Matériaux du steak Hamburger ハンバーグの中身 ③
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Matériaux du steak Hamburger ハンバーグの中身 ③

2017-10-01 00:56

    3.Trois hommes 三人の男

    

    静まり返った店内に、響く雨の音。
    テーブルの上の蝋燭が頼りなく揺れている。
    向かい合う、中年男と青年の間には会話はない。
    時間を気にしているのか、中年男はしきりに腕時計を見ては煙草を吸い、青年は落ち着きなく不安げに店内を見ている。
    暫くすると男が、ハンバーグを持ってやってくる。
    男は皿を、中年男と青年の前に静かに置く。
    「雨にうたれて寒かったでしょう。温かいうちに召し上がってください」
    「あのぅ・・・どうかあなたもお座りになってください」
    青年の申し出に、男は少し微笑み、イスに腰掛ける。
    「お引き留めしてしまって申し訳ありませんでした」
    「いえ・・・申し訳ないのはこちらの方です。急な豪雨で足留めされてしまって・・・雨宿りさせて頂いてるうえ、御馳走までして頂いて・・・本当になんとお礼を申したらいいのか・・・」
    青年は申し訳なさそうにそう言った。
    妙に丁寧な青年の言葉に男は吹き出しそうになった。
    お礼を言いたいのは男の方であった。こんな寂しい夜に、一人で居たくはなかったし、皿の上の無意味なハンバーグに、ほんの少しだけ意味を持たせることができたのだから。

               -続くー





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。