニバアイプロはマジの長期戦なので、ながら観できるコンテンツを横に置いておくのが一番モチベが保てます。俺はミリシタのイベント(瞳の中のシリウス)を走りながらYou Tubeで配信を見つつAT中はグラブルのシナリオイベントをこなしてアニバアイプロを走ってました(隙きあらば自分語り
      ラジオ系のニコニコチャンネルや配信系YouTuberを垂れ流しが集中力と気を紛らす塩梅としてちょうど良かったと思います。

    6.ボイチャ相手を探す、プロダクションに加入する。(優先度中)
     →超単純作業が延々と続くので、多くの人は絶対に眠くなったり飽きがきます。それを紛らわせるために、同じイベントを走る人とボイチャしながらやったり、プロダクションの仲間たちとワイワイやりながらやったほうが精神安定性が格段に変わってくると思います。

    7.インフルエンザの予防接種を受ける(優先度低)
     →インフルになったら走るもんも走れんぞ。健康には気をつけろ。(戒め

    8.貯金(優先度・・・・?)
     →月5000円でいいので貯金をすれば、一年後には6万円。6万円あればアニバアイプロはかなり勝ちやすいゲームにできます。

    EX.Blessingをキメる
     →早見沙織、田中秀和、貝田由里子が天才すぎるので無限に走れる。

    これを一年間ないし、気が向いたときからコツコツやり続けたやつが勝つ。
    戦とは兵站がいかに整っているかが全てなのです。本番で楽したいやつほど入念に準備をすべきなのです。

    ■2章 立ち回りについて

    まず、今回俺の稼いだスコアを上げ、アニバアイプロの基本を振り返ります。

    1日目 4,057,067pt
    2日目 341,517pt
    3日目 6,834,034pt
    4日目 3,865,330pt
    5日目 8,568,957pt
    6日目 45,439,983pt
    7日目 59,308,944pt
    8日目 614,400pt
    9日目 85,513pt
    10日目 4,546,650pt
    11日目 17,665,574pt


    ※最終日に完全にチキってオーバーランをキメる雑魚。こうなってはいけない(戒め

    スタミナ:587→592
    PLV:165→181
    生スタ:1512本→1150本
    スタハ:1333本→785本
    マイスタ:260本→316本(手つかず)

    課金額:4万(ガチャに8.5割アイテムに1.5割 結果論だけど課金過剰だった)
    プレイ時間:平均4時間/日

    アニバアイプロは、基本的に「メモリアルパワー(パワー持ち)」と言われるイベント特効アイドルを10枠ある編成枠にどれだけ敷き詰められるかという点が最大のポイントです。
    特技レベルは関係なく、単純にパワー持ちを揃えるだけでいいので、理論としては実はとてつもなくシンプルなのがアニバアイプロです。
    このパワー持ちが揃ってない状態では、仮に100万ポイントを稼ぐとして、時間効率も、アイテム効率も揃っているプレイヤーと揃っていないプレイヤーでは文字通り天と地の差が生まれます。


    ※これが俺のほぼ最終的なメンバー構成。この後卯月を特訓し、ボックスガチャからほたるちゃんを回収してそれで走りました。最終構成になるまで極力スタハ以外のアイテムは消費しません。

    逆に金がなくても時間を無限に投資すれば、理論上無課金でもアニバアイプロ上位入賞は可能と言われています(アニバアイプロ 無課金でググると攻略記事を書いている方も居ます)
    ただ、あまりにも玄人向けの立ち回りなので、俺としてはやはりある程度身銭は切っても楽に戦えるようにした方が常にボーダースレスレに張り付くよりメンタル的に安心と思います。


    次に、「課金アイテム」の概念について。
    アイプロでは「アイプロ専用のアイテム」を消費してポイントを稼いでいくゲームです。
    このアイプロ専用アイテムには「無料」と「有料」の2種類があり、それぞれ「コミュ」という特殊イベントにてノーマル、グッド、パーフェクト判定を起こすトリガーとして消費します。
    無料、有料ともにその時開催中のガチャの副産物としてついてきたり、有料アイテムはSHOPで買えます。
    俺は通常のコミュイベントではアイテムを使用しないで「アイドルとコミュニケーションを取る」でほぼ一貫しました(例外については後述)


    アイプロ専用アイテムを使用しなくても確率で「グッド」や「パーフェクト」を引けるので、通常コミュイベントでは課金アイテムを極力使わず、プロデュースゲージが貯まるまで無心で周回を続けます。


    コミュイベントをこなし、プロデュースゲージが100%になるとエピソードコミュが発動
    5回のコミュニケーションを通じて結果に応じてイベントポイントを大量獲得できます。
    アイプロ専用アイテムは基本ここで投げます


    左と真ん中の黄色の枠が「無料アイテム」、右のピンクの枠が「有料アイテム」です。
    後述しますが基本的にはエピソードコミュでは有料アイテムを全ツッパしていきます。


    編成が完成形に近づくと一回のエピソードコミュ(約3分)でこれくらいの火力が出ます。
    無課金では一回のエピソードコミュで同じようにアイテムを全ツッパしてもこれだけのポイントを出すのは不可能。累積でも80万ptを無課金で排出するためには途方も無い時間を要します。

    では実際にアニバアイプロ直前の立ち回りへ。

    Q1)アニバ直前のイベントは走るべきか
      →パワー持ちが揃えられて、イベントアイテムが余っているなら上位1枚取りも視野
      ただしアニバ直前のイベントは2000位(1枚取り)のボーダーですらとても高くなるので、ここを取るために備蓄が尽きるという本末転倒なことにはならないように注意が必要です。
      この時期はデレ幕張→バンナムフェス→デレナゴド→バンドリ幕張とライブが重なっていた関係で資金面の余裕がなく、完走報酬の白雪千夜だけ確保いたしました。

    Q2)アニバアイプロパワー持ちになる月末直前のガチャは回すべきか
      →現金の実弾は極力アニバアイプロの課金アイテムに回すべきなのでお財布と相談。
       生スタにゆとりがあればフリトレで入手も視野だが、アニバアイプロ後にカード価値が急降下するので、スタドリの交換差損は許容しなければならない点に留意
       8thアニバは公式の施策で毎日無料で10連ガチャが1回回せるキャンペーンがあり、運良くパワー持ちの佐城雪美をタダで1枚拾えたので、もう一枚はスタドリで迎えました。

    そして実際のアニバアイプロスタート後、序盤は以下のような立ち回りを行いました。

    月末ガチャを回し、パワー持ちを即売却してスタドリを稼ごうとするもクソザコナメクジを晒して爆死をキメたので、パワー持ちとなるカードが値下がりするまではひたすらスタハを飲み続けアイプロ専用アイテムも使用せず無課金で周回しました。(今回は一日4時間程度、2000位あたりを低空飛行するくらいのペース
    エピソードコミュも例外ではなく基本はアイテムを消費せず無心で周回し、プロデュース対象アイドルの親愛度を全員「∞」になるまで稼ぎます。

    ただし、エピソードコミュはグッドで☆1個、パーフェクトで☆3個が手に入り、一度のコミュで7個以上の☆を獲得するとボーナスポイントが得られるため、初手でパーフェクトを引いたりした場合は、無料のアイプロ専用アイテムを消費して☆7個になるように調整します。
    序盤において無料のアイプロ専用アイテムはこのように調整で使用するのがメインだと思います。

    無課金ながら周回を続け、レッスンポイントを稼いだらスペシャルレッスンからアニバーサリーメンバーのパラメータを鍛えていきます。

    アニバーサリーメンバーは自前で用意する10枠の編成枠とは別枠で編成を強化してくれる枠です。とりあえずアニバアイプロ中は特技チェンジには手を出さず、育成で攻・守・特技レベルの3パラメータカンストを最優先に目指しましょう。

    また、ショップで販売している1日限定n個の有料アイプロアイテムは走っていない期間でも必ず毎日買います。(8thの時は150MC、300MC×3の出資でした)
    塵も積もれば山となるの精神で、この一個一個の積み重ねが後に必ず効いてきます。

    今回は1stラウンド終了までは復刻イベントの方も周回しつつ、比較的緩やかに過ごしました。
    (復刻アイプロの子たちは周回してボックスガチャを回すものの、パワー持ちでなければスペシャルレッスンで鍛えなくてよいです)
    本格的に動いたのは2ndラウンド中盤、アニバアイプロ6日目からです。

    6日目からはアニバアイプロ本番ということで、アニバーサリーメンバーの追加として4人目のアイドルと、その年のシンデレラガールがプロデュースアイドルに加わります。
    4人目のアイドルはスペシャルレッスン対象アイドルなので、優先的に信頼度上げとスペシャルレッスンを行っていきましょう。

    また、1st・2nd・3rdのラウンド終了間際は各復刻イベントを走り終えたプロデューサーたちがパワー持ちのアイドルを一斉に手放すので、溜め込んだスタドリでその子らを迎えるならラウンド際のタイミングが狙い目です。
    アニバのパワー持ちは仮に超人気アイドルの月末限定であろうと、日に日にそのカードのスタドリ換算の価値は下がっていくので、パワー持ちのカードを迎え入れるタイミングはとても重要となります。

    ※あの卯月ですら月末初日から換算すると6日目の時点で半値の315個に・・・・

    特に8thに関しては8周年記念キャンペーンと称し、ドリームチャンスガチャの福引を回せる権利を付けたガチャチケを毎日配っていたせいか、恐ろしい速度でガチャが回転し、アニバ9日目にしてドリームチャンスが枯れるという異常事態が発生したせいもありパワー持ちの値下がりがこれまでよりも早かったです。


    ※記念にスクショを残したくなるくらいの異常事態

    ダラダラと無課金で走るより、ある程度課金してでも走るのをおすすめする理由はここにあります。

    アニバアイプロは長期イベントではあるものの、時間と金を効率よく使えば実は3日ほど煮詰めて走ることで2000位までなら入賞することは可能です。
    なので、月末ガチャ更新日にガチャを回しなるべくスタドリ価値の高いうちに即転売。価格が落ち着いたタイミングでパワー持ちを回収し短期集中で走りきり、以後抱え続けるつもりがないならまた手放して差損を極力抑える。
    一日6時間~8時間程度のポチポチを12日間継続できる方はよいでしょうが、短期集中が得意な方はこちらのほうが存外楽だし、効率的ではないかと思います。

    俺はこの2ndラウンドにおいて、アイプロ専用アイテムを有料も無料も全部ぶっ放して使い切りました。
    アイプロ専用アイテムはアイプロが終わると腐って使えなくなってしまうので、有料だろうが無料だろうが残す意味はゼロです。有料アイテムを使い切ったら無料アイテムにも手を付けてひたすら全速前進です。
    今回は試しに無料アイテム3個消費を連打して、運ゲーでパーフェクトが連打されることを神に祈る戦法で行きました。パフェが1度でも出たら後は1個消費に切り替えた方が期待値は高そうですが、俺には時間がなかったので今回は「運ゲー走法」を取りました。

    前回6thアニバアイプロを走ったときは、一日平均2000万を稼ぐようなダラダラと中長期間走る動きをしていましたが、個人的に今回試した「短期集中決戦」は時間拘束もそれほどかからず楽でしたし、ポイントを見ればわかりますが3rdラウンドからはアニバアイプロ自体全然触っておりません。
    これでも勝てるんだから人類はアニバアイプロをもっと軽率に走るべきなのです。


    ※ついでに取った川島さん。うちの担当がいつもお世話になっています。

    ■3章 まとめ

    ということで雑多な文書でこれまでアイプロのあれこれを語ってきましたが、最後に要点だけまとめます。

    アニバアイプロ必勝法とは

    その1:準備は1年かけてやろう
    その2:アニバが始まっても「自分が走ると決めたタイミング」以外で無理はしない
    その3:デイリーセールの課金アイテムは毎日コツコツ買う
    その4:自担のアニバアイプロはマジで無限に走れる


    ※楽しすぎた6thアニバアイプロ。あれからもう2年か・・・・


    ※いつか幸子、美嘉でも走れる日を夢見て....

    →Next Produce
     第2次スーパーロボット大戦CG THE TUNE DUELLERS編へ続く
  • 広告
  • 【Roselia/Flamme雑感】ただの声優オタがうっかり現地参戦したらコンテンツ落ちしたという話

    2019-08-03 23:571
    お疲れ様です。ディアッカです。今日はオタクが沼に落ちたライブの感想でございます。

    日頃はアイドルマスターというコンテンツでプロデューサー業というものを嗜んでおりますが、そのコンテンツの一角に「アイドルマスター シンデレラガールズ」って作品があるんですよね。皆さんご存知でしょうか。

    で、そのシンデレラガールズには180人超のキャラクターが登場するわけですが、その中の一人に「乙倉悠貴」ちゃんというアイドルがおります。
    キャラクターとしての魅力も当然ですが、とりあえず端的に言うと中の人がぐう可愛いんですよ!!!!!!!!!!!!!!!


    失礼しました。

    中の人は「中島由貴」さんという新人声優さんなんですが、2年前のシンデレラガールズのライブコンテンツでお姿を拝見してから「エッッッッッッ!?中島さんって子すごくない?????????見た目完全に乙倉ちゃんじゃん!!!!!!!!!!!」で即死した俺は中島由貴さん、コンテンツによって「しまゆきちゃん」とも「ゆっきー」とも呼ばれる彼女の完全なファンになってしまったわけです。
    ※お顔がわからんという人は「乙倉悠貴」で画像検索したあと、中島由貴さんのツイッター見ると7割くらいの人が俺と同じ気持ちになると思います。
    どんくらいハマったかというと、普段オタクグッズの類は(部屋に置き場所がないので)一切買わない俺が、乙倉悠貴ちゃんがゲーム中で着ているパーカーを再現した洋服を買ったり、これまた俺の人生で全く縁がないと思っていた「芸能人の写真集」という物体を、しまゆきちゃんの写真集に限っては秒で予約して買うくらいには彼女にハマってます。

    「デレマス」では「しまゆきちゃん」と呼ばれる彼女、超キュートアイドルしてる一面のすぐ隣で、「ゆっきー」という相性で呼ばれるコンテンツに属しているんですね。

    それが今日の本題、ブシロードが放つ「声優に実際にバンド演奏させる」マジキチコンテンツこと「バンドリ!」での厨二病系ユニット「Roselia」のベース担当、二代目・今井リサです。

    バンドリの方面は、ゲーム稼働初期から知っており、外から見てると楽しそうな反面、声優酷使問題とかあって、正直あまり好意的に見てない部分もあったんですが、元々俺がアイマスでも「蒼」寄りの人間であるため、Roseliaとの親和性は○。ちょっとゲームを遊ぶくらいの関係ではありました。
    そうあの日までは・・・・

    2018年5月13日、バンドリ5thライブにて、初代・今井リサの中の人であった遠藤ゆりかさんが芸能活動引退に伴い、中の人の交代が告げられました。
    ご存じの方にとっては今更の話ですが、バンドリはキャラクター性が中の人に寄ってる部分が多分にあり、「今井リサ」は「遠藤ゆりか」にかなり馴染むキャラだったわけです。
    それが諸事情により中の人交代となり、外様ながら誰になるんだろうな~なんて見てたら

    しまゆきちゃん、二代目・今井リサに就任


    (心境の代弁者、劉備玄徳)

    いやいやそうは言うてもガッツリ今アイマス沼入ってますからね、バンドリまで着手はちょっと無理ですよクォレは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    と無理やり自分の中で整理をして、そこから約1年間バンドリ沼から「意図的に」距離を置いていました。
    なんで1年間って?

    それ(Xデー)はある日突然やってきた


    実在のガールズバンドSILENT SIRENとバンドリの主人公グループ、Poppin’Partyとの対バンライブ、「NO GIRL NO CRY」(以下 NGNC)ですね

    いやRoseliaおらんやんって話なんですが、これ発表されたときにこう書いてあったんですよね

    2019年5月18日(土)
    Poppin’Party、SILENT SIREN
    ゲストアクト:Roselia

    か~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っ!(鳴き声

    同日に「アイドルマスター ミリオンライブ」の6th神戸公演とドン被りしてたわけですが、「ポピパ」にはアイマス関係者の「愛美」、「大橋彩香」がいて、そこに俺の「推し」たる「しまゆきちゃん」が居るなら・・・・

    行くのが男だよなあ!!!!(チケット当選

    ポピパ、RoseliaのCDを集めているうちに手にとった一枚のCD、それがRoseliaの8th Single「Safe and Sound」だったわけですが、これに掲題のライブ「Flamme/Wasser」のライブチケット抽選先行シリアルが同封されてたわけですね。
    しかし会場が真夏の富士急ハイランド(に隣接の屋外フェス会場)という正気を疑う采配だったこともあり、行く気は当初サラサラありませんでした。
    まあでもせっかくCD買ったし応募してみるか。と応募したところ。

    これが当たるんですねえ!!!!!!!

    ウッッッッッッソだろと本人が一番思ってましたが、ちょうどリアル仕事がかなり炎上してたこともあり、台風リスク、熱中症リスク等々を考えると正直チケは当たったものの、行けるかもわからんしどうしようかなと、本当にライブ3日くらい前まで悩んでました。

    とりあえず発券だけしてみるかと、ローソンでベベベと券を吐き出してもらったところ。
    「・・・・ん?神席では?」
    過去参加したライブ等で見るにどう考えてもクソ神立地の席、これは・・・?

    いくか~~~~~~~~~~~~~~~(オタクは単純なので

    かくして本日、幸いにも天候に恵まれた快晴の富士急ハイランドコニファーフォレストへ現地参戦して参りました!(やっと本題

    ライブの感想ですが・・・・・

    ”””””””””””””””””””””””””最高”””””””””””””””””””””””””以外の感情が俺の辞書から消えたんだが???????????????????

    CDに付いてたライブ映像、NGNCを経て、「バンドリのお作法」はちょっとは分かっていたし、NGNCを見て「バンドリのコンテンツ力はやべえもん持ってるな」と万感の思いを得ていたわけですが、それにも増して今日のRoseliaのライブは「最高」だった。

    灼熱の屋外ライブ、火柱や花火の演出といった物理的に襲いかかるリアルの"熱気"
    文字通り命を削って作り上げる演者たちの生演奏による"熱気"
    そして俺たちバンドリーマーが合わせるコール&レスポンスによる"熱気"

    それらが全て絡み合い、俺の中で100点満点中5億点の回答が出ましたね。

    "あなた達、Roseliaに全てを捧げる覚悟はある?"

    言いましょう、言い切りましょう。あります!

    なんといいましょうか、「ONENESS」と「熱色スターマイン」という2曲が俺の中でのRoselia最強曲なんですが、これがセトリの中でド頭とアンコールのシメでぶつけられたんですよね。
    演者は近いし、セトリはもう「俺のためのライブじゃん」って構成だし、こんなん落ちんやつ不能ですよ不能。

    「しまゆきちゃん」という一人の声優を追っかけた結果、最終的にはRoseliaの沼へお世話になることになった。なってしまいました。

    というわけで、これからもよろしくおねがいします。「ゆっきー」

    (次回はシャニマスかデレマス7th幕張、ミリオンSSAの記事になると思います)
  • 第8回シンデレラガール総選挙を終えて思うこと ~総選挙は人気投票ではない~

    2019-05-26 21:49
    お疲れ様です。ディアッカです。
     約1ヶ月にも及ぶ長期戦を終え、本田未央が三度目の正直にて栄光を掴んだ第8回シンデレラガール総選挙、皆様はどのような結果を迎えているでしょうか。
     今回は、この1ヶ月に起きた色々な要素から、以下の3つのテーマに沿って、第8回シンデレラガール総選挙と、今後に対する完全主観による所見を展開していこうと思います。

    テーマ1:シンデレラガール総選挙は人気投票ではない
    テーマ2:シンデレラガール総選挙は人気投票である
    テーマ3:『シンデレラガール総選挙』に求められるドラマ


    1.シンデレラガール総選挙とは人気投票ではない
     いきなり何言ってだお前って話かもしれませんが、結構マジで言ってます。
     シンデレラガール総選挙を取り巻く環境で最も大きな要因がある以上、シンデレラガール総選挙というコンテンツは人気投票ではないのです。
     それは言わずもがな、『CDデビューの確約』という一言に尽きるでしょう。
     190人以上のアイドルの担当Pが、たった一つのこの報奨のために1ヶ月、いや年単位を掛けて自担のために動く。それがシンデレラガール総選挙です。
     姉弟作とは異なり、シンデレラガールはユニットよりアイドル個人にフォーカスが当たっている作品ではあるものの、ユニット文化は確かに存在し、それは今回のシンデレラガール総選挙中間発表において運営が提示したデータからも伺えます。


    ※一緒に投票されたアイドル上位はブルーナポレオン、フリルドスクエア、ビートシューター、ヒーローとヴィラン(イグニッションZERO)とユニット票が強いことがわかる。

     そしてこのデータが示すものは、声がすでに付いているアイドルの担当が、まだ声が付いていないアイドルの相棒に支援をしている。という状況にも読み替える事ができるでしょう。
     それは、『個』でいる強さに『集』である強さが備わった方が、アイドルマスターシンデレラガールズというコンテンツで過ごす上で圧倒的に得だからこうなるわけです。近年、デレステはオリジナルユニットの創出よりも、モバマス側で既に構築された関係性のユニットで楽曲を作る傾向があり、ここ一年間で純粋なオリジナルユニットは周年曲のガールズインザフロンティアとゆずコラボの無重力シャトルくらいです。
     モバマスと異なり、デレステはシビアなまでに『声』がないとゲーム中で出番が勝ち取れません。「ススメ!シンデレラロード」や「営業コミュ」の追加で、無声イベントも増えてきておりますが、それでもほぼ週替りクラスでイベントを打つモバマス側に比べたら月1程度の更新でしかなく、これのせいでデレステ側に無気力なPも少なからずいると思います。
     『個』の力が弱くても、『集』による出番をより多く勝ち取るために、『個』の力を高めていく。それが『シンデレラガール総選挙』というコンテンツが人気投票ではないと言い切ってよい理由の一つです。

     ただ、現実の選挙のように、1人の持つ票が1票限りであったら、絶対にこうはなりません。支持母体がクソデカいアイドルが上位を占め、殿堂入りが無い限り順位に変動は起きないでしょう。1人の持つ票数が年々増加しているからこそ、『自担以外への加担』という票の遊びが生まれるのです。
     これは運営からの票配布にも明確な差別化を打たれていて、モバマス側は無課金でもイベントを頑張れば700票近い票数を得られていたのに対して、デレステ側はどんなに頑張っても無課金では40枚くらいが関の山だったと思います。
     アクティブユーザの差も考慮した差配ではあると思いますが、デレステユーザが700票を絞り出すためには20万円近くの現金を排出しなければいけないことを思うと、現在のシンデレラガール総選挙は人気投票というより、高い
    票出力を持つ人をいかに自陣営に引き込めるかが肝要である。ということです。


    2.シンデレラガール総選挙とは人気投票である
     マジで何言ってんだコイツって思うでしょう?でも結構マジで言ってます。
     シンデレラガール総選挙は人気投票ではありませんが、実際は人気投票です。それはなぜでしょう。
     一ノ瀬志希が突然頭角を現したのはなぜか。高垣楓がいつまでも総選挙上位なのはなぜか。大きく順位ブレを起こしていたしゅがはが中堅上位に安定してきたのはなぜか。中間発表で属性15位に居なかった渋谷凛が最終的に総合28位に収まっていたのはなぜか。端的に言ってしまえば彼女たちがアホみたいに人気だからです。ガチャで限定SSRが出ればセルラン上位安定、イベントが始まれば過去の上位ボーダーを平気で塗り替える。そんな人気が、容姿なのか、曲なのか、中の人なのか、イジりやすいキャラ付けなのか、MADが人気なのか、薄い本にお世話になった義理か、数多の理由により彼女たちを今の位置に据えています。
     一人の持つ総票数が上がっていたとしても、支持母体が大きいアイドルが絶対的に強いことに変わりはないから、ですね。
     俺はこれを『器』と考えています。

     アイドルAの人気度を上記のような形と定義した場合、夢見りあむは

     こういう形だと思います。アイドルAちゃんもコアなプロデューサーを抱えていて、深さも広がりもあって人気だと思いますが、今のシンデレラガール総選挙のルールで強いのは間違いなく夢見りあむです。
     りあむはプロデューサーがデレステに28万円課金して1000票入れるような狂気を見せてくれる人が多くなくても、『こいつ面白いし1票なら入れてもいいかな』という『なんとなく1票』を多く勝ち取った結果、中間総合3位・Pa2位という驚異的な爆発力を見せ、そのまま最終結果まで逃げ切りました。
     夢見りあむのようなケースは特異中の特異ではあるものの、ことシンデレラガール総選挙においてこの器は、ワイングラスのような縦長の二等辺三角形であればあるほど弱く、力士が優勝時に呑む盃のような深さも広がりもある台形型であればあるほど強いと考えています。
     どんなにめちゃくちゃ魅力的で、その子についてある種公式より理解しているプロデューサーが指折りいたとしても、その子の魅力が多くの人から見て簡単に咀嚼できるような形で無いとその子の総選挙における期待値はどうしても低くなります。

     正直、皆さん担当外のアイドルのダイマ(ダイレクトマーケティング)の画像って、熱心に見てますか?
     世の中には、メラビアンの法則というものがあり、話し手が聞き手に与える影響力を「言語」「視覚」「聴覚」の3つの構成によって表現したものです。
     メラビアンの法則では、伝えたい情報を100%としたとき、言葉で伝わるのは7%、目で見て伝わるのは55%、耳で聴いて伝わるのは38%とされています。
     そういった意味では、公式からSSRやイベントでカードを配布されるアイドルは、アイドルの魅力を公式から55%上積みしてもらえるということで、そうではないアイドルより圧倒的なアドバンテージを得ていることになります。
     担当外のガチャでもシンデレラフェスは回す。という人もいるのではないでしょうか。目当ての子ではなくても、すり抜けてポロッと引いた子をせっかくだから編成に入れてMV見てみたら、意外な魅力を見つけてそのまま担当に...というケースも全然あると思います。

     話を戻しますと、みなさんが頑張って作ったダイマ画像、採点をしてくれる同担の皆さんには深く刺さっていると思いますが、正直同担以外には6割も伝わっていれば良いほうだと考えたほうが良いです。(下手すると身内のRTは付いても外に拡散できていないケースすらあると思います)
     不定期にニコ生で行われている「俺達の少女A」という企画は3分間の音源で、自己の担当アイドルの魅力を他のプロデューサーへ伝えるという、聴覚による残りの38%を補うエッセンスが盛り込まれているので、よりダイマとしては効果的でしょう。画像と同時にやれれば理想的ではありますが、それは中々難しい。
     そして最近のシンデレラガール総選挙で厄介なのが、その『魅力』というのが『必ずしもアイドル個人の長所』と結びつくものではないというのが、来年以降総選挙を戦うPたちが念頭に置かねばいけない最大の要因ではないでしょうか。
     シンデレラガール総選挙における「人気」とは何か、それが最後のテーマです。

    3.『シンデレラガール総選挙』に求められるドラマ
     この記事で最も重きを置くのがここ、すなわち『盤外戦術』と呼ばれるゲーム外でのPR合戦です。
     古くは川島さんクソコラグランプリから始まり、今回のシンデレラガール総選挙での最大瞬間風速、『米版メタルギアソリッドのビッグボス(スネーク)の声優さんからナターリアへの応援メッセージ』という、そのアイドルに関係しない部分でのバズがあるか否かがシンデレラガール総選挙の趨勢を決めてきたことを否定できる人はいないでしょう。
     ぶっちゃけナターリアとスネークに関連性は何一つ無いわけですが、兎にも角にもこの施策は『スネークがナターリアを応援!?!?!?!?!?』という字面と絵面のインパクトがチートでした。メラビアンの法則で言えば100%を超えて150%の力で喧伝し、ナターリア界隈どころか非デレマス勢すらも巻き込む近年のシンデレラガール総選挙最大のバズになりました。
     ひと目で見て『あの界隈楽しいことやってんな』って思わせるのはメチャクチャ重要です。色んな所で死ぬほど言われてますが、アンチは票を減らせないので、他のアイドルを腐すより自分のアイドルを祭り上げまくった方が絶対的に得です。
     そして盤外戦術は基本的に先手必勝です。そういった意味では、ナターリアPがスネークバズに乗っかってアイコンをスネークに差し替え、「ナタ」「ナターリア」という単語を発すれば音もなく近寄りいいねだけして消えていく。という戦術はメチャクチャスネークっぽくて面白かったです。これを見て焦った陣営の一部は、いいね戦術だけ乗っかろうと色々画策していた様子はエゴサでも見えていましたが、あまり実行に移していなかったり、はたまた実を結ばなかったケースが多いです。なぜなら二番煎じは寒いと取られがちだから。
     ネタは鮮度が命です。(ナターリアだけに)

     そして自己の個性(長所)を武器にしてバズを巻き起こしたのが「セクシーデリバリー松本」こと松本沙理奈
     詳細は以下のtogetterにてまとめられております。
     https://togetter.com/li/1342844
     こちらもナターリアと同じくしてTwitterから生まれたトレンド。日頃の悩みを松本沙理奈のポジティブセクシーが解決していく快活な漫画です。本格的にバズる前から俺のTLにも流れてきており、メチャクチャ面白かったのでいいね等々しておったら、とある日から「ん?流れ変わったな(unicorn)」な展開に。
     意外や意外、同じアイドルであれ、ナマモノの界隈であるジャニーズの方面で「セクシーデリバリー」が流伝し、松本沙理奈の「セクシーデリバリー」とSexy Zone中島健人さんの「セクシーサンキュー!」が完全な解釈一致を起こしたことによる2次元アイドルと3次元アイドルの「セクシー異文化交流」大発生。デレマスPはSexy Zoneのライブ円盤買ったり、中島健人さんの担当の方はデレマスを始めて松本沙理奈に票を投じてくれたりと、一大イベントへ発展。
     その結果、ポジティブスパイラルにガッツリ乗った松本沙理奈さん。これまで圏外続きだったが、超絶大躍進の総合20位へランクイン。ちなみに今回総合50位にランクインしたアイドルで、デレステにSSRが実装されていないのは夢見りあむとこの松本沙理奈さんだけです。ネットバズってすごいのよ!
     今回は残念ながらボイス圏内には至らなかったものの、自己の長所を生かしてここまでハネたというのは、器の形を大きく変え、来年以降に大きく弾みをつける一歩ではないでしょうか。
     「勝負は時の運」とは言うものの、結果が全てのこの世界、何にかこつけても『人気の創造』は絶対です。特にナターリアは、これがなければPa3位が的場梨沙と入れ替わっていた可能性が否定できないレベルの票差でした。

    ※ナターリアと的場梨沙は約4.5万票差。たったこれだけの差が絶対的な明暗を分ける...

     しかし、シンデレラガール総選挙を決定付けるのは必ずしもネットバズだけではない。島村卯月、高垣楓、安部菜々、本田未央。近年のシンデレラガール戴冠アイドルは、どちらかといえばネットバズより、長年続いてきたシンデレラガールズというコンテンツと、それを取り巻くプロデューサーが創出したドラマ性。ノンフィクションのストーリーが「エモさ」を生んで勝ってきた。
     『笑顔』だけでは掴めないその先の未来、無冠の女王として一歩引いた立場で見てきたその栄光、ナナ回という崖っぷちの戦い。そして、三度目の正直。シンデレラガール総選挙で、一定の結果を残すだけなら、ネットバズが上手く当たればそれで勝てるのでしょう。
     だけど、そこから一歩先、本当の意味での「シンデレラガール」に人が求めているのは、おそらく『横綱相撲』なのだ。189人のアイドル全ての攻撃を受けても崩れず、膂力のみで土俵の外へ押し切る本当の実力がなければ、シンデレラガールにはなれない。
     直近のシンデレラガールネットバズといえば、これまたマジで何も関係ないモータースポーツの界隈から湧き上がった「Japanese superstar Kaede Takagaki」のムーブメント。これがもし今起きていたら、楓さんがCo3位や2位に入っていたかもしれないが、それでも未央を捲って二回目のシンデレラガールに...とは絶対に成らなかったでしょう。
     一切のネットバズ、ガチャブ、イベブもなく、徒手空拳で本田未央がシンデレラガールになったのは、「シンデレラガールになるべきだ」と多くのPから支持されたから。

     シンデレラガール総選挙とは、人気投票ではない。
     シンデレラガール総選挙とは、人気投票である。
     そして、シンデレラガールに求められるのはドラマだ。

     以上、怪文書でした。
     お付き合い頂きましてありがとうございます。いや、セクシーサンキュー!!