愛もタブーを犯せば狂気
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

愛もタブーを犯せば狂気

2016-06-24 00:46
    母なる証明を観ました。

    気になりながらも観てなかった映画の一つ。

    殺人の容疑がかけられた知的障害の息子の、無罪を信じ、母が執念を燃やす。

    異常ともいえる過保護っぷりは、息子に障害があるからではなく、彼女の贖罪であることが

    中盤、彼の放つ言葉で解る。

    正直、愛する者を守る為なら何をやってもいい訳でもないし、新たな冤罪を作りあげていいわ

    けでもない。彼女がやった事の罪はあまりに大きく、愛と言うよりは狂気。

    しかし、其れが人間の弱いところなのだとも思う。


    自分を騙し、大きな大きな罪を犯した母親の、ダンスが妙に物悲しくうつった。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。