【H29夏休み自由研究】UTAU音源の2マイク同時録音について【基礎実験】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【H29夏休み自由研究】UTAU音源の2マイク同時録音について【基礎実験】

2017-08-21 00:00
    1. 前書き
      UTAU音源の事前加工として,現在は確立されていないが,複数のマイクで同時収録した音源をEQやモーフィング等で合わせるという手法が考えられる.

      上記の手法について研究するため同時録音に挑戦してみたところ,同時録音した差分自体がUTAUの伸縮器を差し替えるよりも変化の大きいものであり,差分として成り立つ可能性を見出した.

      そこで,実際に同時録音を行った音源に同一のフレーズを歌わせたものでアンケートによる主観評価を行い,マイク差分の価値を確認するものである.
    2. 実験方法
      oremoを用いて2ch同時録音を行い,自作ソフトにてLR分離を行った.
      各音源で同一のフレーズを歌唱させ,twitterにてアンケートを行う.

      なお収録に用いた機材は以下の通り
      ・オーディオIF steinberg UR22 mk2
      ・Lchマイク(コンデンサ) オーディオテクニカ AT4040
      ・Rchマイク(ダイナミック) SHURE SM58
    3. 実験結果
      8/20 20:40時点のアンケート結果を下記に示す.なお1つ目がAT4040,2つ目がSM58である.
      1曲目



      2曲目



    4. 結論
      状況によっては2重録音による差分は十分選択肢として通用すると考えられる.
    5. 考察
      マイク差分音源は原音設定が完全に流用可能なため,ノイズ除去や周波数表の作成の手間等はかかるものの,気軽に差分音源を作成できるのではないかと思われる.
    6. あとがき
      挫折しなかったらダブリングした音源で事前加工するためのフリーソフト開発するので,
      興味がある人は実験がてら録ってみてください.僕が得します.
    7. 蛇足
      ハッピーバースデー俺ー
      今年も頑張りまーす
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。