会社をやめてダイアナになるまでの道
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

会社をやめてダイアナになるまでの道

2020-09-18 17:02
  • 3


こんにちは

ニコのチャンネル開設で審査落ちして凹んでるようで

凹んでるダイアナです。



目指せメンタリストDiana


という事で


笑 



昨日は

久しぶりに自分の気持ち?と言うか考えを文字にしました。


普段は配信を通して

その場その場で喋っているつもりだけど


あまり自分の想い

っていうところに深くフォーカスできずにいたかな、って。


すぐ、ふざけたくなるし

笑っていたいし。

反応気にしてしまうし。




ナカナカ伝えていく機会なんてなかったな。


って、改めて感じた。














伝えていかないと

何をどぅしたい人なんか

何をどぅ応援したらいいのか




わからないのに


いつも伝わっている

わかってもらってる気になってしまう。





伝わっていなさすぎて悲しくなる。






多分これは

自分の中でずっと

「〇〇をしている人」

って、いうところに

1度も腑に落ちていなかったから。

いいたくないクセがあったんだと思う。


私は会社を辞めてから

ずっっとわからなかった。


自分は本当に何を目指したらいいのか。


不動産に広告を促す営業マンを退職した後

コーチングの仕事をしていた。


営業でのコンバージョンアップを図るものと恋愛に関するものが

メインのコーチしていた

正直

クライアントさんいたし

お金もいただいていたけど



なんか

本当に幸せにできているのかな?


って、思い始めたら

空回りするようになった。


自分が本当にやりたい事

自分の才能とはなんぞや


ッテ、いう空間に入ってしまって

ナカナカ抜け出せんまま



コンテンツセミナー開いたり

そこそこいい歳した大人たちを集めて

交流会開催したりw


周りにいる人のビジネスのお手伝いしたりで


ほとんどキャッシュは回さず


ショットでもらったお金と

今まで貯めていたお金で


日々過ごしてた。



いわゆる

ニートの始まりで迷宮入り




日々、やりたい事探し

何かを思いついては

コンテンツ作り→プレゼン


の繰り返し。




マーケティングのセミナー受けたり

本をひたすら読めるカフェでインプット、アウトプットの


ルーティン。


毎日、そんな感じ。




いろんなところに顔だして

いろんな人と出会って



世間って冷たいし暖かいねんな。


って知った。




利用されやすいし

妬まれもされやすい。





だんだんコーチングっていう

無形の職業が恥ずかしくなってきて


クライアントさえ取らなくなった




だからこそ

事業を起こしたい欲がすごくなって


バカにしてきた人を見返したくなってきて

ついにやりたい事見つける。

容姿に自信のない人が

自分にokを出せる場所を作りたくなった。

美容のアンテナショップみたいなん.

@コスメとか

今はないけど、サンプル百貨店とか


それと

ホテルのラウンジが好きだったから

飲食ができる場の提供

って、

思ったら

じっとしてられなくて

展示会に行きまくったw

なんなら

前澤さんとかに会いたい

ッテ思って

東京行く前に

dm送ったり



数字計算なんて苦手なのに

事業計画書作成したり



クラファンなんてやった事ないのに


リアルクラファンしたり



アポ→プレゼン→一1口10万



動画プレゼン

仲間と資金集め



交流会でプレゼン





何も完璧でもないのに

家主にプレゼン


w



こんな事してたら

人も集まってきて

お金も出資する人出てきて

物件も指値で契約できて


あとは

もぅやるしかない。


ッテなってたところで

事件。





一番多く出資してくれる予定だった者に

準暴行未遂受け



人生最初の大きな挫折と赤字



全て白紙にした。



家主に契約解除しにいく前




吐くんじゃない?

ッテ思うぐらい泣いた。





だって、





やる。


ッテ決めた事

何があってもできてきた人生だったから。




諦める。


って事をした事なくて



この時

初めて




自分の意思で

撤退をした。



大きな成長したわけ。







だけど

私は懲りなかった.


w






3日後には

新しくプレゼン資料を作って

会う人

会う人に

話ていた。








それが

足につけるアクセサリーの

ベアフットレース



海が好きで

海外の写真とかビーチウェディングの写真ばかりに

目がいった事から出会ったんだけど。




なんでこんなに可愛いのに

日本に浸透していないの?



って


これ、

いけるヤーーーーーーン*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*



って感じやった。






そこから

再度いろんな人にあって

聞いてもらって


試作品を作ってやってるうちに




生霊に憑かれてるで



って、言われて


絶望する。



そこから



耳鳴りの毎日

眠れない毎日



怖かった。




事業がポシャった悲しみが


一気に襲ってきて


今思えば


鬱状態だったね。






だけど

試作品作りは止まらなかった。w




こんなにテンション低いのに

鉛のような体を

ずるずる引きずりながらも


なんか


頑張ってた。



ロゴまで作った。










作家ネームを作ろう


ッテ、

思って



ローマ神話とか

日本の龍系の話とか

なんか色々


調べて

考えた結果



Diana


やな。




って何周も回って

ダイアナに落ち着いた。


お月様みたいに

どんな暗闇も照らしてあげれる人になりたい。


って、思った。


 


そんなこんなで


私が

ダイアナに



なる道のりでした。





軽く書いてみた。





あまり楽しい話じゃなかったかも。




なんかごめん



( *`ω´)




でも読んでくれて

ありがとう(^_-)




広告
×
今夜は月が綺麗ですね。
1ヶ月前
×
>>1
夏目漱石ですか?

1ヶ月前
×
ダイアナ長い
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。