• このエントリーをはてなブックマークに追加
『上村君の命は救えた筈、 学校と家族は何をしていたのか?』 【Vol.521】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『上村君の命は救えた筈、 学校と家族は何をしていたのか?』 【Vol.521】

2015-02-24 17:00
    皆さま ごきげんよう。
    私の ブロマガを ご購読くださり、
    ありがとうございます。
    **************************************************

    川崎市の多摩川河川敷で 中学1年生の
    上村凌太君(13)が 遺体で見つかった
    殺人、遺体遺棄事件で、 TVや新聞で
    その殺人の残虐さなど 発表されていますが、
    思えば思うほど 上村君のことを救えたのでは?という
    思いが こみ上げてきます。
    昨年 8月頃から 上村君は 友達付き合いも
    年上の高校生のグループと つるむようになり、
    学校を休みがちになっていたとのこと。
    中学校の友人の話では、「万引きしろ!」と
    言われ、 断ったら 暴力を振るわれたというのが
    始まりだというのです。

    0a561801fc7f5d7d73e5c84a8080200d7344ab37 

    高校生の非行グループの中に
    中学1年生(13歳)が 一人 入っているのですから
    言うことを 聞かざるを得ないのも
    仕方ないことなのに、 この上村君は
    断ったという
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。