ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

EDM メルボルンバウンスの作り方6 (VINAI EDM SYNTHE FX 上昇音2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

EDM メルボルンバウンスの作り方6 (VINAI EDM SYNTHE FX 上昇音2)

2016-02-08 11:17
    ECLIPSE REC. リリース第3弾!




    BEAT PORT


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■□■□
    ■□■□ MaZDAが代表を務めるDTMスクール/DTM教室
    □■□  → http://edms.eclipsemusic.biz/
    ■□    全国どこでも受講できます。
    □    (東京校、大阪校あります)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    EDMSはあなたの夢をサポートします!

    あなたのオリジナルトラックでオーディエンスが踊っている光景を見たいと思いませんか?

    EDM、エレクトロハウス、ダブステップ、サイトランス、プログレッシヴハウス、テクノなどクラブミュージックの制作過程の全てを世界で活躍中の講師がテクニックやスキルをお伝えします。
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    皆さんこんにちは。

    日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。



    今回はFX(上昇音)の作り方の続きをご説明致しますね。
    前回の音にエフェクターをかけていきます。


    まずは出来上がりを聞いて下さい


    こちらが今回使用したエフェクターです。




    1、EQでローカット,ハイカットします。




    2、コンプで音を整えます。




    3、BITCRUSHERで歪みを加えます。




    4、Direction mixerで広がりを加えます。





    5、リバーブで響きを加えます。





    出来上がりはこちら



    エフェクターは、かける順番がポイントです。





    次回は2016年最初の企画として今回のメルボルンバウンスのLOGICファイルをプレゼントします。

    お楽しみに!





    本日のブログがあなたのお役にたてれば幸いです。




    MaZDA



    【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】






    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    クラブトラック制作のコツをお伝えする無料メールマガジンを発行中!
    国内トップの配信数を誇るメールマガジン配信スタンド【まぐまぐ】にて早々と殿堂入りをはたしました。 

    メールマガジンでは更に細かく解説しています。
    制作方法を深く学びたい方は下記より登録の方をお勧め致します!

    読者登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001594766.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。