メモ(ハード音源)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

メモ(ハード音源)

2013-09-21 09:07
    Roland M-DC1

    元々エクスパンションボードだったものを1U音源化したもの。AMGのMegabass REMIX!とBlackⅡBlack Vol1というサンプルが元になっているようです。ただ、トラブルがあって生産中止になったらしく、ローランドのサイトにも製品の情報が残っていません。もっとも今はAMGのサンプリングCDは
    http://www.samples-now.com/index.html
    でダウンロード販売が行われていますので、今このハードを無理に探す必要性はほとんど無いでしょう。

    http://www.synthmania.com/M-DC1.htm(デモソング)

    http://www23.atwiki.jp/dragonkiller/pages/179.html(PDFマニュアル、USから直リン)

    http://www.cyborgstudio.com/mdc1.html 一部の音が聞けます。

    ローランドサウンドエキスパンションマニュアル http://www.roland.co.jp/support/article/?q=manuals&p=M-OC1&id=1809779




    KORG OASYS
    KORGがかつて販売していたフラッグシップ機。既に生産は終了して、今はKRONOSがその座を占めています。

    http://www.vanille-media.de/site/index.php/musician/korg-oasys/
    https://web.archive.org/web/20120415151710/http://www.vanille-media.de/site/index.php/musician/korg-oasys/
    幻の初代OASYS。1990年代に発表されたものの、製品化には至らなかったようです。


    KORG KRONOS
    KORGの現行のフラッグシップ機。ただ、通販サイト見てるとX88とX61が生産完了になった様子。果たして次は出るんでしょうか。

    http://en.m.audiofanzine.com/workstation/korg/kronos-series-kronos-61/editorial/reviews/giant-step.html

    各音源のサンプルあり。これによると各サンプルの容量は

    1. PCM ROM ...314MB
    2. EXs1(ROM Expantion)...274MB
    3. EXs2(Concert Grand Piano)...361MB
    4. EXs3(Brass & Woodwinds)...714MB
    5. EXs4(Vintage keyboards)...157MB
    6. EXs5(Rom Expantion 2)...458MB
    7. EXs8(Rock Ambience Drums)...170MB
    8. EXs9(Jazz Ambience Drums)...472MB

    (EXs6とEXs7はSGX-1用。別サイトによるとEXs6とEXs7の容量は各4GB)



    YAMAHA FS1R
    最近NIのFM8というソフトFM音源をセールで購入したのですがこうなるとFS1Rも欲しい…
    滅多にオクに出ないしそもそもお金がないけど…


    http://jp.yamaha.com/products/music-production/tone-generators/fs1r/
    マニュアルPDFがダウンロードできます。

    http://www.hollowsun.com/hs2/products/FS1R/
    FS1RをサンプリングしたKONTAKT音源

    http://zacharcher.com/lab/fseq/fseq-flash.html
    FS1Rのフォルマントシーケンスを再現したFlash…ということでいいのかな
    よくわかりません

    http://synth-voice.sakura.ne.jp/fs1r_editor_english.html
    http://zeeedit.free.fr/
    FS1Rのエディターソフト。後者は有償です。

    最近オークションに出ましたけど12万までいったようです→ http://archive.is/848Js

    KORG Z1
    1997年発売の物理モデル音源搭載シンセです。
    http://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/Z1/
    KORG Z1 Editor 2004…個人製作の有償エディタ http://www.iax-software.com/index.html
    ドイツコルグの製品ページ http://www.korg.de/produkte/fruehere-modelle/z1-produktinfo/
    音声サンプルがあります。http://www.polynominal.com/site/studio/gear/synth/korg-z1/korg-z1.html
    KORG Z1試奏記 http://manewyemon.exblog.jp/14028112/


    KORG TRITON Extreme

    公式サイト http://www.korg.co.jp/Product/Discontinued/TritonExtreme/
    マニュアルPDF リンク http://www.korg.co.jp/Support/Manual/cat.php?p=11&catid=1

    EXB-MOSS マニュアル→ https://www.korg.co.jp/Support/Manual/download.php?id=92
    http://web.archive.org/web/20060415142033/http://www.korg.co.jp/Product/Option/hardware.html

    ※TRITONはおそらく公式サイトが無い。残っているのはこれしかない
    https://www.korg.co.jp/SoundMakeup/Museum/TRITON/ 

    ブラックモデル
    https://web.archive.org/web/20050308015542/http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/BlackModel/

    2ちゃんねるには現在TRITONの専門スレッドは無し。

    TRITON Extreme動作確認済みUSB接続機器リスト
    http://www.korg.co.jp/Product/Discontinued/TritonExtreme/devices/index.html

    コンパクト・フラッシュ、はマイクロ・ドライブ対応(ともに+5V対応のみ)
    ファイル名は8+3

    MEDIAモードのUtilityコマンド”USB Storage Mode”を使用する
    PCとUSBケーブルで接続されていれば差し込んでいるコンパクトフラッシュにPCからアクセス出来る。
    MIDI送受信と同時には使えません。

    MEDIAモードでフォーマットを実行すると自動的にFAT16でフォーマットされるように思われる。

    重量は61鍵盤で14.4kg

    プログラムの移動
    メディアに保存のPCGから特定のプログラムを選んでロードすることは可能
    PCGから特定のバンクをロードするのもおそらく可能
    特定のバンクをメディアに保存は可能

    KORG USB MIDIは果たしてWindows 10で使えるか?→USB経由でMIDI送信成功 PC出力のMIDIを受信→確認
    http://www.korg.com/jp/support/os/
    もうサポートはされていないが、USBMIDIは動作している。

    OSの確認方法は?→起動時に画面にVerナンバーが表示される

    バージョンアップの方法は?→ TRITON Extreme システム・アップデータ
    http://www.korg.co.jp/Support/Download/Update/TritonExtreme/win.html

    USBで外部CD-ROMやハードディスクに接続できるがUSBメモリースティックは使用できるのか?
    http://www.korg.co.jp/Product/Discontinued/TritonExtreme/devices/index.html
    256MBまで記載されており、これ以上の容量に関しては不明 FAT32フォーマット

    コンパクトフラッシュ内のデータ再生
    S.PLAYキー P0ページ MENUキー→セレクトディレクトリ 
    ファイル確認後→EXIT
    ファイル名ハイライト時にダイヤルで曲変更可能

    光ケーブルによる PC→TRITON Extreme
    PC側の設定を24bit 48khzにする でないとTRITON Extreme側でエラー表示が出ます。
    Windows側のサウンドデバイスで再生デバイスをデジタルオーディオに変更
    TRITON Extreme側はGLOBALでsystem clock をspdifにする
    inputをSPDIFに、input1 input2をL/Rに設定

    EXB-MOSS
    プリセットデータ、ソングデータはあらかじめ本体に内蔵されているので増設後にロードするだけ。

    S.PLAYモードでGM音源として機能する。PCのTMIDIplayerやdominoでUSB MIDI経由でMIDIファイルを再生できた。

    動画
    KORG TRITON CLASSIC FACTORY DEMOS https://youtu.be/KBT0NoqPWwU
    Korg triton Extreme Synth Workstation performed by S4K ( Space4Keys - Ke... https://youtu.be/yOnmLFMCEB8

    ソフトウェア等
    http://2nd.evidence.free.fr/
    This page has been made to make my Z1 to TRiToN-M0SS
    converter available for download. This little tool is called

    PCG Tools
    http://pcgtools.mkspace.nl/



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。