ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

EDM メルボルンバウンスの作り方5 (VINAI EDM SYNTHE FX 上昇音)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

EDM メルボルンバウンスの作り方5 (VINAI EDM SYNTHE FX 上昇音)

2016-02-07 15:17
    ECLIPSE REC. リリース第3弾!




    BEAT PORT


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■□■□
    ■□■□ MaZDAが代表を務めるDTMスクール/DTM教室
    □■□  → http://edms.eclipsemusic.biz/
    ■□    全国どこでも受講できます。
    □    (東京校、大阪校あります)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EDMSはあなたの夢をサポートします!

    あなたのオリジナルトラックでオーディエンスが踊っている光景を見たいと思いませんか?

    EDM、エレクトロハウス、ダブステップ、サイトランス、プログレッシヴハウス、テクノなどクラブミュージックの制作過程の全てを世界で活躍中の講師がテクニックやスキルをお伝えします。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    皆さんこんにちは。

    日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。



    今回はFX(上昇音)の作り方をご紹介致しますね。

    まずは出来上がりを聞いて下さい

    このパートのFX音を作っていきたいと思います。




    今回のシンセサイザーはMASSIVEを使います。






    使用するのは

    OSC1(波形の選定と、モジュレーションの設定)






    1ENV(ピッチコントロール)




    4ENV(鍵盤を押した時の発音の仕方)




    5LFO(ピッチ及びパルスウィズモジュレーションのコントロール)




    OSC(ベンドレンジの設定)




    FX1(CLassic TUbeの設定)




    FX2(Dimension Expanderの設定)




    EQ




    です。

    FILTERは使いません。
    ではそれぞれ画像をみながらセットしてください。



    今回のポイントは


    ENV1、5LFOを使ったピッチコントロールです。





    これらのパラメーター(ENV1、5LFO)を動かしてどのような変化があるのか聞いて下さいね。




    次にMIDIです。




    こちらのポイントはPITCH BENDで音程をコントロールしている事です。


    出来上がりはこちら


    次回はエフェクターを使って音を仕上げていきます。

    お楽しみに!




    本日のブログがあなたのお役にたてれば幸いです。


    MaZDA


    【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    クラブトラック制作のコツをお伝えする無料メールマガジンを発行中!
    国内トップの配信数を誇るメールマガジン配信スタンド【まぐまぐ】にて早々と殿堂入りをはたしました。 

    メールマガジンでは更に細かく解説しています。
    制作方法を深く学びたい方は下記より登録の方をお勧め致します!

    読者登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001594766.html
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    プロクオリティーのサウンドを目指している方には特に受講をお勧めしています。
    まずは体験レッスンで効果を体験してください!

    当スクールで受講されればスキルアップは間違いありません!

    また受講することはスキルを修得する時間の短縮にもつながります。最短最速でトラックメイカーになることが可能です。

    あなたも自身のトラックを制作し世界に向けて発信していきませんか?
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。