Studio One4(コード機能)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Studio One4(コード機能)

2018-05-26 01:36
    2018年5月23日、Studio OneのVer4が発売されました。
    https://www.mi7.co.jp/products/presonus/studioone/

    色々な新機能が追加されたようですが、コードトラックというのが面白いです。

    ↓コードトラックを出すボタン。


    適当にノートを作ってコードを入力し、コードトラックにドラッグします。


    するとS1でコードを検出して、コードトラックに表示してくれます。(入力したノートがコードになっていないとドラッグできないっぽいです)


    ノートのインスペクタに「コードに従う」の項目があるので"オフ"以外を選びます。この設定をしないとコードトラックでの変更がノートに反映されません。


    コードトラックをダブルクリックすることでコードセレクターが現れます。コードトラックの「追従」をONにして、コードを変更するとノートもそれに合わせて変化します。コードトラックを削除するとノートは初期状態に戻ります。


    こんなふうにノートをいくつか並べてコードトラックを作り、再生しつつそれぞれのコードを変えて遊べるわけです。コードトラックは、私のようなコードの知識がさっぱり無い人間にはありがたい機能だと思います。


    オーディオトラックもコード検出ができます。「コードを検出」してからオーディオクリップをコードトラックにドラッグするか、「コードトラックに抽出」を実行します。



    オーディオもコードトラックを変更することで変化させられます(オーディオクリップもインスペクタで「コードに従う」をONにしないとコードトラックの変更が反映されません)。
    メジャーコードの曲をマイナーコードの曲に変えたりできますw



    (2018.5追記)
    PreSonus Studio One 4 新機能解説① 画期的なコードトラック(Sleepfreaks DTMスクール)
    https://www.youtube.com/watch?v=e_OpzKHm0zw

    こちらがわかりやすいです。




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。