立命館のピクシブのアレについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

立命館のピクシブのアレについて

2017-06-01 19:03

    1週間ほど前からピクシブのR18小説を解析に使った論文が炎上しているようです。
    異分野ですが、私も論文を書くとき他の論文を引用したりデータの解析に使ったりしており、今回の件は興味を惹かれたのですが、何だかあまりにも出鱈目な解釈が蔓延っているので今回の記事にしました。

    ・「会員制サイトであるピクシブのR18小説を使っていいか?」
    著作権法上、「公表された著作物は、引用して利用することができる(第三十二条)」のであり、引用を拒否することは出来ません

    ・「会員制だし、R18で一般には見られていないのに?」
    「公表」とは「著作物が、権利者の了解の下に、発行され、又は上演、演奏、上映、公衆送信、口述若しくは展示の方法で公衆に提示された場合を言います(第4条)」ということで、「公衆」とは「「不特定の人」又は「特定多数の人」」であり会員制であっても50人程度を目安に「特定多数」とされます。
    サイトに作品をアップして公開に同意し送信可能化」したとき、「公衆向けに送信したとなります。
    つまり、例の小説は「公表された著作物」であり、引用を拒否できません

    ・「引用ではなくデータの利用では?」
    引用ではなく、著作物のデータ利用であれば敷居はさらに低くなります。
    著作物は、電子計算機による情報解析(中略)を行うことを目的とする場合には、必要と認められる限度において、記録媒体への記録又は翻案(中略)を行うことができる」(第四十七条の七)ので、小説をワードやエクセルに切り張りして統計処理することは合法です。そして、その結果得られた解析結果はすでに「著作物」ではありませんから保護されません
    「A作者の新刊は510ページだった」という話が著作権侵害だと思いますか?

    ・「URLや作者の名前を付けるのはプライバシーの侵害では?」
    引用であると認められるためには「著作物の出所を(中略)明示しなければならない」「表示されている著作者名を示さなければならない」(第四十八条)とあります。
    URLは作者個人とは関係ない情報ですし、作者の名前は作者自身が公表しているものです。
    氏名表示権によって「著作者は(中略)その著作物の公衆への提供若しくは提示に際し、その実名若しくは変名を著作者名として表示し、又は著作者名を表示しないこととする権利を有する(第十九条)」ので、個人場情報の開示が望ましくないのであれば匿名で発表できます

    ・「有害・わいせつだとされたのは著作者人格権を傷つける」
    著作者人格権は「公表権」「氏名表示権」「同一性保持権」であり、「批判されない権利」ではありません。エスパー魔美の「~に批評の権利があればぼくにだっておこる権利がある」ってやつです。

    ・「猥褻の定義が無い。猥褻あつかいは犯罪だという決めつけ」
    論文中に「本論文では猥褻な表現として,性表現を扱うこととする」と定義されています。
    その他、有害情報などの定義については「性に関連したもの、あるいはそれを表現しており、性器の結・接合、あるいは性行為を想起させるもの」は「18歳未満の方の閲覧が不適切」であるとピクシブ自体が規定しており、研究の目的が「ゾーニングから漏れた有害情報のフィルタリング」であることからピクシブのゾーニング規定に基づいてゾーニングされた作品の、ゾーニングに相当する表現を選んでいるだけであると分かります。

    ・「人を対象とする研究には倫理規定がある」
    あの論文は「作品」を対象としており、「人」は対象ではありません
    むしろ「作者と作品を混同している」のは、論文を批判する側ではないでしょうか?

    ・「結果として作品は非公開になってしまったので論文は無価値」
    残念なことですが、まあ、PCに残ってるデータから「~年~月~日参照」と説明すれば済むことでしょう。

    ・「配慮が欲しかった」
    その通りであり、問題はその一点です。
    そして、その"配慮"は研究者側だけではありません。作者やピクシブ側にも要求されます。作者は「引用される可能性」を考えて公開すべきだし、ピクシブなどは作者にその危険性を伝え、「引用の際は」と一言「お願い」しておくべきだったのでしょう。
    今回は立命館大や人工知能学会といった立場の研究者であったため素早く論文は「非公開」となりましたが、「ネット小説問題を考える会」などが確信犯的に引用し公開した場合に対抗するためにも、研究者側だけに対応を要求するべきではありません

    =====批判してる奴、大丈夫かあ?なところ====
    ところで、この問題ではネット上の「自称」を含めて様々な「研究者」が批判をしていますが、その中に「こいつ、分かってなさすぎだろ」という頓珍漢なものも多くありました。正直、研究者としてあまりにもナサケナイので晒します。

    ・「論文の質が低い」
    関係ありません。ハイクオリティな論文だったらよかったんですか?
    そして、↓のような点で「質が低い」としているのが多かったのですが、あの論文はそんなことより「目的と方法が一致していない」のが最大の問題点です。
    論文では「性表現に暗喩が用いられている」という前提で、「ドメインごとの暗喩の特徴」を人工知能に覚えさせフィルタリングするのが目的ですが、論文内では「単一ドメイン内(ピクシブ、R18カテゴリ)の暗喩の抽出」にとどまり、その特徴や「ほかのドメイン」との比較をしていません。結果、「暗喩が使われていることが分かった」だけであり、それは前提の繰り返しにすぎません。私が査読者ならその一点で書き直しを指示します。(査読無しの論文ですけど)

    ・「何故ピクシブなのか? プロの出版物では出来なかったのか?」
    「ネットの有害情報のフィルタリング」だからです。

    ・「なぜ10本を」「人工知能使ってないじゃん」
    研究の目的は「人間なら理解できる暗喩を人工知能で判別する」ことであり、現段階ではそれが出来ないから前段階として「人間の目でこう理解できる」と分類したのです。人力なので、いわゆる「ビッグデータ」のような多数の解析はしていません。
    トップ10を選んだ理由は「多くの人の目に触れたから」でも何でもいいので説明はあるべきだったでしょうけど。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。