【ライブレポ】EMPEROR / DEAFHEAVEN JAPAN TOUR 2019 (2019.11.14)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ライブレポ】EMPEROR / DEAFHEAVEN JAPAN TOUR 2019 (2019.11.14)

2019-11-17 17:19

    タイトル:
      Emperor "Anthems to the welkin at dusk" Final Japan Tour (2019.11.14)
      Guest:Deafheaven
    開催場所:
      ツタヤ・オー・イースト
    公演時間:
      開場 / 18:00 , 開演 / 19:00 , 終演 / 21:30

    SETLIST
    Deafheaven
      01. Black Brick
      02. Brought to the Water
      03. Honeycomb
      04. Dream House
      
    Emperor
    - Anthems to the Welkin at Dusk -
      Intro. Alsvartr (The Oath)
      01. Ye Entrancemperium
      02. Thus Spake the Nightspirit
      03. Ensorcelled by Khaos
      04. The Loss and Curse of Reverence
      05. The Acclamation of Bonds
      06. With Strength I Burn
    - Act.Ⅱ -
      07. Curse You All Men!
      08. Towards the Pantheon
      09. The Majesty of the Nightsky
      10. I Am the Black Wizards
      11. Inno a Satana
      Outro. The Wanderer


     諾威より闇の天子がやってきた。
     折しも日の本では、令和天皇が即位あそばされ、新しい御代となったばかり。
     まさに Curse You All Men というにはもってこいのタイミング。

     さて、本公演の目玉は、2nd再現だろう。
     まあ、この再現自体は Loud Park 17 でやったことではあるけど、貴重な再現を2度もみることが出来るとはね。
     Loud Park でのステージも良かったけど、このステージも圧巻で、隙のない完璧なパフォーマンスだったよ。

     会場直後、サブ・ステージではピアノ独奏が行われていた。
     曲調は、これから Emperor がやるのに合わせたのか、曲の進行に合わせて段々重々しくなり、不安を誘うような曲調。

     次は、Deafheaven の好演。
     このバンドは、ポスト・ブラックなので、邪悪さこそ無い。しかし、激しいブラストと激情の絶叫が、ブラック特有の儚くも美しいメロディと相まって素晴らしかった。
     退廃的でありつつもエネルギッシュ。George Clarke (Vo) も、どう伝えていいのか持て余してる感のあるアクションで、そのもどかしさが曲調に合ってて見事だった。

     Emperor は2部構成で、第1幕が、2nd再現。第2幕は、やや長いアンコールって感じ。
     前者が、Emperor の紋章をバックにストイックに繰り広げられるのに対し、後者は、映像演出付きで、より世界観が浸透しやすいような構成になっていた。

     この公演は、会場した直後から、終演に向けての演出が入っており、11. ひいては Outro. に向けてかなり力の入った公演だった。
     この演出では、フェスみたいな会場では絶対できないし、また、サブ・ステージがないと、会場した瞬間からの雰囲気作りは難しいだろう。
     それに、お金にならない部分に、公演に合わせた生演奏をしてくれる演者がいるなんて、凄くめぐまれたことだと思う。
     だからこそ、本公演を特別なものと感じたのだろう。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。