• このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 次回配信予定
    • 2022/09/30
      【12万字・記事14本詰め合わせセット】メイウェザー、木下憂朔、チャーリー柏木、天龍夫人、ファンキー加藤……
    • 2022/10/01
      1記事から購入できる9月記事バックナンバー
    • 2022/10/01
      西川大和のことをよく知るための“半年前”のインタビュー
    • 2022/10/01
      日本人史上最年少でUFCと契約! 西川大和インタビュー「ステージが変わるだけ」
    • 2022/10/01
      「メイウェザーvs朝倉未来は素晴らしかった」とRIZIN広報・笹原圭一さんが言ってました

    続・「ボクが夢見た“グレート・ムトー”2月の東京ドーム」

    2022-09-24 18:334
    150pt
    この記事は「ボクが夢見た“グレート・ムトー”2月の東京ドーム」完全版を語ったDropkickニコ生配信を記事にしたものですが、原型を留めていないどころか、インタビュー形式となっています(語り:ジャン斉藤)


    【1記事¥110から購入できるバックナンバー】

    格闘家・石渡伸太郎の奥様は小料理屋の美人女将だった!





    ――
    Dropkickにアップされた「ボクが夢見た“グレート・ムトー”2月の東京ドーム」はけっこう削ってあの分量なんですよね。

    ・【無料公開】ボクが夢見た“グレート・ムトー”2月の東京ドーム/ジャン斉藤


    斉藤
     冗長気味だから大幅にカットしたんです。武藤敬司を通してアルティメット・ウォリアーやレックス・ルーガーの日本での評価が低すぎることについても書いたんですけど、本筋とは関係なくなったので。

    ――たしかに関係ない(笑)。

    斉藤
     あの原稿のテーマのひとつには「武藤敬司がもっと早く新日本プロレスのトップに立っていたら、日本のプロレスは変わっていたんじゃないか」っていうものがあって。プロレス少年時代のボクは武藤エース体制を強く望んでいたんですけど、早くエースにならずとも充分にプロレスを変えましたよね。ストロングスタイルやUWFの思想が先鋭化しすぎたことで娯楽性が失われた日本のプロレス界に、アメプロを根付かせて“楽しさ”を取り戻したのは武藤敬司の力だと思ってるんですよ。

    ――
    徹底してUWFの試合そのものは面白くなかったと言い続けてますね。

    斉藤
     アルティメット・ウォリアーとUWFの試合、どっちが面白いか渋谷で街頭アンケートしたらアルティメット・ウォリアーが圧勝しますよ!UWFって思想や運動体としての面白さですから。

    ――
    たしかに武藤敬司がWCWから帰ってきてからプロレスが盛り返したんですよね。

    斉藤
     もし一気に武藤エース体制が確立されていたら、それはそれで反発があって「ストロングスタイルが薄い」とか批判されていたかもしれない。あの速度でよかったのかなといまなら思います。その頃は熱狂的な武藤ファンだから気が付かなかっただけで、群像劇にしたほうが面白いんですよね。それに90年代は大エースが成立しにくい時代になった。全日本プロレスも80年代後半から群像劇モードになっていたし、怪物・ジャンボ鶴田が三沢光晴に敗れた試合は決定的ですね。

    ――四天王プロレスに向かっていきますね。

    斉藤
     四天王のプロレスですから文字どおり群像劇。90年代・新日本は闘魂三銃士にベイダー、ビガロ、スコット・ノートン、長州力に藤波辰爾、馳浩に佐々木健介までいる豪華ラインナップ。武藤単独エース体制にする必要はないし、蝶野正洋の第1回G1クライマックス優勝がとくに効いてますよね。いちばん後ろにいた蝶野が駆け上がったことで序列が一気にわからなくなった。あそこで蝶野優勝をひらめくセンスはすばらしいですよ。

    ――でも武藤ファンとしてはあの結果に納得いかなかったんですよね。<会員ページへ続く>
     
  • CMパンクとヤング・バックスが控室で殴り合い!? AEWの内紛とは何か/中山貴博

    2022-09-23 09:443
    150pt
    アメリカのインディプロレスの“現在”を伝える連載! アメリカインディープロレス専門通販「フリーバーズ」(https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds)を営む中山貴博氏が知られざるエピソードを紹介していきます! 今回はインタビュー形式でAEW内紛「CMパンクの乱」をお送りします!(9月11日に配信されたものを再構成してます)





    ――
    今日は中山さんにAEWで起きている内紛「CMパンクの乱」についてお聞きします。

    中山 フリーバーズの中山です。よろしくお願いします。

    ――アメリカでは大変な騒ぎになってるんですよね。

    中山 今週の初めから大騒ぎですね。トップレスラー同士のケンカ騒ぎということで。

    ――この事件が起きる前からAWEの雲行きがちょっと怪しいところはありましたよね。

    中山 この前もDropkickの記事で書かせてもらったんですけども、バックステージでレスラーたちの不満があるとかで、緊急ミーティングが開かれたんですけども。その数日後にこういう事件が起こってしまったんです。

    ――緊急ミーティングが開かれたあとに(笑)。今回の騒動の主役というか主犯はCMパンクなんですよね。

    中山 CMパンクですね。何が起きたかというと、9月4日のAEW特番『ALL OUT』終了後に記者会見がありまして。AEWは特番大会後のメディア記者会見は恒例なんですけども。そこでCMパンクがヤング・バックスら副社長に対して不満をぶち上げたんです。その後、ヤング・バックスと控室で乱闘騒ぎになってしまいました。

    ――日本やアメリカのプロレスでは、いわゆる体制批判はよくあることですよね。

    中山 そうですね。とくにCMパンクは「反逆のカリスマ」なんて言われてますし、WWEのときも体制批判で名を上げた選手ですし。

    ――ところが今回は一線を越えてしまったんですね。

    中山 そうですね。きっかけはアダム・ペイジです。5月の『ダブル・オア・ナッシング』の特番でパンクとやって負けた選手、元AEWのチャンピオン。アダム・ペイジがそのときのプロモーションで、CMパンクの気に障ることを言っちゃったんです。そのことをずっとパンクは根に持っていたんです。アダム・ペイジが何を言ったかというと、CMパンクに対して「アンタは働く者の権利云々と偉そうなことを言っていたけども、AEWではそれと正反対のことをやってるな」と。これはどういう意味かというと、コルト・カバナという選手がAEWにいるんですけども。もともとはCMパンクと大親友だったんです。でも、2人は仲違いしてしまいまして、CMパンクが「コルト・カバナをテレビに出すな」とか「試合に使うな」とか圧力をかけたんじゃないかっていうことを、アダム・ペイジは暗に匂わせたわけですね。

    ――ちなみにコルト・カバナはCMパンクがAEWに来る前からいるんですよね。

    中山 AEW初期の頃からずっと働いています。

    ――CMパンクがAEWに来てから、実際にコルト・カバナの出番は減ってるんですか?

    中山 コルト・カバナはテレビの試合に出ることは少なくて、YouTubeでやってるダークマッチに出てるんですけれども。CMパンクがコルト・カバナを排除したという噂が流れていたんです。アダム・ペイジが匂わせたことで、CMパンクがカチンときてしまった。コルト・カバナの名前を出すことがパンクにとってはタブー、禁句なんですね。

    ――親友だった2人はなぜ決裂してしまったんですか?

    中山 デビュー当時の大親友がなぜ揉めたかといえば、パンクがWWEをやめたあと、カバナのポッドキャストで、パンクがWWEに在籍したときに適切な医療処置をしなかったということで、WWEの専属医師クリストファー・アマン医師を猛烈に批判したんです。するとアマン医師が2人を名誉棄損で訴えたんですけども、パンクとカバナが勝訴。でも今度はカバナが「パンクは俺の弁護士費用も負担すると言ってたのに、払わなかった」ということで仲間割れ。カバナがパンクのことを120万ドルの賠償を求めて訴えるんです。

    ――それで絶縁ですか……。

    中山 その裁判自体は決着ついたかどうだかわからないです。パンクとしてはもうカバナの名前を聞くのも見るのもイヤになってしまったんですね。

    ――そういう危険な関係であることをみんな知ってるからこそ、何かCMパンクが圧力をかけてるという噂が流れやすいんでしょうね。

    中山 それでパンクいわく「その噂を流したのがAEW副社長だ」と。その副社長というのは、ヤング・バックスとケニー・オメガですよね。ただ、記者会見では名前は出さないんです。「副社長と呼ばれている無責任な連中たちが噂を流した」と。

    7df56f26eaf9d257cf6f7720edbb49c50c731d2d

    ――それって確証あるんですかね。

    中山 これも噂ですけれども、ヤング・バックスはメディアにそういう話をリークするようなことはいままでもしてきたと。たとえば新日本プロレスのバックステージの話がレスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーに伝わっていたりする。デイブ・メルツァーはその場にいないから、知ってるわけないじゃないですか。誰かがメルツァーに教えていたわけですよね。

    ――面白いのはAEW設立やコロナで外国人が来れなくなったりしてから、アメリカメディアの新日本のバックステージレポートは薄くなってるんですよね(笑)。

    中山 それはやっぱり外国人レスラーが教えていたということなんでしょうね。今回のCMパンクは名前を出さないで無責任な副社長だと言うんですよ。ここがまたCMパンクらしいんですけれども「レシーダにいる奴だ」って言うんですね。レシーダというのはカリフォルニア州レシーダという地名です。レシーダは昔、プロレスリング・ゲリラ(PWG)があった場所なんです。ヤング・バックスはPWGで活躍していた。プロレスを知ってる人がいれば「レシーダ=ヤング・バックス」ってすぐわかっちゃうんです。

    ――ヤング・バックスも「俺らのこと言ってんのね」ってなるわけですね。<会員ページへ続く> 
  • MMAシーン縦横無尽16000字!! シュウ・ヒラタのMMAマシンガントーク

    2022-09-21 18:357
    180pt
    多くのMMAファイターをマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が北米MMAシーンを縦横無尽に語りまくるコーナー。(この記事は9月4日にニコ生配信されたものを編集したものです)


    【1記事100円から購入できる過去記事】

    LFAだけが「UFCの登竜門」なんかじゃない

    ・平本蓮とRIZINの契約、井上直樹vs瀧澤謙太、PFLとベアナックルは美味しい?



    ――
    今日は月に1度のお楽しみ、シュウ・ヒラタさんのマシンガントークということで、シュウさんを今月もよろしくお願いいたします。

    シュウ よろしくお願いします!

    ――まずはなんといってもシュウさんがマネジメントする木下憂朔選手のダナ・ホワイト・コンテンダーシリーズ勝利、そしてUFCの契約ゲットおめでとうございます!

    シュウ これは本当に木下選手が頑張った結果ですよね。コンテンダーシリーズに初めて日本人が出て、しかも勝って契約が取れたことは日本の格闘技界にとってすごく大きいと思うんですよ。木下選手本人も言ってたように、これから同じの道を目指そうという選手が出てくれればいいなと思ってるんですけども。

    ――このタイミングでコンテンダーシリーズに入れ込めたのは運もありますね。そこはシュウさんの交渉術も大きかったんでしょうけど。


    シュウ 今シーズンのコンテンダーシリーズは10 週にわたって開催されますが、木下選手が試合をした大会には10人出て、そのうちの8人がアメリカ人じゃないんですよ。ロシアやブラジルの選手が出てる。コンテンダーシリーズは2~3年ぐらい前から国際化してたんですけど、UFCってヘタしたら選手の20パーセントぐらいがコンテンダーシリーズ上がりになってるんですよね。

    ――本戦契約はまれになっているわけですね。

    シュウ たとえば14勝無敗とか、昔だったら本戦契約できた選手が普通にコンテンダーシリーズに出てるのが現実ですね。

    ――8週目のコンテンダーズ出場10選手のプロフィールを眺めていたら合計84勝7敗。10人でたったの7敗ですからねぇ。修羅の国入国前の修羅の門が厳しすぎますよ!

    シュウ こういうと語弊があるかもしれませんが、ある意味で業界ナンバー2の実力を誇ってるのは、もしかしたらコンテンダーシリーズかもしれないですよね。1試合契約ですから、負けてもすぐにカムバックロードに繋がる試合を探すこともできますから、選手も契約的に出やすいんですよね。

    ――あとドラマ性も惹かれますよね。ローカルでは無双戦績の30歳前後の選手が人生を懸けて戦うわけですから。このチャンスを逃したら、もう……という。

    シュウ 本来ならば10戦ぐらいの若い選手の発掘が目当ての企画だったじゃないですか。今回の木下選手が出た回には、32歳の選手がいて。ダナ・ホワイトが「32歳の選手なんて本当は探してないけど……」って前置きしながら契約した。若くない選手でもチャンスが与えられる舞台にもなってるわけですよね。完全なファームシステムであり、入団テストみたいなもんです。
     これは前にも言いましたが、コンテンダーシリーズは本戦と差を付けるんで、ホテルのグレードも悪くて、UFCエイペックスにあるオクタゴンも見せてもらえない。たとえば日本だと試合前にケージチェックやリングチェックがあるじゃないですか。

    ――UFCはメインクラスの選手が大会中に会場入りするからケージチェックはしないんですよね。

    シュウ はい。でもコンテンダーシリーズは第1試合から全員集合して会場入りして控室で待機してますから、チェックさせてあげてもいいはずですよね。なにしろUFCのオクタゴンを初めて触るわけですから。でも、いきなり入って試合をやれってことなんですよ。で、オクタゴンのケージってじつは2つサイズがあるんですね。フルサイズケージとセミサイズケージ。試合をするエイペックスのケージはセミサイズになんです。だから木下選手からしたら「思ったよりちっちゃいな」と思うかもしれない。あとUFCのケージってそんなに高さはないんで「あれ、低いね」と思うんです。そういうところで変に慌ててほしくなかったから、試合1ヵ月前に撮影だけのためにラスベガスに呼ばれたときに延泊してもらって、UFC PIで練習してもらったんです。あそこにはフルサイズとセミサイズのケージが置いてあるから、ケージの感覚をつかんでもらいかったんです。

    ――そのへんの配慮もマネジメントの仕事なんですねぇ。

    シュウ ただ自分で手配したこと自体を忘れちゃって、試合後に木下選手に「どうだった? 初めてケージに入ってみて?」なんて質問しちゃって「シュウさん、PIで入りましたよ」って言われたんですけど(笑)。

    ――KOじゃなきゃ契約できないかも……というプレッシャーはあったんですか?

    シュウ いや、そんなことはないですよね。だって過去にはKOしても契約できなかった選手もいますし、負けても契約できた選手もいましたから。ダナやマッチメイカーのショーン・シェルビー、ミック・メイナードがよくに口にするのは「キラー」という言葉。UFCが求めたり、探してるのはキラーな選手なんですよ。

    ――キラーって何を指してるんですか? 

    シュウ どういう意味かというと、工藤諒司選手がPFLで戦ったイギリスのブレンダン・ラウネーン選手がいます。彼はコンテンダーシリーズに出て勝ったんですけども、契約できなかったんです。それはなぜか。3ラウンド最後の1分を切った時点で、テイクダウンを仕掛けて安全策を取った。そこが評価されなかったんですよ。実際にあれがダメだってダナやショーンに言われてました。それがUFCの評価なんですよ。最後の30秒だったらテイクダウンにいかないで、最後の最後までフィニッシュを狙うか、アゴを引いて、おでこでパンチを受ける覚悟で打ち合わないといけないんですよ。それがキラーなんです。

    ――日本にもプロレス格闘用語に「殺し」という言葉があるんですけど(笑)。やるか、やられるかの緊張感って伝わりますよね。コンテンダーシリーズのレベルだと勝つだけでも大変ではありますけど……。

    シュウ 木下選手も試合後に言ったんですけども「いままでやった選手の中でいちばん強かった。ぶっちゃけ少しナメいてた」と。過去の試合映像を見た感じだと、そんなに強く感じないし、打撃もちょっとヘタくそだなと思ったらしいんですけども。実際に戦ったら強い。
     木下選手はパンクラスのランキング1位で、もしかしたらチャンピオンになるかもしれない位置にいたわけですよね。その選手が「いままで一番強い相手だった」ということは、少なくともコンテンダーシリーズで契約を取れるかどうかのギリギリは、パンクラス、DEEP、修斗の中量級チャンピオンレベルなんですよ。

    ――正直、日本人ウェルター級であの選手に勝てる選手はそんなにいないですよねぇ。

    シュウ そうですよね。ボクは勝ったときこそ選手に水を差すのが役目だと思ってるから、木下くんには「悪いけど、今日勝ったのは最低レベルの選手と思ったほうがいいよ」って伝えました。これからはもっと強い相手との試合がずっと続く。右も左も上も下も強豪ばかり。茨の道が始まるってことですから。だって次の対戦相手は木下くんのことをガンガン研究してくるんですよ。ということは弱点狙いに対抗しなくちゃいけない。たとえばバスケや野球の世界でも、毎シーズンごとに何かしら新しい武器を備えてくるじゃないですか。大谷翔平だって100マイルのシンカーを突然投げるわけですよ。

    ――あれは秘密兵器過ぎますけど(笑)。野球は毎シーズン微妙にフォームを変えるくらいですもんね。

    シュウ MMAもそれだけ毎年進化してる。つまり木下選手も次の試合では新しい武器を備えなくちゃいけないんですよ。そうしないと相手がビックリしないじゃないですか。映像どおりだったらで戦いやすいですよね。たとえばテイクダウンの入り方ひとつにしても、パターンを増やさないといけないんですよ。

    ――今回の相手は青田買いというか、のびしろ込みでピックアップされた選手っぽいですもんね。

    シュウ そうですね。これまではミドルでやってて今回ウェルターが初めての試合なわけですから。でも、20歳なんですよ。

    ――とても20歳の風貌には見えない(笑)。

    シュウ 最近井上直樹くんにギャーギャー言ってるんですよ。彼はもう25歳ですからもう正念場だと。木下くんが21歳で、その対戦相手は20歳。若くて強い奴がどんどん出てくるんで、ボーッとしていたら取り残されちゃうよと。

    ――井上直樹選手のケガはどういう状況なんですか?

    シュウ ヒザのケガが完璧に治るまでに時間がかかってまして。組みも含めたフル練習も「今月からできるかな?」みたいな感じですけども。そこからつくり直しを考えたら、年内に試合できるのかなとか思っちゃいまして。けど、それももしかしたら厳しいかも?という状況なんです。だから、ボクは焦りのメールを送ったわけですよ、直樹くんに。

    ――なぜか堀口恭司のRIZIN復帰戦の相手は井上直樹なんじゃないかっていう説が流れてまして。

    シュウ ヘルシーだったら100パーセントやりますよ。UFC復帰を目指すためには最高の相手じゃないですか、堀口選手は。だけど、ボクがスコット・コーカーだったら、RIZINではやらせないですよね。

    ――アメリカン・トップチームもいきなりはやらせないですよね。そのへんのいろんな事情が絡み合っての金太郎戦だとは思うんですけど。

    シュウ 大きなディールになる有名外人選手は呼べない状況だったら、相手は限られてるじゃないですか。ケガしてる選手もいるし。そうすると、けっこう妥当なのかなと思いますけど。もちろん戦績だけをたら、「なんでアイツなんだ」っていうファンの意見もわかりますけども。でも、それはRIZINにかぎらず、ONEの中量級もそうじゃないですか。選手の駒が少ないから、なかなか試合が組めないっていう事情もあるんですよね。

    ――話を戻すと、ダナは木下選手にかなり期待をするコメントを寄せていますね。

    シュウ 厳しいことを言っちゃえば、ダナはあれくらいのリップサービスは毎週やってますからね。

    ――ホントに厳しい(笑)。

    シュウ そうやって厳しいこと言っちゃいますよ、ボクは。

    ――たしかに今年のコンテンダーズ回の目玉はレスリングエリートのボー・ニッカルや、17歳のラウル・ロサス・ジュニアですよね。

    シュウ そうやって目玉は他にいるんですよ。

    ――その木下選手は練習拠点をさっそくアメリカの移すんですよね。

    シュウ 元サンフォードMMA、いまのキルクリフファイトクラブです。佐藤天選手がいるところですけども、試合前から移籍は決めてました。じつをいうと、木下選手はABEMAのMMA留学で決まってたんですよ。だからコンテンダーズがなくてもアメリカに来る予定だったんですけど。今回はUFCと契約できてビザもあるから完全移住できるんです。ビザの関係で途中で日本に帰ってくる必要はないんですよね。


    ――来年のコンテンダーシリーズに向けて日本人選手も目標ができましたね。

    シュウ コンテンダーシリーズは毎年夏にやりますから、4月や5月ぐらいには出場が決まるわけです。そこまでにいい戦績を残していれば出場の可能性があるってことですよね。それプラス、PFLのチャレンジャーシリーズが来年の2月からある。ボクはそこを目指してもいいんじゃないかと思うんですね。MLBでいえばヤンキースに行けないんだったら、レッドソックスでもいいじゃんみたいな感じですよ。もったいないですよ、稼げる場所がいっぱいあるのに。UFCを目指してそれがダメだったら、ぶっちゃけ他の団体でチャンピオンになったほうがいいですよ。そこでいい戦績を残してUFCを狙ってもいいですし。ヤンキースに入れないからって、拘ってAAやAAAとはならないですよね?

    ――ファームにこだわる意味ないですね。

    シュウ 日本でいえばMLBと契約できないからといって、社会人野球には行かないじゃないですか。でも、UFCにこだわりすぎてチャンスを逃している日本人選手はいますし……そこまで下げちゃダメだし、本当に気付いてほしいです。日本人に強い選手はいっぱいいると思うんですけど、そういう勘違いがホントにもったいないと思って。

    ――たとえばPFLでいえば、あまり実態をよく知らないから現実味がないんだと思いますね。

    シュウ ボクのところにいろんな人からお叱りのDMがくるんだけども(笑)。たとえば「PFLなんかで小銭稼いでるよりはいいだろ」みたいな内容。「PFLが小銭って言える?」と思いますよね。

    ――優勝したら100万ドルだし、ファイトマネーもUFC並ですよ! UFC以外にもいろんな選択肢があるっていうことですよね。

    シュウ そうなんですよ。ジャンさんとかマスコミの方にこういったら失礼かもしれないけど、日本人選手が出ない海外の大会は取り上げないじゃないですか。
    だから、こちらの市場がすべて正確に伝わってないということですよね。

    ――PFLに関していえば、シュウさんの配信がいちばん詳しいし、熱がありますね(笑)。

    シュウ いまの時代は翻訳機能も優れてるわけだし、調べようと思ったらなんでも調べられるじゃないですか。ジムのオーナーやコーチも調べればいいだけのことであって、マスコミばっかりのせいじゃないと思うんですよね。ボクはなるべく選手に1円でも多く稼いでほしいですから。そのためにはいろんなことを必死で調べますよね。

    ――次の話題です。RIZINがハワイで記者会見を開きまして、シュウさんがマネジメントする平本蓮選手がメイウェザーの通訳として大暴れしました(笑)。

    シュウ ボクのところにも多くのファンから「何をやってるんだ!」「すごくかっこ悪い」とかDMでお叱りの声をいただいております(笑)。

    ――ガハハハハハハハハ!

    シュウ 前にも言ったことありましたけど、マネジメントといってもボクは選手に好きなようにさせてるんですよね。

    ――団体との交渉や練習先の確保、試合の際に付添なんかはするけども。

    シュウ この記者会見のくだりに関しても、初めはZOOMでRIZINさんとも話してて。最後の最後の細かいことは平本くんの好きなことやりゃあいいよって投げたんですよ。正直に言います。なんであの通訳がいまの世代の子に受けるのか、正直ボクはわかりません(笑)。

    ――ジェネレーションギャップ(笑)。 

    ・マネジメントから見た平本蓮セルフプロデュース
    ・神龍誠の今後
    ・ROAD toUFCのバンタム級トーナメントがシャッフルされたズンドコな理由
    ・アジアの○○でUFC開催へ?
    ・ニューヨークの平田樹と山本アーセン
    ・「朝倉未来選手のことは嫌いではないです」……などなど16000字の大ボリュームインタビューはまだまだ続く

    いま入会すれば読める9月更新記事

    ・RIZINに外国人を取り戻す■RIZIN海外事業部・チャーリー柏木信吾
    ・堀口恭司再生トーナメントが始まります■笹原圭一RIZIN広報
    木下憂朔インタビュー「ボクが日本格闘技の流れを変える」
    扇久保さん、この扱いに本当に納得してるんですか?
    ・金太郎はあのときの朝倉海ではない……続々更新予定

    https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/202209