Q.ファンコットってハードコアの派生なの?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Q.ファンコットってハードコアの派生なの?

2013-02-16 00:02


    A.ちがうよ

    インドネシアで異常進化したハウスミュージックです。
    高速BPMで響くド派手なシンセフレーズと声ネタを聴いた第一印象からハードコアが連想されたかもしれませんが別物です。

    パーカッションとファンキービートが生み出す疾走感とダウンビートによる変幻自在の展開はファンコット特有のものであり、フロアで踊らせるという目的のためにこのような最適化された様式を持ったファンコットはハードコアとは別の方向に凶悪でヤバカッコイイ音楽なのです。

    ちなみにファンキービートの独特なリズムからドラムンベースの派生だと思ってた人も前に見かけたけど、それもちがうよ。

    ファンコットはハードコアではありませんが、ハードコアのファンコットはあります。
    というわけで今回はハードコア・アンセムネタのFunkotをいくつか紹介。


    みんな大好きスコットブラウン
    みんな大好きNow is the time


    2012年THE DAY OF HARDCOREでのDJ JET BARON氏
    最後らへんでNow is the time
    やっぱりあのフレーズはアガりますね。



    http://dugemrising.bandcamp.com/track/carte-blanche
    Hixxy&UFOのトランスコア Cover Up-5(Carte Blanche)のリミックス。



    http://soundcloud.com/djtagosaku/demo-djtagosaku-elysium-2013
    再びスコットブラウン
    大アンセムelysium


    Sound cloudとか探すと他にもハードコアネタのリミックスが結構出てきます。
    掘ってみるとなかなか意外な曲があったりしますよ。



    【ファンコットイベント情報】

    2/16(土) サザナミ・アシパン・きまクミ合同企画
    【渡る世間は音ばかり】 x DUGEM RISING
    http://www.acidpanda.com/2013/02/216-x-dugem-rising.html?spref=tw










    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。