【花騎士】スキルデバフパの使用感(昇華ワレモコウ・ニチニチソウ・ツルバキアで上限90%)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【花騎士】スキルデバフパの使用感(昇華ワレモコウ・ニチニチソウ・ツルバキアで上限90%)

2020-05-03 19:30
    こんばんは。
    アネモネ団長のどろろんです。

    つい先日ログイン400日を達成しましたが、まだまだ花騎士でやりたいことだらけなのでこれからも全力で楽しんでいこうと思います。
    最近いろいろな改修が盛んに行われていたり、いろいろアイテムもらえたりですごくテンション上がってます。

    さて、今回は表題の通りスキルデバフパの使用感について書いていきます。
    スキルデバフは所有キャラが少なく(純虹だとヤドリギ・シャボンソウ・ニシキギくらいかな?)、前に記事にした防御変換や全体回復アビと昇華がほぼ必須になるため気軽に試せない方が多いと思ったので。

    使用したのは以下のパーティーで昇華ワレモコウ・ニチニチソウ・ツルバキアがそれぞれスキル発動率低下30%を持っているので3人で相手のスキル発動率90%減(上限)となります。



    ↑メインストーリーでおなじみ。口調が可愛い。


    ↑花騎士で意外と少ない本職メイドさんの一人


    ↑ボイスが面白い。昇華して副団長にしてボイス聞いていたらかなりお気に入りになりました。

    なお、スキルデバフの効果ですが花騎士wikiによると以下のような計算式になっているようです。
    相手のスキル発動率×(100-スキル発動低下率)/100 = 実際のスキル発動率(%)

    例えば相手のスキル発動率が90%の場合、
    90X(100-90)/100=9%となります。上限まで積むとスキル絶対発動の相手(マザー本体、ラエヴァ3戦目特定ターン等)以外だと全然スキル打たれなくなります。
    マザーの脚の通常攻撃とかいう珍しいものが見れたりします。


    まず結論を言いますがスキルデバフパは
    かなりピーキーな性能、強い相手(単体で手数の少ないボス)とかにはとことん強いですが、手数の多い相手(雑魚戦闘)とかは苦手です。
    後、スキル発動率を大幅に下げれるといっても0にできるわけでは無いので打たれる時は打たれます。

    以下に参考動画を載せますがマザーの脚やマフルのヌシなんかには思いっきり刺さってくれます。ただ、スキル打たなくても相手の通常攻撃は普通に痛いのでそこは攻撃デバフや回避、3回バリア等のケアがあると良いです。参考動画の相手以外だとVSラエヴァ2戦目のスーさん相手も割かし頑張ってくれたりします。
     



    性能だけを見るのであれば上限を目指すよりは攻撃デバフとスキルデバフを両立しているキャラ(昇華ルコウソウや昇華エリンギ等)を育成してデバフ複合パにした方が汎用性は高いと思います。ただ、かなり独特な戦い方をするので使っていてとても面白いパーティーなのは間違いないです。

    次に個別のキャラについて説明していきます。
    今回昇華させたスキルデバフ30%持ちの3人について
    お勧め度はワレモコウ>ツルバキア>ニチニチソウといった感じです。使用感をまとめると以下のようになります。

    「ワレモコウ」スキルデバフパを組みたいなら最有力昇華候補。スキルデバフと相性の良い攻撃デバフ、防御バフ、更には火力補強のためのターン経過バフも兼ね備えています。攻撃バフやスキル発動率補助、足の遅さには注意する必要がありますが、かなり優秀です。

    「ツルバキア」スキルデバフと相性の良い回避を両立しているのが優秀。平均ちょっと上の攻撃バフとスキル発動率1.2倍も持つので使いやすいです。ただ、回避+スキルデバフ持ちには吸収スキル持ちのエリンギ(スキルデバフ25%)やリンドウ(スキルデバフ20%)もいます。

    「ニチニチソウ」:悪くはないが攻撃デバフや回避・吸収スキルを併せ持つキャラの方が使いやすそうではあります。とはいえスキル発動率1.2倍と平均ちょっと上の攻撃バフに斬属性付与持っているので十分優秀です。攻撃バフ35%の他に1ターン目攻撃バフ+35%持ちますが、それが耐久系のこのパーティーだと噛み合わないのが残念。

    自由枠については現在のイベでも登場している正統派ヒロイン「スノードロップ」とロータスレイクのやべー奴「カルダミネ・リラタ」を選択しました。

    ↑圧倒的なヒロイン、特徴的な娘が多い我がスキルデバフパの清涼剤的ポジション


    ↑清涼剤入れても中和できぬキャラの濃さ

    上にも書きましたが相手の通常攻撃は普通に痛いのでそこをどうケアするかがスキルデバフパにおいて重要となります。「スノードロップ」は攻撃デバフ、「カルダミネ・リラタ」は3回バリアでそこをケアしてくれます。特に「カルダミネ・リラタ」はスキルデバフパと相性抜群です。スキルデバフで相手の手数を抑制できるので周りに被害を出さずに、3回バリアで攻撃を安全に受け流せ、更に被弾時スキル発動率2倍によってパーティー全体の火力を高めてくれます。ただし、ボス以外だとバフ量がぐっと下がるのには注意が必要です。更に被弾次ターンスキル発動率以外は味方にかかるバフが無く、攻撃バフを持たないワレモコウも編成に入れているため攻撃バフが不足しがちになります。攻撃デバフ15%とやや値低めな「スノードロップ」を選択したのは経過攻撃バフでそこを補うためでもあります。

    また、フラワーメモリーの選択も重要です。今回は「挑発」を「ツルバキア」と「カルダミネ・リラタ」に持たせて負荷を分散させています。


    これがかなり重要です。デバフで枠を使用している関係上どうしても戦闘は長引いてしまいます。特に連戦の時なんかは「カルダミネ・リラタ」にだけ「挑発」を持たせていると前哨戦で落ちてしまい、肝心のボス戦で火力が出せなくなり負けてしまうといったことが起こります。回避を持つツルバキアに挑発を持たせることで負荷を分散させ、「カルダミネ・リラタ」を温存するようにしています。花騎士の相手キャラはHPが削れた相手から狙っていく傾向があるので3回バリア持ちの「カルダミネ・リラタ」よりも「ツルバキア」の方が削れやすく、結果として先に狙われやすくなるため、「カルダミネ・リラタ」をボス戦まで温存できます。ツルバキアには悪いですが(苦笑)。
    (ボスだけにぶつけるつもりなら「カルダミネ・リラタ」のみに「挑発」を持たせるのもありです。参考に挙げた動画でもターンが経過すると攻撃力が大幅に上昇するマザーの脚相手にはそうしてます。)
    残りの枠はできるだけダメージを抑えるため攻撃デバフ系のメモリーがお勧めです。できれば花騎士のアビリティ合算で50%は積みたいです。なければ攻撃バフやダメバフ系のフラワーメモリーで火力を高めるのが良いと思います。

    『FLOWER KNIGHT GIRL』
    Copyright c since 1998 DMM All Rights Reserved.


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。