音楽業界とVOCALOID
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

音楽業界とVOCALOID

2020-08-09 02:38
    一般に 音楽業界へ就職する場合の 正攻法といえば
    音大や専門学校を卒業して 履歴書やプロフィール作成して 面接受けるか
    または バンドとしてデモテープを作って 音楽制作会社へ送ったり、
    オーディションに参加して、目をつけてもらうとか
    地道に ゲーム会社などのコンペに参加して、入賞の数をこなして実力をつける。

    どっちの場合にしても、ある程度楽器が扱えたり ほかにメンバーが必要だったりで
    結構ハードルは高い。

    個人でデモテープ作るにしても 誰か歌ってくれる人を捜すのだが 
    そう簡単には見つからない。

    コンペに参加しても 著名な作曲家ですら 入賞率は3割程度しかない。

    仮に音楽制作会社から話があっても 製作期間は短い。
    (一週間に最低2曲は作れないと 難しい。)

    余程の事がないと 制作会社から「ウチで働かないか?」という話はでない。
    フリーランスで請け負って 作曲しているケースが大半・・・。

    その状況が一変したのが ニコニコ動画・Youtubeの動画サイトと
    VOCALOID 初音ミクの登場だ。

    それまでは バンド組んでライブにしても 身内だけ盛り上がるだけに留まる。
    バンド組めない人などは 同人の世界でくすぶっていた訳だ。
    (ゆうゆPさんは 東方とか BMS作家として活動していた。)

    そういう中で 上の2つの条件が重なったものだから 
    ダムの決壊の如く 怒涛の勢いでこの世界が広がっていく。

    それまでダムの水面下に隠れていた 才能のある人が表に出てきた。

    作曲した楽曲や その再生数などの客観的なデータもあるので
    業界の人にも目に付くようになった。

    大抵の有名Pさんは こういう経緯で プロデューサーになっている。
    (有名Pさんの中には 学者さんとか小説家さんなど本業が違う人もいる。)

    私心的には まずボカロPから業界入りを目論むのが 最短ルートかと思う。
    学歴とか経験云々よりも 実力が物をいう世界だからね。


    最近は 武漢コロナ渦による影響で ライブ活動できないバンドが 
    ボカロの世界に入ってきている。
    まだ限定的に知られたバンドで いきなりYoutubeでMVを投稿しても
    今ひとつ知名度がなくて なかなか他の視聴者には見てもらえないだろう。

    そこで ボカロで下駄を履かせて着目しやすくしたり、
    なかには ボカロPとコンビ組んだりと それまでと違う動きはある。

    何年か前に 「ボーカロイドは衰退する」という話は聞いたが
    日本の音楽界に かなり根が伸びてしまっているので 衰退はしないだろう。
    ただそれが 実はボカロPだったという話はもう出てる。

    業界人にとっても ボカロの世界は魅力はあると思うよ。

    巷に溢れる曲は 市場に合わせる必要に駆られる為、
    定番の理論や 歌わせる歌手に沿ったものが 増えてしまう。

    ボカロの世界には そんなものは一切無い、全くを以てフリーダムだ。

    クラッシック・POPS・ジャズ・ロック・民族音楽に お経まである。
    データに起こせるものなら 何でもある世界だ。

    この世界に入るのも 一切の制限は無い。
    (受け入れられない場合は 叩かれるだけだしな・・・)
    学歴・職業は関係ない。
    ただ 楽器の演奏とかしたことがある経験があれば かなり有利。

    一定以上の音楽の知識があって、その上に自身の哲学(センス)があれば なおよろし。
    必要とされているのは 以上だ。

    音楽畑からまったく違う世界からきた人も 遠慮なく入っていくんで
    それまで業界の中では見られなかった物を 見ることができたのではないかと。

    逆に プロの作曲家でも ボカロPになる人もちらほち見かける。

    仕事で作曲する場合、クライアントの都合もあって 
    「こうやってみたら」という冒険もしにくい・・・・。

    人知れずボカロPになって できなかった実験や冒険がやりやすくなるから
    投稿した楽曲のコメントをみて すばやく反応が見ることができて
    好印象だと 実際の仕事の中にフィートバックさせる事もできよう。

    だから このボカロの世界は 興味が尽きることは無い。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。