• 雑記(2018年7月ー12月)

    2019-01-03 22:54
    気がついたら年が明けてましたw



    吉田修平氏,PS2のローンチを振り返る「我々は恐ろしく準備不足でした」
    http://jp.gamesindustry.biz/article/1807/18071201/
    ” 「おそらく,彼は自分の夢を実現する踏み台としてビデオゲームを使ったのだと思います。彼はIntelかそういったものの次のものになることを夢見ていたようでした……。我々はできあがるまでそれに触ることもできませんでした。彼はシステムの設計にゲーム開発者を巻き込む必要性を感じていませんでした。これがPS3が作られた顛末です。そしてその結果はご存じのとおりです」”


    押井守の「世界の半分を怒らせる」。廃刊特別号
    http://ch.nicovideo.jp/oshimag/blomaga/ar1636012
    ※終わってしまいました。バックナンバー等もすべて消去されたのでリンク先も見ることができません。


    押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/29/news114.html


    世界が認める異才監督の偏愛映画館へようこそ! 押井守のフェティッシュを刺激した忘れられない映画を、毒舌と愛をこめて語り尽くす!!
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000497.000006568.html


    押井守監督、草薙素子のビジュアルは「最高に揉めた」
    http://cinema.pia.co.jp/news/0/76462/


    押井守監督×湯浅監督、師弟愛溢れる対談!「無駄が一切ない。映画でしか切り取れない時間が映し出されている」
    https://www.facebook.com/notes/%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%BF%97%E4%B9%83%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%AF%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%81%8C%E8%A8%80%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84/%E6%8A%BC%E4%BA%95%E5%AE%88%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E6%B9%AF%E6%B5%85%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E5%B8%AB%E5%BC%9F%E6%84%9B%E6%BA%A2%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%AF%BE%E8%AB%87%E7%84%A1%E9%A7%84%E3%81%8C%E4%B8%80%E5%88%87%E3%81%AA%E3%81%84%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%81%A7%E3%81%97%E3%81%8B%E5%88%87%E3%82%8A%E5%8F%96%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%8C%E6%98%A0%E3%81%97%E5%87%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B/307217406746532/?__tn__=-R


    「KORG Gadget for Nintendo Switch」初のイベント「Home Party」をレポート。“ガジェット使い”がみんなで作曲
    https://www.4gamer.net/games/400/G040018/20180918171/


    「合法漫画村計画」を進めるマンガ図書館Zの実証実験のゆくえ。そして「有料マンガサブスク」が実現しない理由|赤松健(マンガ家)|FINDERS
    https://finders.me/articles.php?id=460


    【明田川進の「音物語」】第3回 アニメの効果音の変遷と、「AKIRA」のバイク音収録の思い出
    https://anime.eiga.com/news/column/aketagawa_oto/106210/


    松風雅也さんが20年越しで語った「シェンムー」エピソードの数々【特集第3回/電撃PS】
    https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7927/20181128-shenmue.html


    『シェンムー I&II』発売記念! 松風雅也、櫻井孝宏など出演者&冲方 丁、光吉猛修など制作陣から到着したコメントを公開!
    https://www.famitsu.com/news/201811/30168339.html


    「東京コミコン2018」押井守監督×千葉繁、パトレイバートークに会場熱狂
    https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8123383


    『攻殻機動隊』フル3DCGの最新作、Netflixで2020年全世界配信 監督は神山健治×荒牧伸志 https://realsound.jp/movie/2018/12/post-290148.html


    AI技術により超高精度な歌声合成を実現
    ​~バーチャルシンガーの歌声は人と区別できない時代へ~
    https://www.techno-speech.com/news-20181214a
    ※そもそもこの新技術がCeVIOに連なるものなのかどうかは分からないのですが、すごいですね。


    脚本&シリーズ構成・伊藤和典VS「ニュータイプ」元編集長・井上伸一郎が激突! 「機動警察パトレイバー」30周年展トークイベントをレポート!
    https://news.walkerplus.com/article/174361/



  • 広告
  • 雑記(2018年5・6月)

    2018-07-04 00:26
    ミュージシャンは盗むよりもSpliceを使ったほうが簡単で早い
    https://jp.techcrunch.com/2018/05/02/2018-04-16-splice-sounds/


    ヒルズライフ HILLS LIFE|押井守は言った。「このままでは人類初の『世界研究所』計画が、潰えるかもしれない」と。
    https://hillslife.jp/innovation/2018/04/23/create-the-universe/


    lv313204994



    原作・押井守、アニメ「人狼 JIN-ROH」が韓国で実写リメイク【エンタメCLIP】
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/entaclip/1124344.html


    押井守、アニメ業界の現状に警鐘 - エンタメ - 朝日新聞デジタル&w:朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/and_w/interest/entertainment/CORI2113125.html


    4K化で報われた - 押井守監督が語るUHD BD版『GHOST IN THE SHELL』『イノセンス』の “新体験”
    https://www.phileweb.com/interview/article/201806/15/558.html


    すべてはジョークから始まった!Devolverによる『メタルウルフカオス』復活の経緯とプレイレポ
    http://jp.ign.com/metalwolf-chaos-dx/26011/news/devolver


    押井守監督のメルマガ、廃刊 担当編集者が「心身ともに不調な状態」に - ねとらぼ
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/29/news114.html
    本当に突然の話で残念です。


    pixivが新サービス「VRoid Studio」発表、3Dキャラクターをお絵かき感覚で | TechCrunch Japan
    https://jp.techcrunch.com/2018/06/29/huffpost-pixiv-vroid-studio/



  • Studio One4(コード機能)

    2018-05-26 01:36
    2018年5月23日、Studio OneのVer4が発売されました。
    https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/

    色々な新機能が追加されたようですが、コードトラックというのが面白いです。

    ↓コードトラックを出すボタン。


    適当にノートを作ってコードを入力し、コードトラックにドラッグします。


    するとS1でコードを検出して、コードトラックに表示してくれます。(入力したノートがコードになっていないとドラッグできないっぽいです)


    ノートのインスペクタに「コードに従う」の項目があるので"オフ"以外を選びます。この設定をしないとコードトラックでの変更がノートに反映されません。


    コードトラックをダブルクリックすることでコードセレクターが現れます。コードトラックの「追従」をONにして、コードを変更するとノートもそれに合わせて変化します。コードトラックを削除するとノートは初期状態に戻ります。


    こんなふうにノートをいくつか並べてコードトラックを作り、再生しつつそれぞれのコードを変えて遊べるわけです。コードトラックは、私のようなコードの知識がさっぱり無い人間にはありがたい機能だと思います。


    オーディオトラックもコード検出ができます。「コードを検出」してからオーディオクリップをコードトラックにドラッグするか、「コードトラックに抽出」を実行します。



    オーディオもコードトラックを変更することで変化させられます(オーディオクリップもインスペクタで「コードに従う」をONにしないとコードトラックの変更が反映されません)。
    メジャーコードの曲をマイナーコードの曲に変えたりできますw



    (2018.5追記)
    PreSonus Studio One 4 新機能解説① 画期的なコードトラック(Sleepfreaks DTMスクール)
    https://www.youtube.com/watch?v=e_OpzKHm0zw

    こちらがわかりやすいです。