昔のドラマの話。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

昔のドラマの話。

2019-04-25 03:56
    どうも、エビマヨ武勇伝です。



    突然ですが、本家感謝祭’95秋のボーナスクイズにこんな問題がありました。

    Q:次に挙げるTBSの人気ドラマを、放送された順に並べてください。



    まぁ、どれも言わずと知れた名ドラマですが、
    先ほど、このうち「C」「岸辺のアルバム」を1~2話ほど拝見しました。


    まず開始数分で気づいたのが、
    雰囲気がイイ!

    まぁ元々このドラマは、1つの平凡な家庭の中ですれ違いが重なり、
    最後は水害で崩壊する
    という大変シリアスなホームドラマで、
    数々の賞も受賞している、文字通りの「名作」なんですが、
    それはともかくとして、出てくる役者さん達の空気感っていうんですかね…
    もぅ、オーラが凄いんですよ!

    特に、中田喜子さん。
    このドラマを見るまで私は中田喜子さんといえば
    「渡る世間は鬼ばかり」の5人姉妹のイメージしかありませんでしたが、
    1977年の放送当時は、なんと女子大生の役。
    ピッチピチの年頃の娘でありながら、どこか色気がある…
    今のカワイイとはまた違う、独特の麗しさがあるんです。

    それから、杉浦直樹さん。
    残念ながら2011年に鬼籍に入られたそうですが、
    彼演じる、経営危機に悩みながら家族との微妙な距離をとる父親のダンディズム。
    イケメンとは違う、これまた独特の魅力があります。

    もう見ていただいたら分かる!
    ホントに雰囲気がスゴいんですよ…!(小並感)


    そういえば、前夜祭にかかわる人々で、
    バラエティ好き、お笑い好き、音楽好き、アニメ好きは聞いたことがありますが、
    ドラマ好きってあまり聞いたことがありませんね…。
    それも、過去の名作ドラマについて熱く語っている方々には
    お目にかかった事がないような気がします。
    (そもそも年齢的なものがありますし、私の世間が狭いだけな気もしますが)


    こんな事を言っている私も
    全エピソード見た名作ドラマといえば
    せいぜい「金八先生 第2シリーズ」(1981年)ぐらいです。

    時間があるときは、
    たま~に昔の名作を見てみるのも良いかもしれませんね…。
    ・・・この記事をお読みになったお兄様方、オススメがあったら教えてください(苦笑)


    それはそうと、
    本家感謝祭も初期の頃の数回は、
    そういう昭和の時代に活躍した大女優、あるいは名俳優も多く参加していて、
    まさしく超豪華な顔ぶれが揃ったお祭りの雰囲気がありましたね。。。

    そして、それを1人で相手する島田紳助さんのスゴさ。改めて思い知らされます。
    (島崎和歌子?・・・あー、そんな人いたっけ←)

    あ、そうそう。
    さっきのボーナスクイズ、



    チャンピオンのそのまんま東さん(当時)が見事正解してました。
    ・・・大御所俳優陣を差し置いて←

    こういう面ヅラを見ると、
    バラエティって泥臭いなぁと思っちゃいますね(苦笑)
    まぁバラエティはバラエティで違う戦場があるのだとは思いますが…。

    感謝祭はそもそも、
    「普段テレビで頑張っている芸能人への感謝として、
     この日は目いっぱい楽しんでもらう」

    という番組ですから、ドラマ・バラエティなどのジャンルを問わず
    全員にチャンスがあってしかるべきではあるんですけどね…。




    以上、懐古厨の戯言でした←

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。