養老まで鉄道旅行しました
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

養老まで鉄道旅行しました

2020-09-23 20:00

    みなさん、こんばんは。diamor28です。

    8月29日に、
    青春18きっぷを使っての鉄道旅行をしました。

    今回の目的も、
    「鉄道路線の乗りつぶし」です。

    具体的には、以下の路線となります。

    1.養老鉄道養老線
    2.三岐鉄道北勢線
    3.三岐鉄道三岐線


    いずれも、近鉄と関わりのある路線ですね。

    このうち、三岐鉄道三岐線のみ、
    近鉄の路線になった事がありません。



    さて、まずは、
    岐阜県の大垣駅を目指しました。

    しかし、出発早々、
    アクシデントが発生しました。

    なんと、早朝のJR京都線で、
    人身事故が発生しました。

    自宅を出発してから発生したため、
    回避する事が出来ませんでした。

    ですが、大阪駅に着く頃には
    運転再開するそうなので、
    とりあえず、大阪駅に向かいました。


    なんとか大阪駅に着きました。

    大阪駅の西側では、
    電車の渋滞が発生していました。

    その結果、
    本来なら乗り換えられないはずの、
    大阪6時39分発の快速に
    乗り換える事が出来ました。




    定刻より30分程度遅れて
    大阪駅を発車し、
    米原駅に向かいました。

    しかし、このままだと、
    米原駅での乗り換えに失敗すると
    見込んでいました。

    これは、米原駅での乗り換え時間を
    「5分」に設定していたからです。

    行程表では、後続の新快速
    乗る事になっていましたが、
    その新快速も遅れていました。

    更に、車掌さんのアナウンスによると、
    米原まで先着するとの事でした。

    こうなると、アレしかありません。


    そう、新幹線ワープ」です。


    旅程崩壊から復帰するには、
    これしか方法がありませんでした。

    というわけで、京都駅で下車しました。

    そして、新幹線に乗り換えました。


    米原駅で新幹線から降りました。

    新幹線は平常運転だったため、
    難なく移動する事が出来ました。

    その代わり、乗車券と特急券合わせて、
    2000円程度かかりましたが。


    さて、在来線に戻り、
    改めて、大垣駅に向かいました。


    行程表より30分以上早く、
    大垣駅に着きました。

    ここから、乗りつぶしを始めました。

    まずは、養老鉄道養老線です。

    養老線は、大垣駅から南北に伸びています。

    北方向、揖斐方面は盲腸線のため、
    揖斐方面を優先しました。

    しかし、ダイヤの都合上、
    30分以上も待たされる事になりました。

    この時点では朝の9時、
    多くの店舗が営業開始前のため、
    炎天下の中で待つ事になりました。

    残暑が厳しい時期だったため、
    かなりきつい状況でした。

    まあ、旅程崩壊よりはマシでしたが。


    乗車した電車は、
    元近鉄の車両でした。



    ここ最近、大垣駅に元東急の車両が
    停車している事が多かったので、
    これは意外でした。


    揖斐駅に着きました。



    しかし、特に用は無いため、
    すぐに折り返しました。


    大垣駅に戻ってきました。

    ちょうどいいタイミングで
    桑名行の電車が来たため、
    すぐに乗り換えました。


    養老駅で途中下車しました。

    実は、今回の鉄道旅行には、
    もう1つの目的がありました。

    それは、養老天命反転地です。

    ニコニコ動画に投稿されていた、
    原付で日本一周した人の動画で、
    養老天命反転地が紹介されていました。

    その動画を見て、
    どうしても行きたくなっていました。

    というわけで、
    養老天命反転地に向かいました。


    養老天命反転地のある、
    養老公園に着きました。

    意外にも、
    そこそこ人がいました。

    ただ、養老公園自体が広いため、
    密にはなっていませんでした。

    ちなみに、養老の滝も、
    養老公園にあります。

    ですが、今回は向かいませんでした。


    それはさておき、
    ここで昼食を取りました。



    左側がどて丼です。

    言い換えると、
    牛すじ肉の味噌煮込み丼ですね。

    そして右側が、しいたけウインナーです。

    どて丼が650円、
    しいたけウインナーが3本500円でした。

    やはり、地のものを食べたくなりますね。


    しっかり食べた後、
    改めて、養老天命反転地に向かいました。

    養老天命反転地は、有料の施設です。

    そのため、770円を支払って入場しました。

    内部に入ると、こんな感じでした。



    これだけだと、
    大した事は無いように見えました。

    不思議な構造物が
    散らばっているだけですからね。

    なお、不思議な構造物の中は、
    こんな感じでした。









    本当によく分かりません。

    ただ、外の眺めは良かったですね。


    しかし、大きな丘を越えると、
    景色が一変しました。



    もはや、異世界でした。

    この光景を隠すため、
    大きな丘を設置したのでしょう。

    ちなみに、養老天命反転地は、
    意図的に斜面だらけになっています。

    つまり、この光景は、
    人工的な光景です。

    まあ、これらの画像を見るより、
    実際に訪れた方が早いですね。

    文章では説明出来ないからです。

    全体的には、
    転けそうで怖かったです。

    ですが、同時に、
    すごい施設だと感じました。

    どうやって建設したのかも
    気になりました。


    養老天命反転地から出た後、
    養老駅に戻りました。

    非常に暑く、
    このまま養老の滝に向かうには
    危ないと判断したからです。

    予定より1時間以上も早く
    切り上げましたが。


    養老駅に着き、
    乗りつぶしを再開しました。

    やってきた電車は、
    元東急の車両でした。



    乗客がいたため、
    撮影はしませんでしたが、
    クロスシートが設置されていました。

    もちろん、その席に座りました。


    桑名駅に着きました。

    桑名駅は、8月30日に、
    新駅舎に切り替わりました。

    偶然にも、供用開始前の
    新駅舎に入る事が出来ました。







    養老鉄道と近鉄の
    それぞれの改札口には、
    案内が床面に描かれていました。

    いわゆる、トリックアートですね。

    そのため、正面から見ると、
    案内板としては認識出来ません。

    まあ、正面からだと、
    普通の案内板が見えますからね。


    新しい桑名駅駅舎を堪能したので、
    東口にある、西桑名駅に向かいました。

    西桑名駅から、
    三岐鉄道北勢線が伸びているからです。

    北勢線は、全国的に貴重な
    ナローゲージのため、
    縦長の車両が運用されていました。



    車内ですが、同じナローゲージである、
    四日市あすなろう鉄道とは違い、
    ロングシートでした。

    まあ、それが普通な気がしますが。


    北勢線の終着駅である、
    阿下喜駅に着きました。

    北勢線は盲腸線ですが、
    近くに三岐線が並行しています。

    そのため、
    三岐線の伊勢治田駅まで歩きました。

    Wikipediaでは徒歩30分、
    三岐鉄道公式では徒歩20分だそうです。


    炎天下の中、歩く事20分、
    伊勢治田駅に着きました。



    発車5分前でした。

    本数があまり多くないため、
    急いで歩いていました。

    帰宅時刻に大きく影響しますからね。

    そして、西藤原行の電車に乗りました。




    三岐線の終着駅である、
    西藤原駅に着きました。



    三岐線も盲腸線ですが、
    こちらは素直に折り返しました。

    近鉄富田~伊勢治田間が未乗ですからね。


    近鉄富田駅に着きました。

    これにより、
    今回の乗りつぶしが完了しました。

    あとは、帰るだけです。


    さて、行程表では、
    ここで近鉄電車に乗り換え、
    名古屋駅に向かう事になっていました。

    しかし、近鉄富田駅の近くに、
    JR富田駅があります。

    JR富田駅は普通列車しか停まりませんが、
    ちょうどいいタイミングで
    乗り換えられる事が判明しました。

    そのため、予定を変更し、
    JR富田駅まで歩く事にしました。

    …さすが、グーグル検索です。


    住宅街を歩き、JR富田駅に着きました。



    距離の割には困難な乗り換えでした。

    道路が入り組んでいますからね。

    その駅から、
    名古屋行の普通列車に乗りました。


    名古屋駅に着きました。

    18時前ですが、ここで夕食を取りました。



    もちろん、住よしのきしめんです。

    幸いにも、揚げたてのかき揚げが
    残っていました。


    夕食後、JR東海道本線に乗り、
    兵庫県に帰りました。

    大混雑を予想していましたが、
    いきなり窓側を確保しました。

    しかも、尾張一宮からは、
    隣の席がずっと空いていました。

    そして、無事に帰宅しました。



    今回の鉄道旅行は、
    早朝から、旅程崩壊に巻き込まれました。

    ですが、新幹線ワープを使った事により、
    旅程崩壊から逃げる事が出来ました。

    その後は、安心して旅行しました。

    養老での滞在時間が
    想定より短かったため、
    途中からは前倒しで進みましたけどね。

    そして、今夏の鉄道旅行が終わりました。



    というわけで、
    今回の鉄道旅行の報告はここまでです。

    この旅行についてですが、
    こちらも動画にはしません。

    動画化そのものを
    考えていませんからね。

    次の鉄道旅行ですが、
    今年10月を予定しています。

    それでは。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。