• このエントリーをはてなブックマークに追加
『 ピエール瀧被告に 裁判官から異例の説諭 』 【Vol.2081】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『 ピエール瀧被告に 裁判官から異例の説諭 』 【Vol.2081】

2019-06-19 12:00

    皆さま ごきげんよう。
    私の ブロマガを ご購読くださり、
    ありがとうございます。
    ********************************************

    コカインを使用した罪に問われた


    ミュージシャンのピエール瀧(瀧正則)被告の


    判決公判が6月18日、東京地裁でありました。


    裁判官は瀧被告に対して、懲役1年6カ月、


    執行猶予3年を言い渡しました。


    ミュージシャンとして活動する以外にも


    映画やドラマで活躍する 滝被告は 20代の


    頃から コカインなどの薬物を使用したことがあり、


    常習的に  薬物使用を繰り返したという。


    裁判官は、判決について説明した後、


    「事実に基づいて 量刑を言い渡すのが


    裁判官の本分ですが、 あなたが 立ち直る


    ために 何が必要なのか と言うことも考えながら、


    法廷で話を聞き、検討しました」 と切り出し

    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。