グラフで見るコメ禁史
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

グラフで見るコメ禁史

2018-03-28 20:38

    2017年7月から、空白になっていた2008年~2010年3月までの支援者の解明を目指し、自演動画の過去コメをxml取得してきました。長い時間がかかりましたが2017年10月に当時の支援者を大方把握することができました(大百科記事の自演動画の支援者一覧を参照)。その時期に自演動画で起きていたコメ禁(コメBAN)の詳細な歴史も浮かび上がってきたので、まとめます。

    1.方法

    1.NicomentXenoglossiaで自演動画(sm125732)の2008年1月第1週から2011年5月第4週までのコメントをxml取得。週ごとにエクセルにまとめる。開始時期は木曜9時←184ID変更時刻のため。

    2.エクセルから週ごとの全コメント数を計測。その中から消去されたコメント数も計測。

    3.消去されたコメント数が全コメント数に占める割合(消去コメント率)を算出。

    4.消去コメント率が高い期間(10%台)を中心に、支援者がコメ禁について言及したコメントを検索。

    5.コメ禁について言及したコメントが多く見つかれば、その期間を「コメ禁騒動」の期間とする。

     コメ禁を喰らうと、投稿したコメントが消去されます。このことから、消去コメント数が多いとコメ禁があまりなく、消去コメント数が少ないとコメ禁が多いと言えます。消去コメントは投稿者IDが付いていないので、「全コメント数ーID付きのコメント数」で消去コメント数を算出します。今回は、消去コメント数が全コメント数に占める割合(消去コメント率)から、当時どれだけのコメ禁があったのかを調査しました。
     また、消去コメント率が多い期間で、当時どのようにコメ禁が発生しているのか当時の支援者のチャットからも確認して、コメ禁の実態を把握します。チャットでコメ禁についてのコメントが多く見受けられれば、その期間をコメ禁が激しかった期間=コメ禁騒動期としました。


    2.グラフ結果



     自演動画の消去コメント率の推移は上のグラフの通りになりました。
     青線は消去コメント率(左軸)橙色棒は週間コメント数(右軸)
     2008年1月から2011年5月において、自演は4回コメ禁騒動があったことが分かりました。これらのコメ禁騒動について詳しく考察していきます。


    3.1 第一次コメ禁騒動(2008年2月中旬~3月中旬)
     2007年4月に投稿され、7月から急速に伸びていった自演でしたが、2008年2月15日に、運営は大量コメント投稿者に対して一定期間コメントできなくなるコメ禁を導入しました。当時は、ニコニコ動画の視聴人口が急激に増えていき、その中でも斬新なコメント機能が注目され、ニコニコ動画全体のコメント数はピークに達していました。また、2007年後半のコメントランキングでは自演動画以外にも「うろたんだー」や愛されキャラ選手権の動画が多く登場しており、コメント乞食動画が隆盛を極めていました。このことから運営は度重なるコメントサーバー負担に耐え切れず、コメ禁をこの時期に導入したと考えられます。
     このコメ禁の導入により、自演支援者のアカウントの多くがコメントできなくなりました。消去コメント率は2月第2週目で43.5%となり、他のコメ禁騒動の時と比べて最も大きい値となりました。この数値がどれくらいヤバいのか当時のコメントから状況を推察しますと....


    ここの住人みんな死んでるな
    愛され参加者全員死亡
    ココの住人全員死亡?w
    おれも早朝の500コメ程度だけだったはず
    複垢も本垢も米禁されたようです
    みんなくらってるwwww
    常連は全滅と言ってもいいな
    今日を境にここの常連が一斉にコメントできない状態に・・
    連投がだめとかちょっとないなあ
    特に何もしてないのに米禁???
    時限なのか永久なのか・・・こわいな
    どうりで、タグに副アカがどうとかあるわけだ
    巻き添えで多数禁止になった
    これだと、ネギ、銀様、草さん、蜘蛛あたりも禁止かねぇ
    深夜組はみんな禁止かな
    俺含めて多数の人がコメント禁止になった
    複垢も死亡で涙目w

    P垢早く返せーーーーーーーーーーー
    コメ制限かかりそうで怖い
    ↑2008年2月2週目におけるコメ禁に関するコメント

     当時のコメントの様子から、常連支援者はほぼ全員コメ禁になったと考えられ、複垢も早急に作ったものの速攻で禁止になっていたようです。また、禁止理由・期限も分からないコメントも見受けられたことから、コメ禁に対する恐怖心が支援者間で埋めいていたことも考えられます。

     このコメ禁圧力に対抗するために、支援者は複垢を作ってコメントするほかなく、多くの常連支援者は複垢を作りましたが、中には1つのアカウントにこだわっていた支援者もおり、謹慎が解けるまで支援を行わない支援者もいました。


    よし、垢作ったぞ
    副垢もやられたてナミダメ
    もう垢作るのめんどい
    P垢また禁止
    もう本垢一週間禁止だぞ
    垢変えながらやったら両方くらった
    今日作った3つの垢全部禁止
    複垢3コ
    さらに今日別垢が禁止 もっと複垢取れってことかな
    本垢以外全滅のネギがやってきました
    副垢で支援開始→昼の米禁で死亡
    1週間経ちました
    副垢を作るため一旦離脱
    垢は65個 明日この垢米禁食らう
    先週の日曜にくらった垢は皆死亡中
    10垢使ってほめる
    6つ垢禁止?ならば7つ目をつくるまでさ
    全部ヤフ垢で作ったw
    3垢復活しました
    怖くて本垢は使えないw
    明日はこの垢が持てばいいや

    ↑2008年2月3週目~3月3週目におけるコメ禁に関するコメント

     コメ禁開始の数週間後、複垢で支援を続ける支援者達でしたが、やはり速攻で禁止になるケースが多く、コメ禁を見越してアカウントを大量に作成した上で支援していたと考えられます。苦しい支援生活が続いた支援者達ですが、コメント数は週間14万台で推移しました。これは、騒動前の週間20万コメ台と比べて6万コメ減少しましたが、これだけの運営の介入を受けても14万台で維持したことは、現在のコメ数(週間8万台)から見ると大健闘と言えるでしょう。支援→コメ禁→複垢作成の無限ループに陥りながらも、このコメ禁騒動が逆に支援者内の団結力を高めたのかもしれません。

    コメ禁こないなー
    コメ禁になっていなくてよかった
    コメ禁がこわい
    まだコメ禁の時間帯じゃないか
    はー、まだコメ禁
    でも、最近コメ禁になりにくくなったような
    コメ禁があるのに投コメの連投機能がある訳がわからん
    確かに拒否はあるがコメ禁にはなったことがない
    コメ禁止から帰ってきました
    俺もコメ禁だったw昨日復活w
    ☆さんはまだコメ禁か
    最近コメ禁くらtってないな
    コメ禁の基準だれもわからない

    ↑2008年3月5週目~4月2週目におけるコメ禁に関するコメント
     
     苦しかったコメ禁ですが、3月下旬から徐々にコメ禁が減ったというコメントが見受けられるようになりました。グラフからも3月下旬から消去コメント率が3%台に収まるようになり、2月中旬から続いていたコメ禁騒動は3月下旬に収束したと考えられます。しかし、コメ禁は減っても、まだ謹慎を受けたアカウントが多数存在したために、自演動画メンバーが平常に戻るまでは時間がかかったようです。
     コメ禁騒動収束の理由として考えられるのは、2008年3月中旬に勃発した@ボタン動画問題が関わっているのではないかと考えられます。運営が2008年3月に、投稿者コメによる@ボタン連投機能をつけたことで、1日に100万コメ超えというコメント数の超インフレを起こす動画が現れました。これにより、ニコニコ全体のコメント数が跳ね上がったため、@ボタンの対応に追われ、自演へのマークが弱まったのではないかと考えられます。


    3.2 第二次コメ禁騒動(2008年11月上旬~2009年1月下旬)
     
    2008年10月14日に1000万コメントを達成した自演は、その後の達成感からか支援者離脱を招き、コメ数が低迷しました。さらに、2008年11月上旬から消去コメント率は10%台に上ります。

    またコメ禁流行ってるのか
    米禁がはやってるのか??
    コメ禁くらった
    永久米禁wwwwwwwww
    最近米禁増えてるような
    第2次米禁時代
    米禁久しぶりだな
    それに米禁注意報もでているし
    2つ永久米禁
    またコメ禁になりましたです~
    米禁臭が・・・
    米禁されて3ヶ月。。。未だにとけず。。。
    永久米禁とけたかな。。。
    またコメ禁かと言わざるを得ない
    最近米禁多いんだよな
    30※したら米禁くらいました
    米禁は厳しいなぁ 深夜の一人支援は控えておきますw
    最近米禁多くね?
    やりすぎると米禁喰らうからねw

    ↑2008年11月第1週~2009年1月第4週目におけるコメ禁に関するコメント

     コメ禁が流行していたというコメントも見受けられ、この時期もコメ禁騒動があったようです。しかし、消去コメント率が10%台ということで、第一次騒動に比べるとそれほど頻繁に行われてはいなかったようです。この間のコメント数は、10M達成後~騒動前よりも騒動中の方がやや多く、コメント数に影響を与えていなかったように思えます。しかし、騒動中のコメント数は急上昇することもなく週間4万台で停滞しており、この騒動がコメ数の停滞を長期化させたとも考えられます
     このコメ禁騒動の原因ですが、1000万コメントの目標を達成してもなおコメントをし続ける支援者に対して、運営が業を煮やし圧力を強めたと考えられます。2008年3月に起きた@ボタン問題は6月に収束したために、再び自演動画に運営からマークがいく可能性がありました。しかし、当時の自演は1000万コメント目前としていたために、運営も大目に見ていたのかもしれません。そのため、1000万コメントを達成した後は、運営は「いい加減にしろ」ということで、自演支援者に対してコメ禁圧力を強めたのではないかと考えられます。


    3.3 第三次コメ禁騒動(2009年4月上旬~7月上旬)
     2009年2月上旬にコメ禁圧力が弱まり、消去コメント率は6%台まで下がりました。さらに、3月からは受験などにより10M達成後に離脱していた過去支援者たちが続々帰還しました。これにより自演動画は再び賑わいを取り戻し、週間コメント数は3万から10万と倍増しました。
     この調子で4月も推移すると思われましたが・・・・


    最近のコメ禁厳しいの
    コメ禁7日きたああああああああああああああああああああああああ
    コメ禁なりやすいんですね
    プレミアムまた※禁
    ケータイはP垢でコメ禁中 設定し直すの面倒
    6つくらいがお亡くなりに
    卑猥なコメントとして通報され、米禁に
    朝だからコメ禁くらうかな
    どうせこの垢もコメ禁になるんだろーなー・・・
    最近またきつくなりました
    最近コメ削除が曖昧だな
    最近のコメ禁発生率は異常 朝とかヤバイ
    最近、コメ禁乱発しすぎ
    コメ禁なんか日課だしなー

    ↑2009年4月第1週~2009年4月第4週目におけるコメ禁に関するコメント

     4月からコメ禁が頻発するようになり、消去コメント率は4月上旬から上昇し始め、4月下旬には15%まで到達しました。第二次コメ禁騒動を上回るコメ禁圧力だったことが分かります。週間コメント数は10万→7.5万まで減少。このコメ数の減少もコメ禁の頻発が効いていると考えられます。
     このコメ禁騒動の発端の原因は、3月のコメ数上昇が再び運営の怒りに触れたのではないかと考えられます。第二次コメ禁騒動で自演支援者への圧力を強めましたが、コメント数はあまり減らず、圧力を止めた途端に過去支援者の帰還が起こりました。これにより、運営は自演のコメ数の上昇を抑えるためには、「支援者の殲滅」が必要と考えたのかもしれません。これにより、自演動画は再び地獄を味わうことになります、、、、

     
     
    さらに5月からは運営の支援者殲滅の意向
    を象徴する出来事が起こります。


    カウントが警告くらったと聞いて
    プロパイダから警告がきました
    警告おめでとう!
    親に怒られた
    ロリも警告きたらしい
    ちなみに警告された動画はこっちじゃなく台湾の方
    プロバイダ警告怖いです><
    俺にも警告来たぜ
    連射は絶対やめたほうがいい
    拙者も警告持ち アパート住人全員に警告きたらしい
    斧はアパート住人巻き込んで警告
    アパートwww 見ないでえええええええええ
    切断待ちでっせ
    もう夜しかコメしねぇ
    お先マクーラ
    拙者は次警告無しで切られる
    警告先進国フェイトたん
    もう1回警告着たら 親からネット接続切られる
    また警告きたんですが・・・
    ↑2009年5月第2週目におけるプロパイダ警告に関するコメント

     2009年5月8日頃から、運営によりプロパイダ警告が多くの支援者に届くようになりました。プロパイダ警告は、「これ以上コメし続けるとプロパイダに頼んでネット接続停止するぞ」という警告で、運営から支援者に対する最終警告を示しています。ネット接続停止されると、また一からネット契約を行う必要があり、家族にも迷惑をかけることになります。また、アパートの在住の支援者はアパート掲示板に警告文が張られます。このように、支援者に対する社会的圧力も加わるようになりました当時のプロパイダ警告に関するお絵カキコもうpされており、プロパイダ警告の関心の高さを物語っています。
     
    このように運営が支援者に強気な態度を見せるようになりましたが、このような圧力に負けず依然として支援者は支援を続けます。その結果、コメ禁圧力がさらに強まり、5月下旬には消去コメント率は20%を超えます。
    それに伴い、コメント数も減少し、週間コメント数は7.5万→5万まで減りました。
     また、水銀党には5月下旬から自演と同様にプロパイダ警告が届くようになり、コメ禁者が続出します。これにより、水銀党もコメ数が激減する事態となりました。



    ↑警告たん(イカ氏)

    コメ禁が蔓延してるのか
    コメ禁くらいまくる
    1日2禁か
    コメ禁おいしいです^q^
    第6話コメ禁さん、里カンを捕獲
    2垢オワタ
    最近コメ禁が厳しいですが大丈夫ですか?
    最近コメ禁の頻度が数倍になったどころか警告メールや、ひどい人だとネット自体禁止されてるようで
    なんだ・・・ただの米禁か
    今は米禁厳しいので自粛なんだべ
    昨日はほぼ全員米禁
    昨日だけで5つもの垢がお亡くなりに・・
    コメ禁どーにかしろーーーー
    無意味なコメ連騰は米禁になりやすい気がする
    コメ禁連発デス
    垢が無期限くらうと思って、垢へ黙祷
    今日もコメ禁になるのかなー

    ↑2009年6月第1週~6月第3週におけるコメ禁に関するコメント

     警告の無視により、運営が更なる圧力をかけるようになり、6月上旬には消去コメント率が25%に達しました。当時のコメントの様子から、支援者ほぼ全員が毎日コメ禁になっている状態だったことが分かります。支援者は複垢を作るもすぐにコメ禁となり、週間コメント数は4万台と停滞しました。これに対抗するために、5月下旬から支援者内でコメ禁を回避する方法が考案されるようになります。

    垢&串チェーンジ
    毎週水曜日は垢変更日
    固定時間も変更しておこう
    垢変えればだいじょうぶじゃないんですかーw
    垢変えてもIP一緒だと危ないな
    そろそろ垢と串適用
    朝はタブーみたいな感じになってるな~
    数字の羅列がいけないのよー
    使い捨て垢イロ
    イカが日記更新してる なかなか興味深い
    来いよ!運営!
    垢とIP更新
    朝危険すぎる
    朝昼は5打ち40コメくらいで消されてた
    コマンド「sage」推薦
    一応タグにもsage入れた
    イカが実験してsageてたらコメ禁なってない
    100コメごとに垢もIPも変えてたらどれ使ったのかすら分かんないし
    おでん、イカ、連鎖は毎日消えてる
    垢とIPは変えた方がいいぞー
    sage最強伝説

    ↑2009年5月第4週~6月第5週におけるコメ禁対策に関するコメント

     5月下旬から自演支援者のイカ氏や連鎖氏を中心としてコメ禁回避手法が分析されるようになりました。特にイカ氏は、自分で投稿した動画(nm6697479)に、様々なパターンのコメを自分でしまくって、更にそのコメントを自分で通報するという自作自演を行いました。そして、通報後に消去されなかったコメントのパターンを読み解くことで、コメ禁にならない支援方法を確立しようと試みました。その成果は自身の日記にうpし、随時報告を行っていたようです(当時の日記を探しましたが、見つからなかったので知ってる人がいたら教えてください)。
     分析の結果、①頻繁にIP変更&垢変更、②朝昼での支援は控える、③意味不明な文字の羅列は控える、④sageコマンドの適用といった支援方法が支援者内で行われるようになりました。①に関しては、大量コメするアカウントとIPが運営に見つかるのを防ぐため、②は朝昼支援者のコメ禁が多かったため、③は意味不明な文字で通報されるのを防ぐため、④はイカ氏の研究の成果、などの理由から、これらの方法が取られたと考えられます。実際にこれらの方法に成果があったのかは疑問ですが、支援者達が必死にコメ禁回避手法を確立しようとしていたことが分かります。

     また、当時の支援者コメを見ると、これだけの圧力を加えた運営に対し、罵言雑言のコメントが少なかったという特徴がありました。もし、罵言雑言をぶちまけていればコメ禁者がさらに続出し、ひいてはネット接続禁止者も多数出していたかもしれません。運営からの圧力に対し、支援者たちが現状不満に固執せず、問題解決に向け冷静に取り組んだ姿勢がコメ禁の被害を最小限に抑えた可能性も考えられます。
     一方の水銀党は、運営に対し直接抗議のメールを送ることでコメ禁に対応しようとしました。しかし、門前払いを喰らっているケースが多く、抗議に成果があったのかは疑問です。

     自演は6月第3週目に消去コメント率が33.8%を記録しました。6月の月間コメント数は15万コメと、3月の45万コメから3分の1に減少しました。水銀党もコメ禁騒動により月間コメント数が50万→14万へと激減し、自演は月間コメント数で水銀党に1年ぶりに勝利します。
     7月に入り、長期にわたるコメ禁地獄がこれからも続くと思われました。しかし、、、、


    土曜以外はもう米禁ないお(キリッ
    コメ禁なし
    米禁はなくなったお
    もう米禁ないお
    今はまたコメ禁ゆるくなったー
    昨日あんなにコメして、コメ禁になってないのが斬新
    あれだけしてコメ禁なしとはw

    ↑2009年7月第2週~7月第4週におけるコメ禁に関するコメント

     7月に入ると消去コメント率が1%台まで激減し、以前の騒動とは打って変わって自演・水銀党ともに平和な支援環境となり、双方の支援者はようやくコメ禁地獄から解放されました運営がコメ禁圧力を弱めた原因ですが、運営はコメ禁やプロパイダ警告を行うことでコメ数激減に成功しましたが、支援者は様々な方法を駆使しながら居付いたために闘いは長期化しました。運営は連日に及ぶ支援者のコメ禁に疲弊し、支援者殲滅を諦め、圧力を弱めるに至ったと考えられます。なにしろ、コメ禁の激化で自演と水銀党のコメ数激減を果たせたので、運営としては十分な成果だったのかもしれません。
     コメ禁が弱まったことで、自演はコメ数が増えるようになりましたが、このコメ禁騒動により支援を止めざるを得なかった支援者も多くいたことで、コメ数の回復には時間がかかりました。月間コメ数は6月~9月で、15万→20万→24万→22万と推移し、なだらかにコメ数回復が続きます。そして10月に騒動で謹慎していた支援者が続々帰還したことで月間コメ数が39万と上昇し、ようやく騒動以前まで復興することができました。しかし、自演と同様にコメ禁圧力が弱まり、自演以上に勢力を伸ばした水銀党に、2010年1月、総合コメントランキングで抜かれました。これにより自演は支援者離脱を招き、再び低迷することになります


     この騒動により「自演の10M達成後の低迷脱却が失敗した」と、当時の支援者も言及しており、第三次コメ禁騒動は自演動画に大きな負の影響を与えました。しかし、プロパイダ警告といったネット接続停止の恐れにも関わらず、コメし続けた当時の支援者達の奮闘があったからこそ、コメントの存続だけは守り抜くことができました。そして、第三次騒動を経験した彼らの知見は、後の第四次騒動に活かされることになります。


    3.3.2 第3.5次コメ禁騒動?(2010年4月)
     余談ですが、2010年4月中旬に消去コメント率が15%と上昇しました。しかし当時のコメからはコメ禁に関する言及がなされていなかったために、この時期ではコメ禁騒動があったか断定することはできませんでした。

    3.4 第四次コメ禁騒動(2010年6月中旬~7月上旬)

     2010年5月から支援者が増加し、低迷に歯止めがかかった自演ですが、6月中旬からコメ禁が頻発しました。このコメ禁騒動の原因は、支援者の増加で再び運営のマークが強まったことやタグの付け外しの増加が考えられます。

    1年ぶりのコメ禁きたあああああああああああああああ
    コメ禁多発してるな
    一週間コメ禁になりました

    俺コメ禁になってる
    あ、最近コメ禁が始まってるから
    P垢1ヶ月コメ禁だし
    コメ禁になりやすいコメがあるお
    友人の垢もつぶれたかw
    最近コメ禁が多い
    3つ目の垢使用中
    コメ禁多いのか
    結構コメ禁が発生しているようで
    コメ禁はタグが原因っぽい
    俺の副垢もコメ禁になった
    最近米禁の兆候があるようで・・・
    最近結構な頻度でコメ禁喰らってる
    朝起きたらコメ禁なっててワロタw
    ☆彡もコメ禁中です;;
    星カンもコメ禁喰らったかw
    ※禁くらうの久しぶりだな
    解除後一週間でまたコメ禁になった
    タグの大量編集でコメ禁喰らってるぜ
    僕もコメ禁だしなー

    ↑2010年6月第2週~6月第4週におけるコメ禁に関するコメント

     消去コメント率は6月第3週に22.1%を記録します。2010年5月から新規支援者の定着が進みましたが、彼らに対しても容赦なくコメ禁が襲います。この危機に対し、第三次コメ禁騒動を経験した支援者がコメ禁回避法を彼らに伝授していきました


    最近コメ禁になり始めてるから気をつけて

    とりあえず、この垢は海外鯖のタグ編集無しで
    IPと垢を同時に変更するなら意味あるけど垢だけ変えると無意味にコメ禁垢を増やすことになる
    ここでコメする垢は全部串刺してる
    垢を変えても、IPが同じなら意味無いよー
    俺も以前、コメ禁喰らった直後に垢変えたら数分で5つくらいの垢が全部コメ禁
    ↑2010年6月第2週におけるコメ禁対策に関するコメント
     
     このアドバイスにより、新規支援者はコメ禁を受けても継続できることが分かり、コメ禁騒動時でも離脱する人はあまりいませんでした。なにより、第三次コメ禁騒動の経験者がこの騒動時においても冷静に対処したことで、新規支援者内で精神的な余裕が生まれたのかもしれません。また、6月下旬からは新規支援者達による串支援が始まり、コメ禁の激化に関わらずコメ数が増加しました。コメ数の増加は更にコメ禁を激化させる一因となりますが、それを恐れず新規支援者が串支援を行ったことから、串支援の開始は新規支援者によるコメ禁の克服を象徴する出来事と言えます。

    串の事で、自演を通報って事だな?
    どうやら運営に通報するようで
    容赦なくこっちを通報するらしい
    自演を通報するってさー
    もう、ほっとけばいいよ。 通報なんてどうせ・・・な?
    水銀は運営に通報するといってきました
    これからは通報の嵐か…;;

    ↑2010年6月第4週における通報に関するコメント

     6月下旬から串支援禁止である水銀党から自演支援者に対する通報が行われますが、7月上旬の消去コメント率は4%台となり、コメ禁騒動は収束を見せますこのコメ禁騒動ではコメ数の減少はなく、第三次騒動の経験を活かされて乗り切ることに成功したと言えます

    3.5 コメ禁騒動のその後

     2010年7月上旬に騒動が収束した自演動画ですが、当時の状況を知るよねやん氏によると、「7~10月もコメ禁がきつかった」と語っており、騒動終息後もコメ禁が起きていたようです。実際に、騒動後もコメ禁やプロパイダ警告を受けたというコメントも続々見受けられました。グラフを見ると、7月~10月は消去コメント率が10%を超える週が、大体月1のペースであることがあります。これは散発的にコメ禁圧力が強まっていたと考えられ、騒動が収束しても気の抜けない状況が続いたと推測されます。

     11月以降は、コメ禁に関するコメントが少なくなり、よねやん氏によると「2011年からはほとんどコメ禁はなくなった」と語っており、自演のコメ禁は2011年でほぼ終息を迎えたと考えられます。一方の水銀党ですが、2010年11月からコメ禁に苦しむようになり、2011年3月に入るとさらに厳しくなりました。この件に関しては、また別のブロマガで解説しようと思っています。

    4.最後に
     今回、消去コメント率によってコメ禁の実態を把握しようとしました。しかし、この一つの数値だけでコメ禁の激しさを完全に伝えることはできないと思いますが、今回の調査で、支援者達が一致団結して運営の圧力に対抗していった奮闘ぶりをクローズアップすることができました。自演の歴史において、水銀党とのコメ数争いが注目されがちですが、運営との闘いの事実も未来に残していければと思っています。ありがとうございました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。