ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

女性限定アクセサリー製作コミュ(長文うざい)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

女性限定アクセサリー製作コミュ(長文うざい)

2015-03-05 12:07
    女性限定でアクセサリー製作の様子を垂れ流すコミュを作りました。


    いろいろ注意書きが多いです。相変わらず。
    正直私がリスナーだったらこんなめんどくさいコミュ即スルーですよ。
    それでも見に来て、遊びに来てくださる方がいるんですから、本当にありがたいことです。いつも仲良くしてくださり、また楽しみをたくさん頂き感謝しております。ありがとうございます。メンバー方々には本当に土下座もんです。

    不特定多数の人間が、しかも年齢も国もまったくフリーで入ってくる環境で自分の周りだけのちっぽけな常識を「常識」と押し付けることのナンセンスさは重々承知で多少のことは笑ってスルーするスキルを身につけなければならないとある程度我慢はしているつもりです。そう、つもりです。が、「あ、無理だな」という悟りというかあきらめというか、自分が楽しくやりたいなら誰にでも不愉快な思いをさせないで生放送をする、ということを諦めなくてはいけないなあ、と。なんかこうぷっつりと切れてしまった部分も最近はあります。

    ここからは愚痴っぽい女性限定コミュに対する私の見解と経緯になります。

    女性限定とつけたコミュをするのはこれが初めてではありません。
    女性限定といっても限定放送をしないので当然男性も入ってきます。かまいません。かまわないんです。しかしとても不思議でもあります。そう、なぜ私はその入ってきたリスナーさんを男性だと判断したのでしょう。

    だってそう書き込むんだから!!

    男ですって書き込むんだから、わざわざ。わざわざ!女性限定って言っているのにわざわざ自分から男だと名乗り出て書き込む。
    ネットってのは相手の事がまったくわからない状態、つまり匿名性の強いコミュニケーションツールです。自分が隠したいのであれば自分さえ語らなければいくらでも秘匿できるし、その人がネットで語るすべてを真実であると証明できる術はネット上には存在しない。だからネット上における性別なんてあって無きが如し。
    にも関わらず私にわざわざ性別を訊かれもしないのに書き込む方たちは一体私に何を求めているのでしょう。
    これは生放送でもお話した内容でもあるのですが、女性だらけの世界に身をおいているとたまにこういう方に遭遇します。

    「僕は男だけど、大丈夫ですか。」とか
    「腐男子なんだけど、大丈夫ですか。」とか
    「気持ち悪いとか言われます、男のくせにって。」とか

    それを言って一体私に何を求めているのか。しかもネットでです。リアルでの例えばオフ会とかで会ったとかではなく。自分が男性であることで少しでもデメリットを感じるならせっかくネットという都合の良いツールを使っているんですから隠せばいいじゃないですか。隠そうと思えば隠せます。ネカマという言葉があるくらいネット上では性別なんていくらでも偽装できる。今回の件なんかは特に女性限定と言っている場所であえて隠さず男だとコメントする。解せない。何故なのか。
    それはこう捉えられてもおかしくない行動ではないか。
    一見ネガティブな言葉を使っているとみせかけて性別を明かすことによるメリットをその方が求めているとしか思えないのです。
    もっとわかりやすくいうと、私(女性)に対して

    「ええ、そんなことないよ!男性大歓迎だよ!」
    「珍しい、むしろお友達になりたい!」

    といったような「特別扱い」が欲しいのではないか、と。
    ヲタサーの姫みたいな扱いが欲しいのではないか、と。

    誤解がないように言っておきますが、私は別に女性の世界に男性が居ることをちっとも変だとか気持ち悪いだとか不快に思うことはありません。
    差別もしませんが特別扱いもしません。同じ趣味の人、としか認識がありません。
    そもそも差別されて嫌な思いをしているならネットでわざわざ明かしますか。素の、ありのままの自分を受け入れて欲しいという気持ちもあるのかもしれません。ですが、見ず知らずの何も知らない人間に私はそこまでするほどお人よしではありません。
    ていうか、そんな人ほどプレ垢とって自分で生放送すればいいんですよ。私の放送にそういうのは持ち込んで頂きたくない。

    中にはそれ以外の理由の方もいらっしゃると思います。コミュニケーションをとればとてもすばらしい、気の合う方にもめぐり合うかもしれません。
    私が今まであまりにも気の合わないそういうタイプの男性にお会いしてきたせいだとも重々承知です。
    私もまたトラウマになっているのかもしれません。それが差別に繋がっていることもわかります。差別がないといっておきながら差別しているではないか。一部の人間だけをみて大多数をそうだと決め付けるのはよくない、と。
    ただ、私は完璧な人間ではありません。完璧な人間を装うつもりもありません。誰にも好かれたいなんて虫が良すぎることも望まないつもりです。
    女性限定として、自分の気に入ったリスナーしか入れない。それがどれほど傲慢で我侭な行動とうつっているのか。その可能性はおおいにあります。ありすぎるくらい。

    今まではコミュ人数を気にして(みみっちい事が気になる人間です)ある程度我慢をしていましたが、最近生放送をする私の気持ちにも少しずつ変化があり、減ったり増えたりするコミュ人数が気にならなくなってきました。
    抹消やNGを恐れずにし、自分が楽しいときに一緒に楽しんでくれる友人みたいなリスナーさんを大切にしていきたいと思う今日この頃です。
    もう我慢はしません。とても申し訳ないけれどご縁が無かったということで、やらせて頂こうと思っております。



    最後に…
    いつも生放送ではいえないのですが、「ドナさんのしたいようにしていいんじゃない」といつも書き込みをくれる常連リスナーさんには本当に気持ちが楽になります。ありがとうございます。
    気持ち悪い(笑)から面と向かって生放送で歯の浮いた事は言えないんですが、あなたのおかげで楽しくやれています。本当に本当にありがとう。

    あとさらに最後に。よくよく考えたら女性限定にしたのってそういう理由じゃない。
    え、えええええええええ!?
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。