ライブ用ハードウェアエンコーダー『LiveShell X』でゲーム実況を生配信!【Periscope配信(Twitterライブ)編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ライブ用ハードウェアエンコーダー『LiveShell X』でゲーム実況を生配信!【Periscope配信(Twitterライブ)編】

2019-01-21 22:55


    更新が遅くなり申し訳ありませんm(__)m
    いろいろ進歩が遅れていて、なおかつ今回はまた別の内容です…

    2019年度入ってからの1本目の記事は、
    【Periscope配信(Twitterライブ)】での生配信の仕方についてです!


    同時4配信の記事はもう少しお待ちください・・・同時4配信を実際にする機会を伺っております!Stay…Stay...

    こちらは、『LiveShell X』を使用しない、配信ソフト(OBS,Wirecast,XSplitなど)
    でも使えるお話となっております!
    ぜひこちらの配信方法を使用している方も最後まで閲覧していただければと思います。

    ライブ用ハードウェアエンコーダー『LiveShell X』とは何か?⇒ こちら

    まず...

    『Periscope』とは何か?




    Twitter社が開発したライブ配信が出来るアプリで、
    現在はTwitter上で視聴ができるようになっている。
    TL上に流れ、また#○○(ハッシュタグ)を付けることで
    特定のユーザーからも見られるようにできる


    ※このように配信をTL上で見ることもできる。下記のようにPeriscopeからの閲覧も可能!



    それでは配信の仕方を記載します!
    ※PeriscopeとTwitterアカウントとの連携は済みとして省略します

    ①Periscopeの『Producer』をクリックする


    ②サーバーのリンクとストリームキーをエンコーダーに入力する




    サーバーのリンクとストリームキーを入力するのは、配信ソフトでも同じ仕様になります!

    ※OBSの場合



    『LiveShell X』での配信の場合
    (1).配信先からその他配信サービスを選択


    (2).配信先URLとストリーム名にストリームキーを入力


    Periscope用にビットレートやキーフレーム等を設定する


    OBS等でPeriscope用に配信設定をしている方が他にいましたので、
    配信ソフトの設定は申し訳ないのですが、そちらを参考にしてください

    『LiveShell X』の設定はこのように設定しました。

    カスタムモードを開くと出てきます。
    また、ビットレートが3000Kbps以上に上がるとPeriscope配信が止まるみたいなので、
    上がり過ぎないように平均2700Kbpsに設定してます。
    キーフレームも同様の理由です。

    ※AUDIO MIXはマネしなくて大丈夫です。
    各自マイクやHDMIケーブルからの音量に合わせて設定してください。

    エンコーダーを配信開始させ、Periscopeの配信ページで『放送タイトル』や設定の完了後に『ライブ放送する』ボタンを押下する





    警告とか出ているが、気にせずに配信してしまって問題ない
    また、放送タイトルに#○○(ハッシュタグ)を入力することができるので、
    閲覧者を増やしたければ、活用すると良い

    いかかだったでしょうか?
    意外と難しそうに見えてそんなに難しくはありませんでした。

    自分はこれらも含め、配信サイト『YouTubeライブ』『ニコニコ生放送』『Periscope』
    3つの動画配信サイトに同時にライブ配信を行い、
    さらに配信するゲームを同時に4つプレイしようとしました(笑)
    そこっ!アホとか言わない(笑)

    次回こそ!ゲームを同時に4つプレイして配信するやり方を記事にします!
    ご期待ください!(`・ω・´)ゞ
    今回はここまで!


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。