• 【ライブレポ】FIDDLER'S GREEN & IN EXTREMO JAPAN TOUR 2019 (2019.10.04)

    2019-10-05 08:11


    タイトル:
      Fiddler's Green & In Extremo Japan Tour 2019 (2019.10.04)
    開催場所:
      赤羽レニー・アルファ
    公演時間:
      開場 / 17:30 , 開演 / 18:30 , 終演 / 22:00

    SETLIST
    Allegiance Reign
      01. A Signal Fire of Battle
      02. Allegiance Sword
      03. Ei Ei O !
      
    IN EXTREMO
      SE. Requiem
      01. Feuertaufe
      02. Vollmond
      03. Störtebeker
      04. Küss mich
      05. Quid pro Quo
      06. Liam
      07. Herr Mannelig
      08. Rasend Herz
      09. Frei zu sein
      10. Zigeunerskat
      11. Ai vis lo lop
      12. Unsichtbar
      13. Moonshiner
      14. Sternhagelvoll
      15. Pikse Palve

    Fiddler's Green
      01. The Freak of Enniskillen
      02. A Night in Dublin
      03. Folk's Not Dead
      04. Limerick Style
      05. No Anthem
      06. Born to Be a Rover
      07. The Congress Reel
      08. The Night Pat Murphy Died
      09. Raise Your Arms
      10. Together as One
      11. John Kanaka
      12. One Fine Day
      13. DOWN - Bella Ciao
      14. Rocky Road to Dublin
      15. Yindy
      16. Victor and His Demons
      17. Old Dun Cow
      18. Cheer Up
    -enc-
      19. Blarney Roses


     おかえり Fiddler's Green !
     はじめまして In Extremo !
     ようこそ日本へ!

     まさかまさかの再来日。まさかまさかの初来日ですよ。
     このカップリングで招聘してくれた Evoken には、ひたすら感謝しかない。

     東京公演は平日だったので、武士には間に合わなかった。
     なので、観戦は In Extremo から。 


    In Extremo

     中世ドイツの風景を伝える In Extremo
     バグ・パイプやハーディ・ガディーに代表されるさまざまな民族楽器を使うバンドだよ。
     曲によって楽器も入れ替わるので、視覚的にも楽曲的にも、印象がガラッと変わるのが劇的!

     楽曲はドイツ語なので、普段耳慣れないので、やや無骨に聞こえるボーカルやコーラスだけど、場面場面での表現力が素晴らしく、惹き込まれてしまう。

     前述したけど、Medival (中世) なので楽曲はストーリー性が高く、バンドは大編成ゆえに、楽器の交換などでステージ演出の展開やバンドの伝えたい雰囲気がより受取やすくなっているから、勇ましさの中にある悲しさなど、微妙なニュアンがよくわかる。

     とても素晴しいパフォーマンスで、感動的なステージだった。

     ...なのに、なんでグッズや CD もってこなかったの?


    Fiddler's Green

     一転してお祭り騒ぎの雰囲気。
     最近見た中だと、Alestorm に近い。みんなで歌って踊って楽しむバンド。

     以前は、Korpiklaani とのカップリングで来日してたよ。
     そのときもかなり盛り上がったけど、今回も最高に盛り上がった!

     とにかく、音を全身にあびて、何も考えず、飲んで、歌って騒ごうぜ!って感じ。

     消防バケツをパーカッションにしたり、Tobi はフロアに乱入するは、In Extremo (楽器隊) も乱入するはの、もうなんでもありのお祭り騒ぎ!もう本当に最高に楽しかったよ。


    イベントの感想

     Evoken の公演でしか見られない夢のカップリング。
     本当にありがとう。

     In Extremo 80分
     Fiddler's Green 80分+アンコール

     両バンドともフルセットと言っていい内容で、とても楽しく満足度の高い公演だった。
     絶対に次の来日があってほしいんだよ!

  • 広告
  • 【ライブレポ】TURILLI / LIONE RHAPSODY JAPAN TOUR 2019 (2019.10.02)

    2019-10-05 02:24


    タイトル:
      Turilli / Lione Rhapsody (2019.10.02)
    開催場所:
      ツタヤ・オー・イースト
    公演時間:
      開場 / 18:00 , 開演 / 19:00 , 終演 / 20:45

    SETLIST
    Turilli / Lione Rhapsody
      Intro
      01. Phoenix Rising
      02. Dawn of Victory (Rhapsody cover)
      03. Zero Gravity
      04. Land of Immortals (Rhapsody cover)
      05. The Wizard's Last Rhymes (Rhapsody cover)
      06. Reign of Terror (Rhapsody of Fire cover)
      07. Con te partirò (Andrea Bocelli cover)
      08. Holy Thunderforce (Rhapsody cover)
      09. Drum Solo
      10. Knightrider of Doom (Rhapsody cover)
      11. Lamento Eroico (Rhapsody cover)
      12. On the Way to Ainor (Rhapsody of Fire cover)
      ※. Emerald Sword (Audience singing / Rhapsody cover)
      13. Bass Solo
      14. Riding the Winds of Eternity (Rhapsody cover)
    -enc-
      15. Arcanum (Da Vinci's Enigma)
      16. Unholy Warcry (Rhapsody cover)
      Outro. Gran Finale (Rhapsody song)


     なんだかよくわからないことになっている Rhapsody
     今年 6月、新体制 Rhapsody of Fire の来日公演があり、ふたつの Rhapsody が楽しめる貴重な年。
     それを楽しみに来場したファンも多かったんじゃないかな?

     本公演は、新譜「Zero Grabity」のリリース・ツアーとなっているよ。
     本作については、Rhapsody と名は冠しているけど、どっちかというと Luca Turilli のソロっぽい印象がある。
     ただ、それが SF チックな世界観とマッチしており、楽曲のクォリティを爆上げしてる。
     壮大な世界観をもつ楽曲たちを歌うのは、Fabio Lione なので、壮大なスケールを朗々と歌い上げるのが最高だ。
     このバンドの TUrilli / Lione の部分が、いかんなく発揮されてる作品といえるだろう。

     公演本編は、新譜これまでの代表曲を織り交ぜたセットリストで、新旧ファンを大いに楽しませてくれた。

     途中、Fabio とのコール&レスポンなどもあり、一緒に公演を作っている感じもあり、満足のステージだった。

     個人的に残念だったのは、Emerald Sword のとこ。
     どうやら、契約かなんかで Emerald Sword はやる予定はなかったみたいだけど、サプライズで来場者による歌唱パートがあった。
     このとき、来場者歌唱のあとに、Emerald Sword 演奏はじまると思っていたので、来場者歌唱だけで終ってしまったんだ。それが残念。

     まあ、贅沢なことだと思うけど、踊るようにパフォーマンスする Luca など、ソロ・パートもあり、満足度が高い公演だったのは間違いないよ。

  • 【ライブレポ】CRAZY LIXX "FREEDOM FORCES" JAPAN TOUR 2019 (2019.09.25)

    2019-09-29 16:18


    タイトル:
      Crazy Lixx "Freedom Forces" Japan Tour 2019 (2019.09.25)
    開催場所:
      クラブ・クアトロ
    公演時間:
      開場 / 18:00 , 開演 / 19:00 , 終演 / 20:45

    SETLIST
    Crazy Lixx
      SE. Intro
      01. Wicked
      02. Blame It on Love
      03. Hell Raising Women
      04. Rock and a Hard Place
      05. Lock Up Your Daughter
      06. Break Out
      07. Children of the Cross
      08. Wild Child
      09. Whiskey Tango Foxtrot
      10. Love Don't Live Here Anymore
      11. Make Ends Meet
      12. Walk the Wire
      13. It's You
      14. Silent Thunder
      15. Heatseeker
      16. XIII
      17. 21 Til I Die
    -enc-
      18. Ain't No Rest in Rock 'n' Roll
      19. Never Die (Forever Wild)


     スウェーデン発のグラム・メタル・バンド Crazy Lixx (クレイジー・リックス) 、ファン待望の初来日公演だよ。

     この来日は、5月に発売された 「Forever Wild」 を携えての来日だったし、平日にも関わらず、会場には多くのファンが詰めかけた。

     本作も、北欧らしいメロディアスなフレーズに、思わずシンガロングしたくなるコーラスが織り交ぜられており、バンドのファンであれば、間違いなくオススメできる 1枚に仕上がっているよ。
     本公演のセットリストに、新譜から実に 6曲も組み込まれていることからも、本作の出来栄えに相当な自信を持っていることが窺える。

     開演前の会場には、グラム・メタルな BGM が終始流れていたこともあり、来場者のテンションは最初から高く、この公演の成功は、すでに約束されたも同然だった。

     バンドは、オープニングこそぎこちなさを感じたものの、会場のウェルカム・ムードに応えるように調子をあげ、ステージ上をめまぐるしく動きまわっていたよ。
     01. からシンガロングの声も大きかったので、この公演をどれほど待ち望まれていたかが窺えたのも良かった。

     また、近年では、Play Station 4 ゲーム 「Friday the 13th the Game」の PV に楽曲が使われるなど、バンド活動とはまた違った露出もあり、知名度をあげつつあるみたい。

    Friday the 13th: The Game - PAX West 2016 Trailer
      (https://www.youtube.com/watch?v=Kyx4okiitAA


     当然、本公演でも 16. がプレイされ、Danny Rexon (Vo) がホッケー・マスクを被り、ジェイソンに扮するといったパフォーマンスがあって、かなり楽しかった。

     Crazy Lixx の初来日公演は、控えめに言っても大成功だったし、これだけレスポンスも良かったのだから、バンドも手ごたえを感じたことだろう。