Melda、マルチアナライザーの紹介
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Melda、マルチアナライザーの紹介

2014-12-08 20:53
  • 2

はてなブログに移動しました。


広告
×
えき管理人様はじめまして。
管理人様がおっしゃるように、Span Freeの設定は面倒ですね。(いまのところ何とか使えてはいますが)
しかし、複数のトラックのアナライザが重なって見ることが出来るだけではどうしていいのか判断に窮することが多いこときづきました。
SpanにもMMultiAnalyzerのような衝突モード確認があれば、、タダだし無理か。。

そして今ですと、iZotopeのNeutronのマスキングメーターでも、Meldaと同じことが出来そうですね。
と言いますか、初心者の自分にはNeutronの方がだいぶ易しいです。ダイナミックEQが付いているのもありがたい。
ただし重いのと高いのがネックかもです。。

失礼しました。
31ヶ月前
×
コメントありがとうございます。
実はSPANでも「設定をかなり頑張れば」重ねて表示できます。
SPAN無印でも4チャンネル信号を入力できるので、入力元のバスチャンネルを設定すればステレオx2を表示できるんです。
その実装方法を説明するだけで結構な手間がかかるので有料レッスンでのみ対応しています(Cubase4以上の最上位版のみ)。
ぶっちゃけその目的でレッスン希望者が来たとしても「このレッスンは無料で良いからMelda買え。以上!」と言うと思います。

Neutronは知人の作家が最上位版を使っていて、その使いやすさとEQのキレの良さと加工後の音抜けの良さを絶賛していました。私はNeutronの機能を代用できるものが揃っているので買う予定は無いです。買うなら最上位版じゃないとizotopeである意味が無いし、それだと高すぎる!
31ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。