しばらく何も書かずにそのままだったので・・・
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

しばらく何も書かずにそのままだったので・・・

2019-01-01 13:52
    皆様あけましておめでとうございます。今年もかがみん&ニコニコミュ共々よしなに。

    さて、しばらく何も書けず(書かず?)じまいだったので近況などを。

    ・仕事が忙しすぎてニコ生配信が月1ペースに
    ・配信やるのはいいけど選曲に時間かかりすぎ&音源整理が遅れる顛末へ(進行中)
    ・いろいろ野外配信用機材を新規導入

    こんなところでしょうか。

    まずはこちら。




     現在主流になりつつあるBluetoothが使えるモバイルスピーカー(にしちゃちょっとでかすぎですが・・・)東芝エルイートレーディング製のTY-ASC60です。
    見た目結構安物っぽく見えてしまいますが(実際売値も安いですw 平均価格1万6千前後、実際音を鳴らしてみるとあらびっくり、結構いい音してくれます。

     ただ、難点としては外部入力端子(AUX)が3.5mmステレオミニジャックであることですかね。バッテリー駆動時間はフルで稼働させたことがないのでなんともですが、ライトOFF状態でニコ生の際(自宅)で2時間ほどやってまだ全然動いてましたので、音量次第ですが3時間以上は余裕でしょう。

    続いてこちら。




     ZOOMといえばギターのエフェクターなどでおなじみの方もいるかと思いますが、ICレコーダーも作っていたりします。そんなレコーダーの入門モデルのH1nです。
     XYステレオ方式のマイクを採用しています。


    ↑の生主であるkill-herさんも野外で配信の際、かがみんの上位モデルであるH2nを使用しています。

     なぜこのマイク?と思わるかもしれませんが、配信の際、webカメラで周囲の音を拾おうとすると、webカメラ内蔵のマイクの指向性とダイナミックレンジが狭いため、その場の音を忠実に再現できないのです。そのためそのまま配信するとかなりショボい音になってしまいます。

    比較対象としてこちらに配信時と全く同じ環境で録音した2つのファイルを置いときますね。

    webカメラ使用
    H1n使用


    どうです?違いが明白かと。
    実際の配信では外環境の音をかなり拾うため、ここまで鮮明に聞こえないかもしれませんが、「会場のリアルな雰囲気」はかなり伝わるんじゃないかと。

    一昨年のさいたま某所の配信ではまだwebカメラでの配信だったため、これからまた印象が変わるかもしれませんね(笑。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。