• インセインにつてつらつらと――恐怖判定と狂気カードと――

    2018-01-03 14:55
    前回に引き続きインセインから、恐怖判定と恐怖カードについて。
    恐怖カードのサンプル適当に一枚載せようかと思ったけど今回は見送り。

    インセインの肝ともいえるシステムだから簡単に記載。
    読んで気になったらルルブを買ってプレイしてみよう。

    ・狂気カードって何さ?
    マルチジャンルホラーTRPG、インセインはPCの恐怖を表すシステムとして狂気カードがあります。
    内容は"疑心暗鬼"や"依存"など様々ですが、PCたちにとってデメリットになる内容が記載されています。

    狂気カードにはそれぞれ"狂気名"、"トリガー"、"狂気の内容"が記載されています。

    ・狂気名
     読んで字のごとく。その狂気が何なのかを表す名前。
     ルルブ1には24の狂気が記載されている。

    ・トリガー
     その狂気が顕在化する条件が書かれている。
     トリガーとなる行動があったらGMに申告し狂気カードの内容を公開する。

    ・狂気の内容
     その狂気カードが及ぼす効果が書かれている。トリガーを引いた時その内容が身に降りかかる。
     "ドラマシーンにアイテムが受け渡しできなくなる"、や"シーンプレイヤーでないシーンに登場できなくなる"など様々な効果がある。

    ・恐怖判定ってなにさ?
     ホラーである以上、PCはセッション中に様々な恐怖を体験します。夥しい死体、暴れまわる怪異、突如暴走を始める最新機械などその対象は様々ですが、それらに遭遇した時PCは恐怖判定を行います。恐怖判定に失敗したPCは狂気カードを一枚山札から引きます。
    セッション中に引ける狂気カードの枚数には限りがあり、全ての狂気カードがPCへ配られた時、狂気の濁流が起き、セッションはバッドエンドへと進むでしょう。
    そして、そのような経験をしたPCは悲惨な末路をたどることでしょう。

    インセインはこのような恐怖判定と狂気カードを用いて恐怖を演出しています。減っていく狂気カードの山札と手元にある狂気カード、その恐怖と狂気に抗いながら凄惨な事件から生還を目指すゲームがインセインです。
    (なお個人差があります)

    あんまり長く書いても仕方ないから今回はここまで、次回何書くかは不明。
  • 広告
  • インセインについてつらつらと――入門編――

    2018-01-03 14:11
    あけましておめでとうございます。
    さて、挨拶つらつらと書いてもしょうがないから本題へ。

    インセインって何?
     冒険企画局から送り出されたマルチジャンルホラーTRPGです。
    所謂CoCなどと違い、特定の神話形態や現象にとどまらない非常に広いホラーTRPGを演出出来ます。
     例として上げるなら"学校の怪談"のようなものから都市伝説、ジョークホラー、パニックホラーなどジャンルを選ばずに遊ぶことが出来ます。

    インセインで遊ぶには何が必要?
     まず必要になるのはルールブックです。


     次に必要になるのがサイコロです、六面ダイスが幾つかあればいいでしょう。


     他に必須となるものはありません。楽しみましょう。


    以下、サプリとシナリオ集について。
    サクッと触りだけ
    インセインで調べると他にも色々と出てくるけど?
     インセインにかぎらず、TRPGでは様々なサプリメントが発売されています。
    サプリメントは基本ルルブを拡張、発展させた様々な遊び方をPLに提案してくれます。

     インセインではサプリメントが2つとシナリオ集が発売されています。
    それぞれ、新しいワールドセッティング(時代背景のようなもの)やさらなる恐怖を演出するための仕組みなどが追加されています。

    ・インセイン2 デッドループ
     新しいワールドセッティング、"繰り返される惨劇"が追加され、幾つかの追加ルールが記載されています。
    また、リプレイ"四人の客"が掲載されています。
    "ホラースケープ"などなかなかおもしろい選択ルールが載っているのでぜひ購入して楽しんで下さい。
     あと、デッドループと書かれいているもののループものをやるための設定はあんまり載ってない。



    ・インセイン3 インセインSCP
     インセインのルールでCSPを遊ぶためのルールや設定などが記載されたサプリメント。
    リプレイ"目をとじてはいけない"が掲載されています。
    SCPが好きだ、様々なトンデモビックリとふれあいたいという人は購入してみると面白いかな。



    ・インセイン シナリオ集 ディオダディ荘の怪奇談義
     様々なシナリオが記載された公式シナリオ集。無人の駅からの脱出や吸血鬼物と多種多様なシナリオが掲載されている。
    シナリオを自作してみたいけどどうやって作ればいいかわからない、そもそもシナリオ作れないけどGMをやってみたいって人は買って実際にプレイしてみよう。
    全部で二四のシナリオが載っているのでこれ一冊に載っているシナリオだけでも十分にインセインを楽しむことが出来ると思う。


    ただ、サプリやシナリオ集はインセインに慣れてから購入してもいいと思うので、そこは個々人の裁量で。安いものでもないしね。

    今日はここまで、次回何書くかは不明
  • 個人的に思うTRPGのすゝめ――その2――

    2017-12-29 11:59
    引き続き所持しているシステムについてつらつらと。
    今回は冒険企画局から2つ取り上げます。GoodとBadはほとんど一緒だから一つにまとめて記載。

    以下プレイヤー視点で色々と

    シノビガミ
    おすすめ度:☆☆☆★★
    現代の裏側に潜む忍者となり様々な依頼をこなしていく、冒険企画局が送るサイコロ・フィクション(以下サイフィク)の第二弾。サイフィクについては大百科もあるし必要があれば別途まとめるから今回は割愛。
    忍びとして他のPCと協力し、時には競い合いながら目的を達成するためにしのぎを削れ!


    どっちもシノビガミを多く投稿している方たちのマイリスト

    インセイン
    おすすめ度:☆☆☆★★
    マルチジャンル・ホラーRPGと銘打ったサイフィクの第七弾。PLは様々な事情から不幸な事件に巻き込まれる”逢魔人(おうまがびと)”となり様々な怪事件と戦う。
    恐怖判定や狂気カードなどホラーTRPGを演出するシステムが採用されている。


    インセインをまとめて投稿している方が少ないためマイリスは特に記載しません。

    Good!
    ・サイフィク全般に言えることだがゲームの流れがわかりやすい。
    ・”使命”と”秘密”があるためにゲームの目標がわかりやすい。

    Bad……
    ・特に思いつかない。

    現状おじさんが所持しているルルブに関してはこんな所。
    追加が合ったら度追加していきます。

    今日は以上