• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

テン年代の仁義なき戦いか……考察・新生K−1の「那須川天心訴訟」問題
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

テン年代の仁義なき戦いか……考察・新生K−1の「那須川天心訴訟」問題

2018-06-05 12:13
    この記事は新生K−1の「那須川天心訴訟」問題の感想を語ったDropkickニコ生配信を編集したものになります(語り:ジャン斉藤)


    【関連企画】

    那須川天心vs武尊完全消滅は誰のせい?

    われわれは「浅倉カンナvsRENA再戦」に踊らされているのか

    われわれは「那須川天心vsMMA」に踊らされているのか

    【徹底解説16000字】福田正人RIZIN審判部長に聞く「RIZINと競技運営の現状」

    【選手必読!!】判定基準が10倍よくわかるジャッジ対談■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ

    これでわかったRIZINの判定基準!■福田正人RIZIN審判部長×大沢ケンジ〜模擬ジャッジ編〜




    今日は緊急放送です! 新生K-1を運営する「M-1スポーツメディアが、那須川天心選手、その父親の弘幸氏、那須川選手が主戦場とするRISE代表の伊藤隆氏、RIZIN運営会社などに対して損害賠償請求訴訟を起こしていた……と『週刊新潮』が報道しました。

    民事訴訟に至った理由については、那須川選手が武尊選手に対戦を煽ったことが他団体の興行に対する不当な介入にあたると。那須川選手は昨年大晦日、お客さんに「誰と戦ってほしいですか?」と呼びかけ「武尊!」と言わせたことなどが挙げられています。それによりSNSで「武尊は那須川選手から逃げている」と誹謗中傷されたことでK−1プロデューサーや運営会社のイメージがダウンし、新生K−1からスポンサーが離れたと原告代理人の弁護士は『週刊新潮』でコメントしていました。

    ここ数年のあいだ那須川天心vs武尊の実現を巡る騒動は絶えなかったわけですが、SNS等で可視化された時代だからこそ刺激的なやり取りがリアルタイムで目撃できているところもあると思うんですね。高田延彦本部長の「大罪」や「封印」発言とか、編集されるテレビや雑誌じゃ絶対にカットですよ!(笑)。

    本題に入る前に今回の訴訟問題の件から「旧K-1のほうがよかった!」と言ってる人が多いんですけど、ちょっと落ち着いてください。旧K-1の方が断然ヤバかったですよ!(笑)。そもそも脱税で団体が傾いたわけですし、試合の中身そのものをねじ曲げるケースも多かった。謎判定、試合途中にルール変更、もっと言っちゃうと片八百長っぽい試合もあったよーな、なかったよーな……(笑)。

    今回の訴訟は異例のケースということもありますが、天心vs武尊の関しては選手・関係者は基本的にダンマリなんですよね。火薬庫と化してるからなのか、みんな様子を伺っている。それとたとえば選手や関係者によるツイッターの批判や煽りはどうなるんだってことになりますからね。はたしてどういう決着がつくのか。

    とりあえず今回の騒動をイチから振り返りたいんですけど、そもそものきっかけは2015年11月21日の新生K−1代々木大会に那須川選手が観客として会場を訪れ、試合後花道を引き上げてくる武尊選手に対戦を申し込んだところから始まるわけですね。那須川選手がなぜそんな行動に出たかといえば、先日出版された『覚醒』という本ではこう書かれてるんです。



    この続きと、安田忠夫最終回、朝日昇、天心訴訟、ベイダー、QUINTET、ザンディグ……などの記事がまとめて読める「11万字・記事21本の詰め合わせセット」はコチラ 
     

    この記事の続きだけをお読みになりたい方は下をクリック!


     
    この記事は有料です。記事を購読すると、続きをお読みいただけます。
    ニコニコポイントで購入

    続きを読みたい方は、ニコニコポイントで記事を購入できます。

    入会して購読

    この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。