【FF11】「ヴァナ・ディール プロジェクト」【今後】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【FF11】「ヴァナ・ディール プロジェクト」【今後】

2015-03-23 08:06
    まずはこの記事を読んでいることを前提で
    話を進めますので、まずはご一読を。

    「FFXI」はまだまだ続く! 「ヴァナ・ディール プロジェクト」を解説する
    http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20150319_693689.html?ref=pick&utm_content=pc-top&utm_campaign=pick&utm_source=game.watch.impress.co.jp&utm_medium=content-text
    (GameWatch 様より)


    この記事出始めて知ったのですが、
    14年継続運営していたファイナルファンタジー11(以降「FF11」)
    が最終大型アップデートを経由してPS2版とXbox360版のサービスを
    2016年3月をもって終了するとのこと。
    (Windows版はバグ修正などのマイナーアップをしつつサービスは続行するが
    2016年3月以降のアップデートはないとのこと。)

    そっかーついにFF11も終幕を迎えるのかぁ・・・と
    ベータテストを含めて開始から約5年ほど経験した
    自分もしみじみと感じていましたが、
    今回の話はその終了後の話。

    2016年3月までのロードマップを発表し、
    このまま大円団での終幕かと思いきや、
    今度はスマホでのFF11を展開していくらしいとのこと。
    その名も「ヴァナ・ディール プロジェクト」

    なんでもFF11の展開をいくつか候補を考えてたらしい。
    (文中より抜粋)

    1)ほぼ新規で開発し直し、次世代機(現在のPS4/Xbox One)とWindows向けに、
    「FFXIV」並のグラフィックスを実現した「新生FFXI」(仮称)を提供するプラン。

    2)子会社のシンラ・テクノロジーが研究開発しているクラウド版「FFXI」を実用化させ、
    全スマートデバイス向けにサービスし直すプラン。

    3)現行のデバイス向けに、新規開発のモバイル版を開発するプラン。


    この中の「3)」の方針を選んだらしいです。
    そして開発にはNexon Koreaを迎え、日韓共同開発の形で、「FFXI」を新生させるとのこと。

    ここから個人的な感想になりますが。
    よりによって現行のデバイス(つまりモバイル)でFF11というネーム以外を
    バッサリと切り捨てて、ノウハウとは言いつつも新規に作り直そうというのだ。

    まぁ確かにPS2版とXbox360版が終わればバージョンアップこそないものの、
    Windows版で継続して遊べるから移行すればいいでしょうが、
    タイトル詐欺にもなりかねません。
    ましてや自社独自開発でなく日韓共同開発とは・・・。
    この時点で不安要素が。
    スクエニ自身には開発できる人材が少ないほどに
    流出してしまったんでしょうかね?


    普通に大円団を迎えてFinにして、
    FF11ネームを使わない新規タイトルで開発すればいいのに。
    (ノウハウの流用は全然いいとは思います。)
    デスクトップユーザーがモバイル端末でも遊んでくれるとは
    とても思えないのだがねぇ。
    ユーザーをナメているわ。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。