外国語を勉強する人へのアドバイス
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

外国語を勉強する人へのアドバイス

2020-12-05 22:43
  • 1

どうも、記事にしたいことがなかなか思いつかないドイツ先輩です。生放送のリスナーさん数人から、ドイツ先輩の語学勉強方法を教えてくださいというリクエストがありましたので、今日はこれについて書きたいと思います。

語学勉強をスムーズに始めるために、まず必要なのは自分が決めた目的です。人に強いられた勉強に熱意を込めるのはなかなか難しいので、基本的に上手くいきません。尚、その目的は必ずしも「外国語をネイティブ並みに扱えるようになりたい」でなければいけないわけではないが、「何かの外国語を勉強したいなぁ~」と生半可な気持ちで勉強を始めても、初期段階で投げてしまうことになると思います。

次はその決めた目的を小さなゴールに分けるといいと思います。いきなりの自分語りで恐縮ですが、自分は2006年に発売された「ファイナルファンタジーXII」というゲームを一足先にプレイするために、日本語を片仮名から覚えることを最初のゴールに決めました(正確に言うと、その頃の自分にはまだ「日本語を勉強したい」という考えはなかったのですが)。イベントシーンの翻訳はネット掲示板の有志が作ってくれたので、大体の戦闘コマンドやメニュー項目に使われる片仮名さえ覚えれば、ゲームの操作も何とかなる。ゴールが小さい分、その達成は早くなり、達成する時の喜びが次のゴールを達成するためのモチベーションになります。

語学勉強の目的は何であれ、最初は一般的な単語と基本的な文法を覚えることから始めることをお勧めします。そのためにはネットや教科書を使ってもいいし、教室に通ってもいい。人はそれぞれなので、自分に合うやり方を選択すればいいと思います。というのも、一般的なアドバイスはここまでとなります。ここから先は自分が日本語を勉強するにあたって使っていた、あるいは今も使っている独学で勉強する人向けの勉強方法を紹介します。

独学で効率良く外国語の勉強を進めるためには、その外国語に没頭できる環境を作ることが重要です。外国にいれば、その国の言葉に触れる機会には事欠かないが、自国に住んでいるとなると、そういった機会は自分で作らなければいけません。例えば、ドラマを勉強したい言語で観たり、使っている端末のOS(Windows等)をその言語に変えたりすることで、その言語の言葉に触れる機会を自分で増やすことができます。

まだその言語の基本の基本しか覚えていない自分がいきなりネイティブ向けのコンテンツに触れると、壁にぶつかることがよくあると思います。知らない単語や理解できない文法、長い言い回し。それをいちいち調べるのが面倒臭く感じるかもしれませんが、ゴリ押し精神で踏ん張ってください。ジグソーパズルもゼロから始めると大変ですけど、ピースがはまるにつれ、パターンが見えてくるのです。語学勉強も、まさにそういうものだと思います。

一度調べたものを忘れないためには、学習アプリを使うといいです。自分も2010年から「Anki」というアプリを毎日使って単語を勉強しています。このアプリで問題文と解答をペアにしたフラッシュカードを作って、間隔をあけた復習で覚えた単語を簡単に短期記憶から長期記憶に移すことができます。他人が作ったカードデッキのダウンロードも可能ですが、自分が遭遇した言葉でデッキを作ったほうが単語との絆が生まれ、記憶に残りやすいと思います。

因みに、語彙力を増やしたい人にはたくさん読書することをお勧めします。常に自分をチャレンジして、自分の単語レベルを超えた文を読めば、ドンドン新しい単語が身につきます。

最後に当たり前のことを言いますが、一番大事なのは勉強を毎日続けることです。一度習慣をつければ、最初は苦痛に感じた勉強も楽になります。継続は力なり。それだけのことです。

今回も長くなりましたが、ここまで読んでいただきありがとうございます。この記事が誰かの役にたてば幸いです。


広告
×
とても、役たつことがたくさん書いてますね!
ありがとうございます。 !
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。