Studio Oneメモ(個人用索引
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Studio Oneメモ(個人用索引

2016-07-26 00:56
    ※Studio One Ver3以降に対応した記事です。機能によってはPrimeやArtist版では使えないものがあります。例えばVST等のプラグインはPrimeでは使えません(Artistは別売りのアドオンを購入することで使用可能になります)


    Channel Strip(エフェクト)

    Studio One 3 Prime の解説 Part1 「概要/Channel Strip」

    Mai Tai

    Ver3から搭載されたソフトシンセです。Primeでは使えません。
    Studio One 3 の”Mai Tai”はスゴイ!
    http://web.archive.org/web/20150704105611/http://soniqa.net/so3-taimai/



    Melodyne

    編集の削除は右クリック→Melodyneを削除

    MIDIエクスポート機能はMelodyne EditorとMelodyne assistantのみであり、Studio One pro付属のessentialにはエクスポート機能がありませんが、Studio Oneに組み込んで使う場合は音声をMIDIクリップに変換出来るので特に困らないはず。

    第2回 Studio Oneでの作曲におけるさまざまな役立つ機能
    http://rittor-music.jp/sound/magazine/studioone/55228

    >Melodyne essentialをStudio Oneのインストール機能を使ってインストールしても機能しない(Ver4)
    →Celemonyの公式サイトにログインして、そこで専用のインストーラーをダウンロードし、インストールし、認証する。



    Mix Engine FX

    バスと出力(メインやサブ)にセット出来ます。


    Studio One 3.2 新機能|ミックスエンジンFX(Console Shaper)(スタジオワンでの使い方と設定)

    セットするミックスエンジンはサードパーティからも出るそうですが、Studio Oneでは標準で“Console Shaper” というプラグインを選択できます。 Console Shaper にはドライブ、ノイズ、クロストークという3つのパラメーターがあります。
    中土智博が使う Studio One 第4回


    MUSICLOOPS

    Ver4では「Music Loopsの作成」はイントゥルメントパートをブラウザへドラッグして行うようになりました。右クリックメニューには見当たりません。



    Prime / Studio One Prime

    無償版で利用できますが、PreSonusでのアカウント取得が必要になります。
    Studio One 3 Prime の解説 Part1 「概要/Channel Strip」
    http://tich.jp/note/id/354

    無料のDAW、Studio One 3 Primeは、どこまで使えるのか試してみた
    http://www.dtmstation.com/archives/51950921.html




    Producer

    Studio OneはVer2の時点では、Professional、Producer、artist、freeというラインナップでした。
    ProducerはProfessionalからいくつかの機能を省略したエディションで、Professionalよりは少し安い価格でした。ただプラグインが使えるので、以前はこのProducerを購入して使っていました。
    Ver3になって、Producerエディションは廃止されました。


    アクティベーション

    Studio Oneは5回までアクティベートが可能です。自分の場合はシステムのHDDを交換しても違うPCとみなされ、アクティベート回数を1消費しました。もっとも、公式サイトのマイページでアクティベーションを整理する(使われていないアクティベーションを削除する)が可能です。


    スクラッチパッド

    http://sleepfreaks-dtm.com/for-advance-studioone/studioone-3-function-1/
    エディタを分割出来ます。分割後はテンポをそれぞれ個別に設定出来るので、例えば耳コピをしている時に元の音楽をスローテンポで聞きたい、という時に分けたエディタの方でスローテンポで再生する、という使い方も出来ます。


    プリセット

    Studio One 3事例|プリセットが表示されない場合は索引を再作成(スタジオワンの使い方と対策)
    http://s1guidebook.blogspot.jp/2016/04/blog-post_13.html

    第1回 Studio Oneに移行した理由とプラグインのプリセット管理について
    http://rittor-music.jp/sound/magazine/studioone/54487
    ※リンク先で"Finderに表示”とあるのはWindows環境では”エクスプローラーに表示”となる。

    SoundFontのパッチを保存する場合は一旦パッチをトラックにロードし、インストゥルメントパネルから「プリセットの保存」を実行するか、ブラウザにドラッグする。


    メトロノーム


    赤線の部分でONに出来ます。インストール後にとりあえず音がちゃんと出るかどうかの確認はここでやるといいかも。

    機能比較

    バージョン別機能比較
    http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/compare/
    Prime/Artist/Professionalの機能が比較出来ます。


    PC設定(最適化)

    http://www.studio-one.expert/studio-one-blog//15-ways-to-optimize-your-windows-pc-for-studio-one
    "Studio One用にWindows PCを最適化する17の方法"
    プロセッサリソースの割り当て
    1.スタートメニューをクリックし、 '実行'を検索します(またはWindowsキー+ Rキーを押します)。
    2.「SystemPropertiesPerformance」と入力し、Enterキーを押します。
    3.[詳細設定]タブで、[バックグラウンドサービス]を選択します(これは、オーディオドライバがプログラムではなく背景サービスとして扱われるためです)。


    ASIO関連

    ASIOデバイスにおいてノイズが出る場合は、以下を参考にしてみてください。↓

    オーディオ処理のためのWindows最適化
    https://support.native-instruments.com/hc/ja/articles/209571729-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AEWindows%E6%9C%80%E9%81%A9%E5%8C%96


    VSTを認識しない

    Studio one 3でプラグインを認識しないときの対処法
    https://hidarinohi.zousanrecords.com/post-4457

    C: > Program Files > Vstplugins

    C: > Program Files >Common Files > VST3
    などにプラグインをコピーし、Studio Oneのオプションで、スキャンするフォルダを指定します。


    その他リンク

    ミュージシャンが使うStudio Oneの記事一覧 | サウンド&レコーディング・マガジン
    http://rittor-music.jp/sound/magazine/studioone


    創造性を呼び起こす“ネクスト・レベルのDAW”=Studio One 4
    http://rittor-music.jp/sound/magazine/%E5%89%B5%E9%80%A0%E6%80%A7%E3%82%92%E5%91%BC%E3%81%B3%E8%B5%B7%E3%81%93%E3%81%99%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%AEdaw%EF%BC%9Dstudio-o




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。