EDM ブレイクパートの制作 No2  ブレイクシンセ1の制作
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

EDM ブレイクパートの制作 No2  ブレイクシンセ1の制作

2016-01-13 14:43
    ECLIPSE REC. リリース第2弾!



    BEAT PORT

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■□■□
    ■□■□ MaZDAが代表を務めるDTMスクール/DTM教室
    □■□  → 
    ■□    全国どこでも受講できます。
    □    (東京校、大阪校あります)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EDMSはあなたの夢をサポートします!

    あなたのオリジナルトラックでオーディエンスが踊っている光景を見たいと思いませんか?

    EDM、エレクトロハウス、ダブステップ、サイトランス、プログレッシヴハウス、テクノなどクラブミュージックの制作過程の全てを世界で活躍中の講師がテクニックやスキルをお伝えします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    皆さんこんにちは。

    日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。


    昨日聞いていただいたブレイクのパートですが、大きく分けて3つに別れています。
    本日は第一の部分のシンセの解説をしていきたいと思います。




    まず出来上がりを聞いてください





    音源はLOGICのシンセサイザー『ES2』を使い
    プリセット『EURO HOOK』を元に作ります。





    オシレーターのピッチ、CUT OFF2、MONOをPOLYに変更しています。
    下記の画像を参考にして下さい。



    そしてMIDIです。




    出来上がりです






    次にオートメーションでCUT OFF2に変化を加えます









    最後にエフェクトをかければ完成です。

    まずリバーブをかけます




    その後にディレイをかけます








    如何でしたか?



    次回は残りの部分の解説を致します。






    お楽しみに!






    本日のブログがあなたのお役にたてれば幸いです。




    MaZDA


    【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。