ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

新潟まで鉄道旅行しました(その3)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

新潟まで鉄道旅行しました(その3)

2020-11-06 20:00

    みなさん、こんばんは。diamor28です。

    10月8日から10日にかけて、
    「秋の乗り放題パス」を使っての
    鉄道旅行をしました。

    この記事では、
    新潟県湯沢町のホテルで、
    3日目(最終日)を迎えてからの様子を
    紹介していきます。


    前夜、深夜0時半に布団に入りました。

    もっと早く寝ておきたかったのですが。

    それでも、6時過ぎに起きました。

    これは、列車に間に合わせるためです。

    列車に乗り遅れると、
    旅程崩壊に繋がりかねないからです。


    さて、この日の朝食も、
    ホテルのバイキングでした。



    郷土料理をいくつか選びましたが、
    ちょっと失敗しました。

    まさか、納豆みたいなものが
    入っていたとは…。

    オクラだったら良かったのですが。


    8時頃にホテルを出発し、
    雨の中、
    越後中里駅に向かいました。

    ちなみに、傘を差す程では
    ありませんでした。


    越後中里駅に着きました。

    ここから、水上行の
    普通列車に乗りました。



    この旅最後のE129系でした。

    この列車に乗って、
    新潟県を脱出しました。


    水上駅に着きました。

    ここで、高崎行の普通列車に
    乗り換えました。



    211系電車でした。

    しかも、ロングシート車でした。


    高崎駅に着きました。

    ここで、信越本線に乗り換えました。

    その前に、乗り換え時間を利用して、
    レモン牛乳を探しました。

    しかし、見つかりませんでした。

    仕方がないので、レモン牛乳を諦め、
    列車に乗り込みました。

    ちなみに、レモン牛乳は、
    栃木県のご当地飲み物でした。

    群馬県のものかと
    勘違いしていました。


    横川駅に着きました。



    大雨でしたが、
    歩いてレストランに向かいました。


    おぎのや本店に着きました。

    ここで昼食をとりました。



    この日の昼食は、
    「峠の釜めし」でした。

    横川駅名物ですね。

    100円で小そばを追加できるので、
    小そばを追加しました。

    その結果、1410円となりました。

    味は、秋にふさわしい風味でした。

    具材として、栗やごぼうなどが
    入っていたからでしょう。

    さすが、名物駅弁ですね。


    昼食後、「Go To トラベル」の
    クーポン券を使って、
    夕食用の弁当を買いました。


    ここで、この先の経路を考えました。

    経路は、大きく分けて、
    2つありました。

    1.高崎線経由(東京経由)
    横川
    ↓信越本線
    高崎
    ↓高崎線・東海道線
    熱海
    ↓東海道本線
    名古屋

    2.篠ノ井線経由(軽井沢経由)
    横川
    ↓路線バス
    軽井沢
    ↓しなの鉄道線
    篠ノ井
    ↓篠ノ井線
    塩尻
    ↓中央西線
    名古屋

    高崎線経由は、
    行程表に従った場合の経路です。

    一方で、篠ノ井線経由は、
    台風接近に備えて、
    急遽作成した経路です。

    台風は南にそれましたが、
    もう決めていました。

    その経路は、
    篠ノ井線経由です。

    篠ノ井線経由だと、
    高崎線経由より30分早く、
    名古屋駅に着くからです。

    あと、碓氷峠を越えるのが
    面白そうだったんですよね。

    というわけで、
    バスのりばに向かいました。



    このバスに乗って、
    碓氷峠を越えました。


    軽井沢駅に着きました。

    ここで、しなの鉄道線に
    乗り換えました。

    もちろん、「秋の乗り放題パス」は
    利用できません。



    乗った列車は、115系でした。


    小諸駅で列車を乗り継ぎ、
    篠ノ井駅に着きました。

    台風から離れたところを
    通過したのか、
    小諸駅に着いた時点で
    雨が止んでいました。

    一方で、静岡県は
    大雨だったそうです。


    篠ノ井駅からは、
    2日前に通った経路を
    逆走しました。

    つまり、まっすぐ
    名古屋駅に向かいました。

    というわけで、
    篠ノ井線の列車に
    乗り換えました。



    E127系でした。

    ですが、新潟地区とは違い、
    セミクロスシートとなっています。


    松本駅に着きました。

    この時点で、一部の路線で、
    台風による運転見合わせが
    発生していました。

    その影響で、
    中央東線に遅延が
    発生していたそうです。

    そのため、
    すぐに乗り換えました。



    乗り換えた列車は、
    飯田線直通の快速列車でした。

    しかし、
    飯田線の伊那北~平岡間の
    終日運休が決まっていました。

    そのため、「伊那北行」に
    変更されていました。

    なお、本来は「飯田行」だそうです。


    塩尻駅に着きました。

    ここで、中央西線の列車に
    乗り換えました。

    中央西線はJR東海の管轄なので、
    停まっていた列車は313系でした。

    これで、家に一歩近づきました。


    ここで、夕食を取りました。



    おぎのや本店で購入した、
    「鳥もも弁当」です。

    900円でした。

    ただの鶏肉弁当かと思いきや、
    大きなローストチキンが
    弁当の半分近くを占めていました。

    それだけでなく、
    鶏レバーや砂肝も入っていました。

    おかげで、白米がかなり進みました。

    これで900円は非常に安いですね。

    はっきり言って、オススメ出来ます。


    中津川駅に着きました。

    ここまで来れば、名古屋の近郊です。

    つまり、当日中の帰宅が
    確実となりました。

    この駅では、
    名古屋行の快速列車に
    乗り換えました。


    終着駅の名古屋駅ではなく、
    金山駅で降りました。

    これは、東海道本線の列車に
    乗り換えられるからです。

    新幹線を使わなくても、
    当日中に帰宅出来ますからね。


    金山駅からは、
    東海道本線を西進しました。

    そして、列車を乗り継ぎ、
    無事に兵庫県に帰ってきました。


    この日走破した路線は、こちらです。

    1.JR上越線(高崎~越後中里間)
    2.JR信越本線(高崎~横川間)
    3.しなの鉄道線(軽井沢~小諸間)

    新潟県を脱出し、
    信越本線を全線走破しました。

    なお、しなの鉄道線については、
    偶然の産物です。

    もともとは、
    通るつもりすら無かったからです。

    ちなみに、計画当初は、
    JR信越本線の群馬県区間の代わりに、
    JR吾妻線を走破するつもりでした。

    しかし、列車の接続が悪いため、
    早々に諦めました。


    それはさておき、
    今回の鉄道旅行の目的を
    全て達成しました。

    1日目の、
    米原駅での乗り継ぎに成功すれば、
    完璧な旅行でしたが。

    あと、「秋の乗り放題パス」が
    自動改札機に対応した事が、
    かなり助かりました。

    窓口での混雑を
    無視出来ますからね。

    「青春18きっぷ」とは違い、
    複数人での利用が
    出来ないからでしょう。

    この仕様は、来年以降も
    続けてほしいところです。


    これにて、
    今回の鉄道旅行の報告はここまでです。

    なお、この旅行についてですが、
    後日、動画にするつもりです。

    もちろん、その動画では、
    ブロマガには記載出来なかった出来事も
    紹介する予定です。

    まあ、福岡への鉄道旅行の動画化が
    終わってからですが。

    というわけで、動画の投稿まで、
    楽しみにして下さい。

    それでは。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。