オバマ広島訪問に元米軍捕虜も同行。いわゆる「バターン死の行進」とは?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オバマ広島訪問に元米軍捕虜も同行。いわゆる「バターン死の行進」とは?

2016-05-23 07:36
    今朝のヤフーニュースを見ていて、バターン死の行進ってなんだろうと思いました。
    どっかの国っぽいなーとか、またこの手のハナシかーと。

    <米大統領広島訪問>元米兵捕虜も立ち会いへ 米政府が要請(毎日新聞)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000057-mai-int

    (抜粋)
    代表で参加するのは、米東部コネティカット州のダニエル・クローリーさん(94)。フィリピンで旧日本軍の捕虜となり、パラワン島で飛行場建設の作業を素手で行うように強いられた。その後、日本に移送され、栃木県足尾の銅山などで強制労働をさせられた。

    Force to work 久しぶりに出てきましたね。

    検索で下記のリンクも出てきました。
    http://seitousikan.blog130.fc2.com/blog-entry-586.html
    http://www.us-japandialogueonpows.org/Nelson-J.htm

    オバマの広島訪問は原爆の謝罪どころか、反日団体の人連れてこられて「日本が悪かったから原爆を落とされたんだ!」とやられるわけですね。で、海外メディアに書かれてしまうんですね。

    強制労働と、原爆で30万人消し去った上被爆した人の観察日記をつけ続けたこと(など諸々)のどっちが悪いかなんて比較にならないってのに、日本だけが国際社会で悪者にされるわけで。

    右翼も左翼も怒ったほうがいいですよ。
    「オバマを広島に来させるよ!謝罪はしないかもしれないけど初だよ!」
    と票を狙うフリして日本を貶めるんですから。

    安倍の考えは浅はかだしは古すぎるんですよ。
    いまだに戦争が票になると思っているんだから。
    余計なことはいいんで、経済をなんとかしないと!
    もう何もするな!(怒)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。