ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

EDM ベースハウスの作り方4(WOBBLE HOUSE JAUZ STYLE)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

EDM ベースハウスの作り方4(WOBBLE HOUSE JAUZ STYLE)

2016-02-16 11:37
    ECLIPSE REC. リリース第4弾!





    https://pro.beatport.com/release/ken-xi/1699840



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■□■□
    ■□■□ MaZDAが代表を務めるDTMスクール/DTM教室
    □■□  → http://edms.eclipsemusic.biz/
    ■□    全国どこでも受講できます。
    □    (東京校、大阪校あります)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    皆さんこんにちは。

    日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。



    今回は2の音づくりです。



    まず出来上がりを聞いて下さい♪




    MASSIVEの設定は基本前回のブログで紹介した1の音づくりと同じですが1と聞き比べると若干音高域が抑えられています。

    1を聞いてみて下さい♪




    高域を抑える為のMASSIVEの設定ですが
    FILTER2のCUTOFFのモジューレーションの設定を少し変えています。







    ちなみに1の設定はこちら。


    微妙な違いですが、これによって音の変化の幅が少なくなるのです。



    次にFX1のReverbのDry/Wetの設定を変えてWetを少なくします。




    他は全て1と同じ設定です。
    http://ch.nicovideo.jp/edms/blomaga/ar962893



    次に
    エフェクトのEQのセッティングを変えます。


    こちらも高域のブーストを抑えるため2db下げます。





    MIDIです。





    出来上がりはこちらです♪





    1と2を合わせて聞くと♪



    MIDIはこちら。
    1が赤で,2が黄色です。






    次回は3♪
    の音づくりをご説明致します。



    お楽しみに!




    本日のブログがあなたのお役にたてれば幸いです。




    MaZDA



    【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    クラブトラック制作のコツをお伝えする無料メールマガジンを発行中!
    国内トップの配信数を誇るメールマガジン配信スタンド【まぐまぐ】にて早々と殿堂入りをはたしました。 

    メールマガジンでは更に細かく解説しています。
    制作方法を深く学びたい方は下記より登録の方をお勧め致します!

    読者登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001594766.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。