【ライブレポ】PAGAN METAL HORDE VOL.4 (2019.12.15)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ライブレポ】PAGAN METAL HORDE VOL.4 (2019.12.15)

2020-01-05 10:03


    タイトル:
      Pagan Metal Horde Vol.4 (2019.12.15)
    開催場所:
      赤羽レニー・アルファ
    公演時間:
      開場 / 17:30 , 開演 / 18:00 , 終演 / 22:00

    SETLIST
    Ethereal Sin
      01. Wyvern
      02. Empire
      03. Heretic
      04. Solitude
      05. Dancing
      
    Pagan Reign
      SE. Ogon's Svarogiy Vnov' Osvetit Nashi Zemli
      01. Rassvet
      02. Veter Proshlogo
      03. Prolitaya Krov'
      04. Bessmertnoe Plemya
      05. Mech Voina
      06. Chranitel' Drevnosti
      07. Vo Vremena Bylin
      08. Razgulyalos' Krasno Solnishko
      09. Art Of The Time

    Einherjer
      01. Spirit of a 1,000 Years
      02. Dreamstorm
      03. Kill the Flame
      04. Nidstong
      05. Mine Våpen Mine Ord
      06. Nord og ner
      07. Spre Vingene
      08. Dragons of the North
      09. Ironbound

    Tyr
      01. The Lay of Thrym
      02. Mare of My Night
      03. Grindavísan
      04. Sunset Shore
      05. Shadow of the Swastika
      06. Sinklars vísa
      07. Gates of Hel
      08. Fire and Flame
      09. Blood of Heroes
      10. Ragnars Kvæði
      11. By the Sword in My Hand
      12. Hail to the Hammer
      13. Hold the Heathen Hammer High


     Evoken de Valhall (以下、EVP) 主催の冬まつり!
     この時期にピッタリ。北方の異民族がおしよせ、赤羽の地下でワイワイやってたよ。

     今回のバンドは、日本、、ロシア、ノルウェー (出演順)という、TYR はノルウェーだけど、フェロー諸島なので、ノルウェー/スコットランド/アイスランドの中間みたいな場所。まさに EVP のイベントでしか見られない国際色豊かなラインナップ。その中でも、キャリアのあるバンドが集まったものだから、会場にはペイガン/辺境メタル愛好家が集まったよ。


    Etherial Sin

     EVP の首魁 Yama 率いるシンフォニック・ブラック・メタル。
     重厚で美しいメロディ。そして汚いグロウルが最高。
     コープス・ペイントに衣装もいいし、曲中の雰囲気もバッチリ。
     ただ、MC については日本のバンドあるあるで、非常にゆるい内容とトーンでしゃべるので、曲とのギャップが凄い。
     個人的にはそこも日本のバンドらしくて好きなんだけど、人によっては「あーもーだいなしだよー」となる方もいると思うよ。


    Pagan Reign

     北方の山間民族がそのままステージにあがった感じの恰好が、最高にペイガン。
     女子 1人 (民族楽器担当) を含むけど、基本的にロシア人らしくいかつく強面の編成だったので、ステージに上がったときの圧が強い。
     冬にピッタリの哀愁ただよう孤高のメロディが素晴しかった。
     歌詞も MC も全編ロシア語。故に何を言っているかわからないし、さらにグロウルなので、歌詞もまったく聞き取れなかった。ただ、MC では終始「СПАСИБО (スパシーバ)」と言っていたので、来日したステージに立てたことは嬉しかったようだ。
     言葉が伝わらないという不安もあったろうけど、「Pagan Reign の来日を待っていたんだ」という会場の熱気は伝わっただろう。


    Einherjer

     その名が示すとおり、北欧神話の内容を暴力的なまでの音圧でわからせる感じ。
     Pagan Reign がメロディ重視のバンドだっただけに、凄くわかりやすい対比になってた。
     曲はだいたい「力こそ正義」みたいな感じだし、コード進行もパワー・コードがメインなので、シンプルかつ力強い。そこにダミ声が加わるもんだから、最高にヴァイキング。
     力強く勇壮。それがわかれば何も問題ない。それが Einherjer だよ。


    Tyr

     フェロー諸島からやってきたプログレッシブ・メタル。
     バンド名の 「TYR」 とは、北欧神話における軍神の名。または、言葉としては、神や勝利そのものを意味するみたい。
     さて、いうまでもなく盛り上がりが凄かった。
     というのも、セットリスト 01. は、日本デビュー盤のタイトル・トラックだったから、ファン歴が長ければ長いほど込み上げるものがあったと思う。
     テクニカルなだけでなく、コーラスの厚さはときに荘厳で神々しかったし、ドラマチックに展開する楽曲は、メリハリが聴いていて全く飽きることがない。


     奇跡のようなラインナップで最高に楽しかった。EVP には感謝しかない。
     ただ、会場の PA バランスはお世辞にも良かったとは言えない代物。特に、Pagan Reign は酷かった。
     まあ、それを差し引いても最高だったんだけど、そこだけが惜しまれるよ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。