• 赤ちゃん はるさんの百夜怪談シリーズ 12

    2019-07-20 22:48
    赤ちゃん はるさんの百夜怪談シリーズ


    赤ちゃん



    蒸せかえるほど熱く、熱気でまいた水がすぐ
    乾くそんな八月の中場の頃だったろうか 


    当事 12歳だった私は、相も変わらずお転婆で、
    親友のことみとの関係も夫婦と周囲にいじられるほど仲良し
     

    その日は仲間内で計画していた肝試しをすることになっており



    怖がりな親友の手を繋ぎながら鼻歌まじりに待ち合わせ場所に向かう
    集合場所は歩いて20分くらいの山道を登って中程にある神社なのだか
    灯りが一切ないため、握る手ぎゅーとなるのを感じる


    「 ことみは本当にこわがりだよねー  

    大丈夫だってば 私がついてるんだからさー  」



    歩みをとめず、片手でもっていた懐中電灯をぶんぶん振り回しながら
    笑いながらそう言うと



    「 トイレいきたくなっちゃった 」

    振り替えると半泣きのことみが そんなことをぼそっとつぶやいた


    この近くでトイレといえば、小さな公園のものしかない 
    よりにもよって夜にいくのはさすがの私も気がひける




    「 おぎゃぁ おぎゃぁ おぎゃ 」



    ふとトイレのほうからなき声が聞こえた 夜の闇に響く赤ん坊の声に
    二人して足を止める 公園の入り口近くの階段で、握る手が互いに
    きつくなり 体が硬直してしまう 



    「 おぎゃぁ おぎゃぁ おぎゃぁ」


    夏場だと言うのにうすら寒く、半袖では心細い 震えも止まらなくなってきたが 

    くいくいと裾をひっぱられたのを合図になんとか足を動かす 


    10メートルほどの距離が遠い 怖さが足を強ばらせて
    歩いていたから余計にそう感じ やっとのことでトイレの入り口にたどりつく


    恐る恐る1歩を踏み出すと普通についていた
    はずの蛍光灯の灯りが酷く点滅して 



    バチバチバチバチバチバチバチバチバチ
    と煩いくらいに音をたてる



    これはダメだと思い、うるさーいと恐怖を圧し殺して私が叫んだ



    パチバチパチ パチバチパチ


    蛍光灯はさっきよりは点滅がましになり、ことみも私が一緒に
    入るならという条件で 個室の中に




    ガチャ 



    と金属製の棒をスライドさせ鍵をしめた時 私はなんでか上に
    視線を感じて見上げてしまった 



    無数の 数えきれないほどの



    たぶん生まれたばかりであろう赤ん坊がからみあい
    天井に張り付いてこちらをにらんでいた目と目があってしまう


    ぱっと目をそらし、壁の方に目を向けると血文字でびっしりと




    お母さんお母さんお母さんお母さん
    お母さんお母さんお母さんお母さん
    お母さんお母さんお母さんお母さん



    気持ち悪いくらい呪詛のようにかかれていて、
    ここでは酷いことがあったのは明白


    なんとかトイレをすまし、ことみに気づかれないように手洗いをすまさせ 早足で出る


    ごーん ごーん ごーん ごーん


    神社の鐘が遠巻きに聞こえが、あれから少しでも早く離れたかった
    私はことみをせかして走り出す


    タッタッタッタ


    「ギャハハハハハハハハハハハ」


    何かの笑い声が山中に共鳴して、私達は膝をおり頭をかかえる



    奇妙で山に響く声に意識が遠退き、親友の名前を呼ぶ暇もなく 
    繋がれた手のぬくもりだけが頼り



    まぶたが異様に重く、閉じらていく
    暗夜の中で闇はまし、はーちゃんということみの声を最後に完全に落ちる




    目が覚めた時には診療所のベットの上だった 回りの話を聞くに私とことみは
    公園の入り口近くで倒れていた所を いつまでもこないから
    心配した胆試しのメンツが公園まできて 発見されたらしい 


    次の日に目がさめたと思ったら、一週間も眠ったままで、まるで起きなかったとか
     検査でも全て問題ないし お手上げ状態な時に二人して目覚めた


    あとからおばあちゃんに聞いたら


    望まない子供をそのトイレで捨てて流してたんだろうね、バラバラにして 
    だから公園ごと 場がおかしくなっちゃったんじゃ 


    もう近づかない方がいいよ 命がおしかったらね


    昔からそういういわくのある場所は、全国にあるとか そういう場は

    生きた人が入ったら生きる力をもってかれるから 封さされてることがおおいそうだ 



  • 広告
  • 山のペンション はるさんの百夜怪談シリーズ 10

    2019-04-30 23:37
    山のペンション




    私は、俗にいうロッククライミングという山の
    崖っぷちを専用の道具と体のみで登ることに
    みいられた人種である。

    これは知り合いと霊山を登った時の話。 
    (今の夫)


    いわくつきの山だと知っていて登るのだから、狂っていると
    思われてもしかたがない行動なにせ、昔に罪人がはりつけに
    された絶壁をあがろうと言うのだから





    秋から冬になりかけの時期に来たためか、崖の前についた時にはあたりはまっくらで 
    薄ら気持ち悪かっのを覚えている。


    登りはなんの問題もなく、一番上まで上がりきったわけだけど。



    そこで気味の悪いものを見てしまった。


    小さい木製の社に何十何百とお札が張り付けてあり、
    真ん中のお札には血糊で描いたような紋様が社をぐるりと囲んでいる

    社の後ろには枯れ井戸があって、その中には何千枚と数えきれないほどの
    手紙が井戸をいっぱいにしていた

    完全に青ざめていた私をよそに、知り合いのAさんは、私が止めるのも聞かず、
    一番上の手紙を開いて読んでしまったのである

    その内容は望まない妊娠をしてしまい
    無理矢理子供を下ろされた女性の呪詛が 赤い文字でびっしりかかれており 



    さすがのAさんも気持ち悪かったのか、さっと手紙を井戸に戻して
    二人して手を合わせてから降りることとなったのです

    二人しかいないのにそこら中から 人の声が異常なくらい響きわたり

    なんとか一番したまで降りたときでした。 私達二人の耳元に子供の声で



    「 何で逃げるのさ 」 


    て聞こえ二人してダッシュでペンションまで走り、
    息を切らせながらチェックインをすませる





    山のペンションには深夜に入ったんだけど
    今どきありえない話だか部屋には
    小さな豆電球しかなく かなり薄暗かった。



    暗いのが苦手な私にはちょっときつかったので、
    山用の電子ランプをつけて、ようやっと床についた。

    だがそこからがやばかった



    3時頃になった時、部屋中どころかペンション中に
    子供の悲鳴、女性の悲鳴が響きわたり それだけでなく
    心臓の鼓動がのように部屋がドクンドクンいって歪んで見えた

     


    なにより怖かったのは、朝型山を降りる時に、
    二人して両足をひっぱられ 一メートルくらいひきずられたのがやばかった


    正直100件以上、そういう場所でいろいろな体験をしてきた私ですが
     今までで一二をあらそうほど生きた心地がしなかった。


    【+・〜・}√】?(はる。)<




  • カアマ様 はるさんの百夜怪談シリーズ 09

    2019-04-30 23:31
    カアマ様

    小さい頃からお転婆で、どこかれかまわず
    駆け回っていた私だが

    今でも忘れられない体験の話をします・・・・・・

    あれは夏に入るちょっと前、
    いつも友達と遊んでいるわりと小さい公園で、
    ことみと二人でブランコに二人のりしたり 

    首が痛くなるほど高い木に度胸試し
    のぼったりと子供ながらにスリリング
    な事をしていたので怪我も絶えなかった


    「 今日はくびきの一番上までいくよー 夕焼けまでどっちが先に登れるか勝負ね 」


    くびきとは

    今でこそ使われていないけど、神社
    の神木に使われたり、社に使われるほど神聖なものらしく
    古い神社との木はくびきが使われてる事がおおい。

    その名前だけは知っていた私達は
    毎日の様にのぼっては一番上をめざしていた

    のぼっていると下のほうから必ずこんな声が聞こえる


    「さぁさぁ おのぼりなさんな 」


    ことみも聞いてるので間違いはない

    その声はくびきをのぼれば登るほど声をかけてくる




    「 はるちゃん、やっぱり今日はくびきのぼりはやめない? 
    くびきはのぼっちゃいけない木なんだよ、きっと 」


    ことみが私の服の裾を指で
    ちょこんとつまみながら、震えながらそういった

    私はしょうがないなーとことみの手を繋ぎ、
    大丈夫だよーといいながら
    安心させて くびきをのぼりだす


    ちょうど中腹まできたころだった、ここからだと我が家や、
    おにぎり山と子供によばれている大きな山も綺麗に見える


    「 ねぇ、はるちゃん あれ何? 」


    すこし下にいたことみが、公園のまん中あたり、ブランコの近くを指差した 青ざめた顔で

    そこには白い綺麗な羽織袴を着た長身の女の人が足を
    ひぎずっているのかずるずると地面をすする、
    以上なほど長い髪や異様なほど白い肌が不気味で 

    さすがに私も寒気がして、震えが止まらなくなり 
    暖かい季節だというのにコートがほしくなるレベルである



    「 さぁさぁ おのぼりなさんな 
     さぁさぁ おのぼりなさんな 」


    女は不思議なほど優しい声で、しかし耳元でささやくように私達二人に言った

    焦った私達は、上へ上へ登ってしまい
     ついに一番上まできてしまい


    「 おのぼりなさんなぁ 」


    背後から聞こえた声に、私とことみは絶叫し目の前が
    真っ暗になり意識が遠のいく



    「 おのぼりなさんなさい 」

    気づいた時には、病院のベットの上で二人して寝ていて 
    両親が心配そうな顔で私の顔を除いている


    「 貴女達、公園のくびきの下で倒れていたのよ? 大丈夫? 」


    おかしい、私達は木のてっぺんで気を失ったはずで 
    そのまま落ちたはず なのに傷ひとつない


    あとで聞いた話なのだが、あの全身白い女性は、
    おばあちゃんいわく、くびきについた悪い神様でカアマ様というらしい


    カアマ様の目を直接見てしまうと、
    精神を食われてはいじんになってしまうとか 

    あの時きこえた

    おのぼりなさんな はのぼっていけないではなく、
    とっ食うために追いかけてきていて

    おのぼりなさんな おりてこいと言う意味らしい


    くびきにはカアマ様がついきやすいから、
    よく対処してから神木にしたり、社に使うのだが 

    公園にあったくびきには何もされていなかったため、
    住み木になってしまったのだとか


    それを聞いてから、あの公園で遊ぶのはやめました。 

    【+・〜・}√】?(はる。)<