不気味さがかえって中毒になってしまう画集
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

不気味さがかえって中毒になってしまう画集

2015-02-20 20:08


    石田徹也の遺作集

    若くしてお亡くなりになった石田さんの画集である。

    一時、ビレバンなどでこの画集を、見かける人も多かったのではないだろうか・・・。

    私は、この、焦点の合わない、其れでいて何処か切なくて不安になってしまうような絵を見る

    と不思議な気持ちになる。画集の中の人物達はどれも何処か虚ろで不安定で、何処に目線の

    先があるのかが解らないのだ。彼らは心を何処に置いて、何をみているのだろう。

    凡人の私には謎だらけであるが、私をドキドキさせると言う事だけは確かである。そして、こ

    の人の作品は、中毒性が高いのだ。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。