アルビレックス新潟 キャンプ情報 その5
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アルビレックス新潟 キャンプ情報 その5

2016-02-14 01:45
    タイキャンプ最終日。
    トヨタプレミアカップ2015という冠名がついた試合でブリーラムと対戦。
    【新潟】トヨタプレミア杯、レオシルバの先制弾も1-2で逆転負け
    http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160213-OHT1T50215.html
    スタメンは
    ーーー指宿ーーー
    山崎ーーーー伊藤
    ーーレオシルバ小泉ーー
    ーーー小林ーーー
    コル-テス大野早川松原
    ーーー守田ーーー

    試合内容は簡潔に言うと昨季の課題が何も改善されてなかった。
    セットプレー時の守備、GK守田の判断の悪さとDFとの連携不足に、攻撃時のペナルティエリア付近からエリア内でのプレー精度が低いなど。

    システムは4-4-2から4-1-4-1になって中盤でボールはよく回っている印象だった。しかしボールが回っているだけで、相手にブロックを作られると崩すアイデアがあまりないのと、パスもシュートも精度が低いまま。前半の決定機を指宿がポストに当てたが、後半にスローインからペナルティエリア付近まで押し込んだ場面では、パス交換からレオシルバが流し込み先制点になった。他にもチャンスはあったが、シュートで終わるシーンはあまりなかった。
    失点シーンは2点ともCKから。しかも2点ともニアサイドを狙われた。ニアサイドにポジショニングしてた指宿が競り負けるようでは論外。FWとはいえ長身の191cmを活かせないと話にならない。
    守田は相変わらず飛び出し時の判断が悪いまま。キャッチ出来そうな場面でもパンチングで逃げたりと昨季からあまり成長が感じられない。ミドルシュートなどは良い反応を見せるだけになんとか改善してほしい。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。