29.話題(?)のあの澄みわたるお酒、あれを超えてみせる 葡萄編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

29.話題(?)のあの澄みわたるお酒、あれを超えてみせる 葡萄編

2015-04-26 23:18
    某実某所、
    とあるTLでこんなコメントが流れてきました。
    『澄みわたる葡萄酒が、ぶどうの天然水系の飲み物にアルコールをぶち込んだ味しかしない』
    と、

    …アルコールをぶち込んだ!?

    ならば、出番ですね。

    ということで、やってみました。
    左が当該のお酒、右がなっちゃんぶどう:スピリタス=9:1 です
    これで、アルコール度数的には一緒ですよね!?



    して、お味の方ですが…



    すみません、ぶっちゃけなっちゃんスピリタスの方がおいしいです。

    と、いうのも、澄みわたる葡萄酒が基本的に
    『アルコール臭さがあるけど、葡萄の味が風味程度にしか感じられない』
    状態になってしまっているんですよね。

    わかりやすく言うと…
    ワインの味わいを抜いて、アルコールの後味を足した感じでしょうか?

    一方、なっちゃんスピリタスについては、
    後味に若干難(アルコールの違和感)があるものの、
    呑み口はなっちゃんのぶどうの味がしっかりと、
    そしてスピリタスのアルコール感が抜けていくといった感じなので、
    後味以外はスピリタスを気にしないで呑むことができました。

    …同じサントリーなんですから、もうちょっと味を…ね?


    で、今まででしたらそこで終わりだったんですが、
    今の私にはカクテル専用のアルコールがある。


    クラクスです。

    もちろん、やってみました。


    予想通り。

    アルコールの後味が消えて、
    スピリタス以上に呑みやすくなりました。
    絶対に他の人には勧められません。
    悪用されそうで。

    …しっかし、なっちゃんぶどうは割り材としてなかなか優秀ですね。
    もうちょっとアレンジすれば面白いカクテルが作れそうです。


    番外編 澄みわたる葡萄酒:なっちゃんぶどう=2:1
    ※配信してたらニコ生で提案があったからやってみた。

    …薄めたなっちゃんだこれ!!!!!
    つまりは、澄みわたる葡萄酒は水だこれ!!!

    …あかんでしょ。





    結論:自分で作った方が葡萄のお酒としてはおいしいです。以上。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。