メモ超! エロシーンが必要なのか論争その2「KID」と「CIRCUS」 少し追記
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メモ超! エロシーンが必要なのか論争その2「KID」と「CIRCUS」 少し追記

2016-02-26 00:54
    前に書いたものに「KID」「CIRCUS」についてほぼ触れてなかったのでちょっと触れる。

    (ちなみに、日本で一番最初に発売されたのは83年ロリータシンドロームだと言われている

    ◯KIDについて KIDwiki
    ・一般向けなのでエロシーンがない。(美少女ゲーム・ギャルゲー)
    ・でも、売れていた。エロがないのに
    ・ストーリー重視だった為?
    ・「定評あるキッドシステム」

     この頃はまだ手に入れることが難しかったエロゲーを一般化して販売していた。
    エロでも売ったことあり。さすがセガ(コンシューマ機:セガ・サターンあとPS)

     そこから、恐らくだけど、エロがないエロゲーに物足りなさを感じ、そこに意味を付けるためにストーリーを突っ込んだ。と思う。

     そこで生まれたのが
    「infinityシリーズ」「Memories Offシリーズ」

     infinityで特に有名なのがEver17 -the out of infinity-

     まあ、語らないけど。

     
    それ語るくらいなら、双海 詩音の可愛さについて語ったほうがいい。


     まとめ:

     エロがないエロゲは物足りないが最初からエロ無しでギャルゲ作るのならそれはそれであり。


    あ、あと「定評あるキッドシステム」というのは今や当たり前になっているノベルゲームの基本システムの事。主にスキップ機能など。


    CIRCUSについて
    ・有限会社だった。(有限会社という存在を初めて知った)
    ・同タイトルの追加ソフト(ファンディスク)めっちゃ出す。(そのたびに買ってた)
    ・でも、後悔してない!
    泣きゲー


     親父のノートPCを壊す原因にもなった「D.C.シリーズ」の制作会社。
    (※布団の中で包まりながら泣きつつプレイしたの原因と思ってる)

     ここで「泣きゲー」という単語を出してみる。

     上のメモオフ・17でも少し要素はあったが、KID初期のメインはミステリーストーリー
     ※「メモオフそれから」とかはミステリーに泣きもがっつり入った。

     だが、このD.C.はキャラクター達とイチャイチャ楽しみつつ、終盤でドラマがあり、泣かせにくる。
     的な展開だ。ミステリーというかキャラたちと感情を共にすると言う感じ。

     ※泣きゲーを詳しく語るには絶対外せない「Key」という存在があるので語らない。


     このゲームはエロゲからPS2に移植されている作品。
     つまりエロのないエロゲ。 

     さて、私が何故PS2版を買ったのか。
     この頃、まだPCが高く自分専用なんてなかった。それはとても致命的だった。
     いやエロ目的じゃないよ? いやほんと、ね! ストーリー楽しみたかっただけだし!!

     
    ただ、中高生がプレイするならPS2などの方が敷板は低い。が、

     アニメやってて面白かったし、キャラ可愛かったし、

     え? ゲーム出てるの?

     え!? え、……エロいのもあるの…?

     ※ちなみにPC版の1年後にアニメ化でその2年後PS2化。


     何人がエロゲという泥沼にダイブしていったことか……


     あと、なんやかんや言われているが、ファンディスクがたくさん出ることによって、そのたびに好きなキャラクター達とイチャイチャ出来てCGが見れてエロシーンも見れるというのはファンからすると最高のサプライズ。


    まとめ:
    入る窓口が違えばエロ無くてもいける。
    でもエロを知れば


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。