as372とFA-66
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

as372とFA-66

2015-12-16 01:28
    (この記事では2つのPC用オーディオインターフェースについて書かれています)

    実はひょんなことからKORGのTRITON Extremeを入手しました。
    TRITON Extremeにはデジタル出力(spdif オプティカル、出力出来るデジタル信号は24bit48kHzのみ)が付いており、ノイズ無しの録音が可能です。対応したオーディオインターフェイスがあれば。で、この24bit48kHzのオプティカル信号入力に対応したインターフェースを探すことにしました。

    条件は
    24bit48kHzに対応したデジタル入力(spdifオプティカル)を装備
    ASIO対応
    Windows10対応

    で、探しているとas372というUSBインターフェイスが見つかりました。

    as372
    http://www.aimpro21.com/prod_as372.asp
    たぶん台湾メーカーです。
    価格ドットコムへの登録日が2012年 8月27日なのでちょっと古めの製品。
    デジタル入力装備でメーカーサイトにWindows10のドライバあり。で、ASIO対応の記載もあり。というわけで買ってみたのです。



    がしかし、これがまずかった。早速ドライバを落としてきてDAWでサウンド設定をASIOにして録音をしようとしたのですが、デジタル経由での録音が出来ない。
    しょうがないや、とASIO4ALLを試すと、録音はできるのですがブツブツとノイズが入り使い物になりません。やはりメーカーのASIOドライバでなきゃだめだろうと元に戻してもやっぱりうまくいかない。なぜだなぜだと悩んでいて、ふと気が付きました。
    要するにメーカーのASIOドライバがアナログ入出力はサポートしているがデジタル入出力をサポートしていないのだとorz
    というわけでこいつはお蔵入りになったのでした。


    Roland FA-66
    これはUSBではなくIEEE1394で接続します。2005年発売だからもう10年前の製品ですね。最初はこれも検討したのですが、その時はRolandのサイトのWindows10対応表では非対応扱いだったのです。as372に見切りをつけた後にチェックすると、いつの間にかWindows10に対応したドライバが公開されていたので、中古を探して購入しました。最初から対応予定だとアナウンスしていてくれれば…orz
    特にトラブルもなくデジタルでの録音は問題なく行えました。


    以下メモ。
    6ピン-6ピンのIEEE1394ケーブルでPCと接続すればバスパワーで動きます。
    MIDI入力と出力が1つずつ装備されています。
    色々いじって音が出なくなった時は、一度PCを再起動。
    Digital Inボタンはデジタル入力を使わない時はOFFにする。


    (2017.5)
    自作PCのパーツを交換してWindows10を再インストールした後にブルースクリーンが一日に一回の頻度で発生するようになりました。
    内容はIRQL_NOT_LESS_OR_EQUALという表示。
    一緒に表示されたドライバはrrwd0002.sysで、これは検索するとIEEE1394関連のドライバのようなので、FA-66(サウンド)関連のトラブルかと思ったのですが原因がつかめません。
    考えつく限りの対策を試しましたが、結局解決しませんでした。
    (2019.1)
    今の所はっきりしているのは、FA-66のウィンドウズオーディオ用ドライバがブルースクリーンを引き起こしているらしい、ということです。ASIOに関しては不具合は出ていません。
    Windows 10のドライバ検証ツールを試しても、FA-66を接続した瞬間にブルースクリーンになります。
    ウィンドウズオーディオを別のサウンドカードで出力してFA-66はASIOだけやらせる方式ですと全くブルースクリーンは出ません。
    自作PCのCPUはPhenomだったのですが、これをRyzenに変えても症状が変わりませんので、どうやらFA-66のウィンドウズオーディオドライバはAMDと相性が悪い、という結論に落ち着きそうです。


    リンク)
    FA-66 アップデーター&ドライバー
    https://www.roland.com/jp/support/by_product/fa-66/updates_drivers/




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。