• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2023/11/30
      【12万字・記事13本詰め合わせセット】鈴木千裕、斎藤裕、北岡悟、長井満也、朝倉未来KO…
    • 2023/12/01
      弥益ドミネーター聡志の減速主義!
    • 2023/12/01
      塩村文夏の「プロレス芸」はなぜここまで燃えたのか
    • 2023/12/01
      1記事から購入できる11月記事バックナンバー

    PRIDEからRIZINまで! 選手の名前をコールし続けた男・太田真一郎

    2023-11-27 12:144
    200pt
    48851a5565e616f74855498a062cd98438a1984a
    PRIDEからRIZINまで! 選手の名前をコールし続けた男太田真一郎さんの17000字インタビューです!(聞き手/松下ミワ)


    【1記事120円から購入できるバックナンバー】

    レスリングを20年間、撮り続けきたカメラマン――保高幸子インタビュー





    ――
    今日は、太田さんの取材で青二プロダクションのオフィスに来ているんですが、さっそく打ち合わせ室にTHE MATCHの記念Yogiboが置いてあります(笑)。

    太田 そうなんですよ。THE MATCHのようなビッグイベントに立ち会えた記念として買っておこうと思いまして。勝利した選手がもらえるのは「THE MATCH」のところが全部刺繍なんですけどね。これ、自分の家にも一個置いてあります。

    ――
    ということは、ふたつ買ったんですか!?

    池田マネジャー(以下、池田) ここに置いてあるのは、太田がボクに買ってくれたんですよ。せっかくだから会社に置いておこうと思って。

    ――
    いずれにしても筋金入りのマニアですね!

    太田
     いやいや、筋金入りと言うほどまったくアレなんですけど。でも、ボクはDropkickの会員です。

    ――そうだったんですか(笑)。ありがとうございます!

    太田
     全部を楽しく理解しながら読むほど、格闘技・プロレスも含めて詳しいわけではないんですけども。

    ――
    とはいえ、太田さんは格闘技・プロレス業界にはかなり関わりが長いですよね。

    太田
     長いですねえ。2000年のPRIDE GP開幕戦からなので、年数だけ言ったら23年間、リングアナウンサーをやらせていただいてます。

    ――
    23年もやっている方ってなかなかいないですよ。

    池田 当時はレニー(・ハート)さんと一緒にスタートしたんだっけ?

    太田
     いや、ボクが開幕戦で、レニーさんが決勝戦からじゃない? だって、開幕戦のときはまだ前の方がいた気がするから。

    ――さすが詳しい(笑)。というか、レニーさんの前の方がいたんですね。

    池田
     いました、いました。じつは、ボクはPRIDE.1から関わっていて。というのも、以前はUインターでフロントスタッフをやっていた人間なんですよ。

    ――
    えっ! そうなんですか?

    池田
     で、当時Uインターには小野坂昌也と吉水孝宏と石川英郎という青二の声優がリングアナで来ていたんですけど、その後、ボクが青二に転職して、それでPRIDE.1が開催されるとなったときに、ちょうどブッカーK(川崎浩市)さんが「池ちゃん、青二に移ったんだからリングアナをブッキングしてよ」と。それで小野坂昌也をブッキングしたんです。

    ――
    なるほど。だからそんなに詳細に。

    池田 だから、PRIDE.1とPRIDE.2を小野坂がやって、PRIDE.3をUインター時代に最後にやっていた吉水がやったんですよね。ちなみに、PRIDE.4からはたしかウチの服部潤という、いまトップナレーターのひとりとして活躍しているのが……ええっと、サクちゃん(桜庭和志)とホイラー・グレイシーの試合っていつでしたっけ?

    ――PRIDE.8ですね。

    池田 そこまでは服部さん確実にやってるはずですね。

    太田
     服部さんはね、ボクが参加しはじめた開幕戦までいたんですよ。だって、ボクはそのときリング周りのアナウンスはやってないから。リング上のコールだけしてくれればいいと言われて、「あとは?」と聞いたら「何もしなくていい」という感じだったから。

    池田 そうか。で、英語のアナウンスは、たしか最初はローリングストーンズのファンクラブの会長をやってたマイク越谷という方でした。

    ――
    凄い情報が続々と(笑)。

    池田 「ヒクソ~ン・グレイシ~」みたいなちょっと味のある男性で。そのあとにも日本人のバイリンガルの方がやるんだけど、今後PRIDEは海外に向けても放送していくから英語ネイティブの人がいいということでレニーさんに決まったんですよね。当時、まだ彼女は青二の所属じゃなくてフリーランスでやってたんだけど。だから、ボクは太田さんは同じタイミングだったと思ってたけど、違ったんだね。

    太田 ボクの記憶では、レニーさんはGP決勝戦からだったような気がする。

    池田 いやあ、だいぶ記憶が遠くなっちゃったなあ。

    ――
    いずれにしても、PRIDEのコール関係は代々、青二プロダクション所属の方がやってらっしゃったということなんですね。

    池田 PRIDE.1からずっとそうですね。レニーもいつの間にかうちに所属になりましたし。

    ――
    そんな中でも、長年担当されてる太田さんは、そもそも声の仕事をしようと思ったのはいつぐらいからだったんですか?

    太田
     最初は中学生の頃ですね。中学のときに学習塾で仲良くなった別の学校の友達がいたんですけど、高校になってからその子とラジオドラマみたいなのをつくるようになったんです。その場のアドリブで友達にセリフを言って、それに対してセリフが返ってきてという。アドリブで物語をつくるという遊びをやっていて、友達が音楽を入れて編集してくれていたんですけど、それがきっかけでこういう世界の仕事に興味を持ちました。

    ――
    へえ~、面白いですね。

    太田
     で、高校卒業のときに、NHKの何かの番組で青二の養成所のことが紹介されていて。それで「ここに行こう」と思って入って、いつの間にかいまに至るということです。

    ――それまでって、なんかこう自分の声が人と違うなという認識ってあったんですか?

    太田
     もう全然。まったくないです。とくにちっちゃい頃、ボクは「か行」が言えなかったんですよ。というか「か」は言えたんですけど、たまにちっちゃい子供にいるんですけど、「き」というのをしっかり言おうとして、ちょっと空気が漏れちゃうような「き」の言い方になっちゃう子がいて、「あー、ボクもそうだったなー」という。そのぐらい全然言えなかったですね。ただ、よくしゃべる子ではあったみたいで。それは、何かを読んだりとかじゃなく、ただおしゃべりだっただけという感じでしたけど。

    ――
    それで養成所に入って声の勉強をして。

    太田
     ウチは東京校と大阪校があるんですけど、東京校で1年間やって。で、まあオーディションというんですか? 養成所から事務所に所属するための査定があって、それに受かって青二に入所ということになりました。

    ――
    そんな太田さんの最初の印象って、個人的に『料理の鉄人』のイメージが凄く強くて。

    太田
     ああ~、ありがたいですねえ。もう、それはすっかり言われなくなりました(笑)。若いスタッフだと『料理の鉄人』という番組があったこと自体も知らない世代の人が多いので。でも、2000年の会社の新年会のときに、池田から「太田さん、リングアナやりませんか?」と自衛隊の勧誘のように言われて。

    ――
    自衛隊の勧誘(笑)。

    太田
     よくわからないんだけど「やってみる」と。それでまあ動いたんですけど、そのときにやっぱり『料理の鉄人』をやっているということが、選ばれた中の理由として大きかったという話でしたよね?
    池田 ボクが榊原(信行)さんや加藤(浩之)さんに「太田っていいなと思ってるんですよ。『料理の鉄人』にも出てまして」みたいな感じで、『料理の鉄人』のVを持っていったんですよね。それでふたりとも「いいんじゃない?」と。だから『料理の鉄人』が凄くいいプレゼン材料になったとは思います。「あの声の人か」とすぐにわかるじゃないですか。「『福井さん! 福井さん!』のあの声の人ね」みたいな。

    太田
     おかげで、リングアナになれました(笑)。

    ――
    その『料理の鉄人』は現場からのリポートというか、アドリブでしゃべる感じですよね?

    太田
     いや、アドリブはほとんどないですね。じつは、あの横に作家さんがいるんですよ。で、もちろんその作家さんの想像でもなくて、鉄人側と挑戦者側にADさんがついていて、「いま、何を入れたんですか?」とそれぞれ本人に聞くんです。そのときに、たとえば鉄人・坂井(宏行)さんが「うるせーなー」と言って何も答えてくれなかったときは、そういうふうに言われたという情報が作家さんのところに来て、バーっと原稿を書いて「これ言って」と。だから、ボクのアドリブとなると、その情報を言うタイミングだけですね。

    ――
    そうだったんですね!

    太田
     だから、ボクは「いまだと、まだこの情報を言うのはまだ早いな」とか。福井(謙二・フジテレビアナウンサー)さんと服部(幸應・料理評論家)さんがその話題に触れたときに入れようかなみたいな。

    ――
    それを、あのライブ感の中でやっていたなんて……。

    太田
     だから怒られてましたよ。ADさんに「いま、この情報言えって言ってます! 言ってます!」と。でも、自分の中では「まだ言えない、まだ早い」と思って言わなかったら、ADさんのヘッドホンに「言えーー!!」というディレクターの怒号が届いたり(苦笑)。まあ、ボクはヘッドホンはしてないのでそれは食らってないんですけど、そこには戦いがありましたね。

    ――
    そんな過激な仕事がプレゼンとなってPRIDEにつながったんですね。最初の格闘技に関わることについてはどういう気持ちだったんですか?

    太田
     あのー、こんなこと言っちゃうとアレなんですけど、ボク格闘技に微塵も興味がない人間だったんですよ。

    ――
    そうだったんですか(笑)。

    太田
     「微塵も」と言うとちょっと語弊がありますけど、怖かったんですよね。痛いじゃないですか。当時は格闘技というより、プロレスのイメージだったと思うんですけど、なんか痛そうで。タイガーマスクかなんかは「カッコいいなあ」と思ったことはありましたけど、やっぱり血が出る、悲鳴を上げているというので、あんまりいい印象はなかったです。とくに、自分の近くに格闘技・プロレスというのがなかったので、声をかけられたときは何のことかわからなかったというのが正直なところですね。まあでも、せっかくの縁なので「やります」という返事はしました。

    池田 当時も「格闘技とかわかってないけど大丈夫なのかな?」と言ってましたよね。だからボクが「大丈夫です!」とあと押しして(笑)。

    太田
     最初、現場ではリング上でのコールだけやればいいよという話だったので、「それなら、よかった」と。

    ――
    当時は、どうコールしようかというのは何かイメージはあったんですか?

    太田
     最初に服部さんがやっていたのを聞いて、「こんなテンポで、こんなふうに言うんだな」というのはだいたい。あとは、リングアナってイメージはプロレスや格闘技を知らなくても、「青コ~ナ~」みたいな昔ながらのイメージもあったので。そのふたつをすり合わせてやってみたということだと思うんですけど、いかんせん、もう23年前の記憶なので(苦笑)。

    ――
    最初のコールってどの試合だったか覚えてます?

    太田
     それが、覚えてないんですよねえ。ただ、2000年のPRIDE GP開幕戦と決勝戦は両方とも東京ドームでの開催だったんですけど、リングがあって、アリーナにお客さんもいて、そのアリーナからちょっと入れるところにトイレがあるんですけど、トイレで用を足していたら「お兄ちゃん、さっきのガイ・メッツァーのコールよかったで!」と言われたという記憶だけは残ってます(笑)。

    ・リハーサルは朝8時から!
    ・「ボブチャンチン」のコールは難しかった
    ・高田延彦のいい話
    ・PRIDEとRIZINの違い……17000字インタビューは会員ページへ

    いま入会すれば読める11月更新記事

    ・RIZINフェザー級チャンピオン・鈴木千裕13000字インタビュー
    ・RIZINアゼルバイジャンに見えた「PRIDE.1」■笹原圭一
    ・平本蓮、井上直樹、佐々木憂流迦、神龍誠のこれから■シュウ・ヒラタ
    斎藤裕「クレベルに勝てば、ケラモフ戦のラインに……」
    北岡悟 「格闘家と結婚」インタビュー
    ・朝倉未来と島田紳助……続々更新!
     
  • 日本の女子プロレス文化のアメリカ的解釈『Sukeban』と『Kitsune』■斎藤文彦INTERVIEWS

    2023-11-24 23:173
    200pt
    c7d8ecc9c3965b72f0d6682d0948245b904775e7
    80年代からコラムやインタビューなどを通して、アメリカのプロレスの風景を伝えてきてくれたフミ・サイトーことコラムニスト
    斎藤文彦氏の連載「斎藤文彦INTERVIEWS」。マット界が誇るスーパースターや名勝負、事件の背景を探ることで、プロレスの見方を深めていきます! 
    今回のテーマは
    日本の女子プロレス文化のアメリカ的解釈『Sukeban』と『Kitsune』です!
     


    Dropkick「斎藤文彦INTERVIEWS」バックナンバー

    ■2010年代を駆け抜けたスーパースター、ブレイ・ワイアット



    ――
    斎藤文彦さんのインタビュー連載。今回のテーマは……。

    フミ 日本の女子プロレス、というよりはジャパニーズ女子プロレス文化のアメリカ的な解釈といったほうがより正確かもしれない。『Sukeban』と『Kitsune』という2グループがアメリカでほぼ同時に旗揚げしました。いずれも日本人の女子レスラーの試合をフィーチャーしている。団体と定義していいのかどうかは現段階ではまだわからないけれど。

    ――
    まず『Sukeban』や『Kitsune』という団体名がすごいですよね。

    フミ いかにもアメリカ人が考えるところのカッコいい日本語の単語なのでしょう。

    ――
    アメリカで「スケバン」や「キツネ」の意味は通じているんですか?

    フミ まだ、英語化はされていない単語、というかコンセプトなのでしょう。「Sushi」や「Tempura」、「Sukiyaki」など食べ物は日本語がそのまま英語化しているし、古典的な単語では「Fujiyama」「Geisha」「Kamikaze」など最初は意味が伝わりにくかったものも、そのまま英語化されて定着していった。最近でいちばん広まった日本語の単語は「カラオケ」ですよね。アメリカ人の発音は「カラオーキ」ですが。『スケバン刑事』というTVドラマがヒットしたのは40年ほど前ですが、日本語的には死後に近いですよね。だれがそのスケバンという単語を発掘したのかはわかりませんが、「カッコいい!」と思っちゃったアメリカ人がいたということでしょう。

    ――
    『Sukeban』からスケバン刑事のヨーヨーまでたどり着いてほしいですね(笑)。日本ではもはや死語になってるところがまたいいというか。

    279c525d095e3dac133ccbe6a3464c989a663775

    フミ ただ、ロスト・イン・トランスレーションと言って、翻訳したつもりなんだけれど、どこか微妙にニュアンスが異なるものがある程度の誤解・曲解を含んだまま外来語として定着することもあるんですね。『Sukeban』のプレスリリースには、スケバンという概念は60年代から70年代の日本におけるフェミニズムの発展に貢献した……とデタラメなことが書いてあった。

    ――
    トンデモすぎますよ!(笑)。

    フミ また、日本のJoshi女子プロレスは「マーシャルアーツだ」とも書いてある。

    ――
    たしかに全女はマーシャルアーツとはいえますけどね……。

    フミ このあたりもまたアメリカのマニア層が日本の女子プロレスをどうとらえているか、というヒントにはなりますね。日本語、日本人名がすでに英語化して定着している例では「エンズイギリ」「フジワラ・アームバー(脇固め)」「アサイ・ムーンサルト(ラ・ケブラーダ)」「サイトー・スープレックス(ひねりの利いたバックドロップ)」などがあり、WWEの実況アナウンサーもこの表現を用いています。

    ――
    「キツネ」はどういうニュアンスなんですか?

    フミ 「キツネ」は英語でフォックスですが、すごくかわいい女の子をフォックスと形容するスラングがある。ジミー・ヘンドリックスの代表曲のひとつに「フォクシー・レディ」というタイトルの曲がある。そのフォックスを日本語でなんというのかといったら『Kitsune』だったのでしょう。いったん整理すると『Sukeban』と『Kitsune』はアメリカが日本スタイルの女子プロレスをアメリカに輸入、導入したもの、アメリカ人がイメージするところのジャパニーズJoshiプロレスをアメリカ市場、英語圏で展開しようという試みといえます。

    d7b27495ab83506b1da584c11c0cf117c5b44382

    ――
    しかし、同時期に似たような団体がスタートするって面白いですよね。

    フミ 『Sukeban』がニューヨーク、『Kitsune』がロサンゼルスだから、東海岸と西海岸の大都会でよく似たコンセプトの日本式の女子プロレスが同時にスタートを切ったわけです。WWEではウィメンズ・ディビジョンという名称になっていますが、現在のWWE首脳部は男子部門と女子部門の選手数が半々くらいになってもいいと考えているらしいんです。90年代のWWEではアランドラ・ブレイズvsブル中野の1試合だけが男子の試合にサンドウィッチされてポツンと入っていたわけですが、あの時代と比べればウィメンズ・デビジョンの選手数は確実に増えているし、第3ブランドNXTは女子部門の選手のほうが多いようなイメージもあります。実際、フロリダ州オーランドのパフォーマンスセンターの練習生の数は男女半々ぐらいになっている。ウィメンズ・デビジョンは、そのステータスもニーズも商品価値も飛躍的に上がっていることはたしかなんです。女子プロレスだけの団体というと、いままでアメリカでは何団体か旗揚げしたことがあったけれど、いずれもそんなに長くは続かなかったんですね。

    ――『Sukeban』と『Kitsune』はどこが運営してるんですかね?

    フミ それがいわゆるプロレス畑の人たちではないんです。『Sukeban』のほうは、日本の「Kawaii(かわいい)」カルチャー、秋葉原カルチャー、中野ブロードウェイ・カルチャー、地下アイドルのコンセプト、それからアメリカ人が大好きなジャパニーズアニメの要素を基本コンセプトにしている。オープニングや試合カード紹介のグラフィックも日本っぽいアニメだったりする。番組の進行・構成そのものは連続ドラマっぽくしてあって、画面全体がやや暗めで、ちょっと前の『ルチャアンダーグラウンド』に近い感じですね。

    ――
    ルチャをコンセプトにした連続ドラマ的プロレス。それの日本女子プロバージョンということですね。

    フミ 所属選手をそろえて、ツアーを組んでハウスショーをまわっていく形態の団体になるとはちょっと考えにくい。日本からまとまった数の選手たちをアメリカに呼んで、映像(番組)をタメ撮りして、シーズンいくつのエピソードいくつという具合に番組を制作して、ネット上で配信していく。これがこれからのプロレス団体の新しいかたちになるのかもしれない。『Sukeban』は9月21日にニューヨークで第1回のTVテーピングを開催して旗揚げしました。いっぽう『Kitsune』は10月22日にLAで旗揚げ。どちらもキーパーソンはウナギ・サヤカなんです。

    ――
    ウナギ・サヤカはどっちでも主役級の扱いですね。<続きは会員ページへ>

     
  • 朝倉未来と島田紳助

    2023-11-22 10:336
    200pt
    ジャン斉藤が語る朝倉未来vsYA-MANについて(ニコ生配信したものを再編集した記事です)


    オープンフィンガーグローブのキックルールで行なわれた朝倉未来vsYA-MANは衝撃的な幕切れでした。YA-MANが1ラウンドKO勝ち。完敗を喫した朝倉未来は試合後に引退を表明。その後、引退は撤回しましたが、格闘技界に大きなショックを与えました。


    先日のガヌーvsタイソン・フィリーのボクシングマッチのテキストでも触れましたが、異種格闘技戦って必ず試合前に茶番扱いされるんです。でも、ハマったときの爆発力が凄まじい。「なんでそんな試合をやるの?」と批判されながらもプロモーターや選手がついつい異種格闘技戦に手を出してしまう妖しい魅力が秘められている。だから試合前に「予定調和」がどうとか論じることは控えたほうがいいって、声をしゃがらせながら言いたいんですよ!(笑)。

    おぼえてるかどうはわからないですが、ボクが天心vsメイウェザーは「真剣勝負でやる」と主張したら、みんなから「やるわけねえだろバーカ!」って感じでめちゃくちゃ叩かれたんですよね。結果は凍りつくほどの真剣勝負でしたけど、ボクに謝ってきた人は誰1人いない!! これぞツイッター(現X)!!

    たしかにスーパーファイトやエキシビションは全盛期を越えたレジェンド同士だと予定調和的なものになりがちです。だって彼らにはもう体力とプライドが残っていないから。でも、引退状態のメイウェザーはともかくとして、あの頃の那須川天心がそんな茶番に乗ったら将来と信頼を失うし、今回のYA-MANと朝倉未来の2人も「やっぱりねー」みたいな予定調和なファイトで済まそうとするわけがない。異種格闘技戦という設定は基本的に無理があるので「やる必要がない」という意識から茶番扱いしたくなるのはよくわかるんですが、数多くのファイターの人生を変えたり、歴史に刻まれている試合もあることを思い出してほしいんです。

    那須川天心もメイウェザーにはやられちゃいましたが、あの試合を機に武尊との知名度が逆転したことで、世紀の祭典THE MATCH開催へと繋がっていった。堀口恭司の求心力がさらに増したのも那須川天心とのキックルールです。あのときはほとんどのMMAファンが堀口恭司の決断に大反対したんですよ。それは堀口恭司はキック初挑戦で生贄になる可能性があったから。「ルールが違うから負けても関係ない」ではない。関係のない試合に出て負けるから汚れた感じが出ちゃうのが異種格闘技戦。旧K-1の幻想が削れていったひとつには、K-1ファイターが流行りに乗ってMMAに出てあっけなく敗れことでした。レジェンドのピーター・アーツが大山峻護に足関を極められて秒殺負けした姿は「ルールが違うから」では済まなかった。朝倉未来ファンがこの敗戦が割り切れないのはそこです。<会員ページへ続く>

    いま入会すれば読める11月更新記事

    ・RIZINフェザー級チャンピオン・鈴木千裕13000字インタビュー
    ・RIZINアゼルバイジャンに見えた「PRIDE.1」■笹原圭一
    ・平本蓮、井上直樹、佐々木憂流迦、神龍誠のこれから■シュウ・ヒラタ
    斎藤裕「クレベルに勝てば、ケラモフ戦のラインに……」
    北岡悟 「格闘家と結婚」インタビュー……続々更新!

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/202311