ファンキーおばちゃんの最期を見送る
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ファンキーおばちゃんの最期を見送る

2015-02-19 20:34


    アラーキーの写真集 恋する老人たち

    今日のお昼、私は高速にのっていた。親戚のおばちゃんの葬儀であった。

    おばちゃんと言うより、ママンと言う言い方の方が似合うファンキーな人であった。

    彼女に、しみったれた雰囲気は似合わないのだ。

    棺いっぱいに置かれた白いユリや、菊も、ぱっとしない。彼女には、華やかな花が似合う。

    出棺の火葬場に行く途中に、晴れているのに天気雨が降った。

    涙雨だわ・・・と母が、言いだすとなんだか車内がしんみりし始めた。

    違うよ。唾吐いてんだよ~みんなしけた面しやがってって・・・と言ったらみんな納得。

    人は必ず終わりを迎える。残された人は悲しいに決まっている。先立った人だって大切な人の

    悲しい顔なんて見たくない筈だ。だから、今日は彼女の前では泣かないことにした。

    アラーキーの写真集に出てくる老人みたくオシャレな人だったから、今日の最後の衣装ですら

    素敵に着こなしていた。ちょっとの間だけ、ばいばい。何時かどうせまたあえる。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。