56.スピリタスカクテル 苦さと甘さを広げる価値
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

56.スピリタスカクテル 苦さと甘さを広げる価値

2017-06-04 20:12

    久々の更新です。
    う~ん、ネタが浮かばないのはマジでまずいと思う…

    それは兎も角、本日はこちら。
    カクテルでございます。




    レシピはこちら。
    スピリタス:スーズ:シャルトリューズ ヴェール:レモン果汁 =1:2:2
    (レモン汁は実験段階では使ってました)

    香りは、ほのかな苦い香りを感じる程度であまり強くはないです。

    これを口の中に含むと、まず、深い苦さと甘さが感じられる感じられます。
    そして、口からドリンクが消えろと同時に、
    シャルトリューズの苦さがふわっと広がります。
    甘さの質は割とガツンと来るくらい甘ったるいですね…

    苦さの質はヨモギの風味に苦さが加わった感じ、ですかね。

    スピリタスは風味を広げるために効果絶大。
    ということを改めて実感した一杯でした。

    これ、スピリタスなしだと本当に一瞬の味しか感じられなくてつまらないんですよ…

    さて、次は何を作ろうかなぁ…
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。