ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

EDM ベースハウスの作り方5(WOBBLE HOUSE JAUZ STYLE)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

EDM ベースハウスの作り方5(WOBBLE HOUSE JAUZ STYLE)

2016-02-17 11:48
    ECLIPSE REC. リリース第4弾!










    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □■□■□
    ■□■□ MaZDAが代表を務めるDTMスクール/DTM教室
    □■□  → http://edms.eclipsemusic.biz/
    ■□    全国どこでも受講できます。
    □    (東京校、大阪校あります)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    皆さんこんにちは。

    日本で唯一!クラブミュージック専門のDTMスクール『Eclipse Digital Music School』(LOGIC PRO、ABLETON LIVE、CUBASE,PRO TOOLS対応)代表松田です。



    今回は『3』の音作りです。


    まずは出来上がりを聞いて下さい



    基本は『1』の音づくり
    http://ch.nicovideo.jp/edms/blomaga/ar962893

    と変わりませんが、

    変更点は




    CUTOFFをモジュレート(コントロール)しているENV1の設定が変わっています。





    次にINSERT 1のParabilic Shaperを使っているところです。





    最後にEQの変更があります。





    MIDIです。





    これらを組み合わせて発音すると



    如何でしたか?

    次回は最後『4』の音づくりをご説明致します。



    次回までにこれまでの知識を使ってご自身で音づくりに挑戦して下さい。






    本日のブログがあなたのお役にたてれば幸いです。




    MaZDA



    【EDMSはハイクオリティーなサウンドクリエイターの輩出を目標としシーンの活性化を目指しています】


    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    クラブトラック制作のコツをお伝えする無料メールマガジンを発行中!
    国内トップの配信数を誇るメールマガジン配信スタンド【まぐまぐ】にて早々と殿堂入りをはたしました。 

    メールマガジンでは更に細かく解説しています。
    制作方法を深く学びたい方は下記より登録の方をお勧め致します!

    読者登録はこちら→ http://www.mag2.com/m/0001594766.html


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。