ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ベーシックインカム(BI)は政治的に実行可能か?(2)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ベーシックインカム(BI)は政治的に実行可能か?(2)

2017-08-26 08:19
  • 3


以前政治的な実行可能性について述べましたが、現在の知見を加えようと思います。

今現在の政治制度ではBI(国民配当)の実行可能性は0だという認識は変わらないのですが、
その理由として前回と違うのは、選挙制度の問題ではなく、全ての政党の存在理由に問題があ
ると言う事です。

 では何故政党が国民配当をやらないかと言うと、政党の存在そのものが利子と負債の請負人
の役目を果たしているからです。
 国民配当の前提になる政府通貨(国民通貨)は負債ではない(もちろん利子も発生しない)
のでこれを国費に使うのを否定しています。(例外があると言えば東電への資金援助等は政府通貨を発行している節がある)

 それでは政党を無くした場合にどうやって国政運営を行うのか?
それはスイスの連邦制を見習ったらどうかと提案します。もちろん現在もスイスは政党を擁
していますが、その政党を無くした状態のスイス連邦の政治制度を作るのです。

 例えば県知事さんの代理人、つまり各都道府県の市や区からそれぞれの代理人を選挙で選
んで各代理人が話し合いのうえで少数の意見でも正当性があればその意見を採用し、議論の
俎上に乗せ現実に即していて批判に耐えうるようであれば、可決するというのもありなのか
なと思ったりします。

 そしてこれは余談なのですが、フランスの社会主義者ピエール・ジョゼフ・プルードン
言葉ですが、社会の矛盾を無くすのではなく、制度の欠陥を無くす事に尽力しなければいけないと言う事です。

 社会の矛盾とは経営者と労働者、男と女、権威と自由、依存と自立等の事です。
この矛盾を消せばまた新たな矛盾が生まれる(悪い意味で)それならむしろ反発しあう矛盾の
バランスを均衡に保ち(両足とも同じ筋力で自由に歩いていく例えもある)
 社会に活力を生み出していくのが良いのではないかと言う事です。

 国民配当はそういった活力のある社会を目指したものであります。
広告
×
どうもお世話になってます。オオネコです。
ベーシックインカム、実施している国は0で、日本での可能性もまた、今のところ0なのですね。
さらに、問題なのは財源。消費税から賄うのか?または、所得税などの別の場所から・・・。

今働いている、国会議員、役所、年金事務所の仕事についている人の働き口をどうするのか。(この関係で働いている人たちにとっては、不満の種になるでしょうね。だって、この人たちの存在意義が少なからず薄れますから。)
そもそも、これをすることで今まで苦労して働いてきた人たちにとっては不満でしょうし、ある意味逆に不平等を生んでしまう恐れも。(もともとお金持ちにもお金を配られることになるのだから)
だとしたら、課題はとても多く、道のりは遠そうに思えます。

でも、もしこれが実現すれば何らかの事情で働けなかった人たちは大助かりですし、生活費が賄えなかった人には恵みの雨となるでしょう。
私のような病気で働けない人には助かります。
ただ、実施にあたっては何十年も先の話になるでしょう。
まず2009年に行われた定額給付金ですら、ほとんど貯金に回ったりして、経済効果は無いとして只の財源のバラマキと批判されたくらいですから・・・。
現状では、批判されていたマイナンバー制度も施行されて間もないですし、隣の国ではミサイル問題もあります。
国は、そんなのには残念ながら目もくれないでしょうね。

BIという制度、なかなか興味深く、奥が深いですね。
良いお話が聞けて、勉強になりました。
さすが、タルトさん聡明な見解ですね。
これからも、BIについての情報お願いします。
もし、視点が違っていたらすみません。粗削り、知りたての情報ですので。
46ヶ月前
×
>>1
どうも初コメントありがとうございます。
オオネコさんが危惧している問題に関しては私の他の投稿にも目を向けてくれればと思います。
実際、働かないでも得られる所得となると一般の人の抵抗はあると思います。
ですが、資本主義の欠陥構造がそういう抵抗を払拭してくれるんですよ。
 
 例えば、恐慌に陥った時にみんなが今まで(しょうがない)で苦しい事を受け入れてきたのですが受け入れられる限度を越えちゃった時に政党に対する不信感が爆発すると思うのです。

 それは具体的にいうと経済恐慌です。リーマンショック以上の恐慌が5年6年と続けば間違いなく庶民の皆さんは
立ち上がります。食えないのは流石にどうしようもないですよ、それに対して政党は庶民に対して自己責任を押し付けて
来る可能性が高いです。

 その時がチャンスです。

 そしてその大恐慌がやってくるのは今年か来年あたりです。
46ヶ月前
×
>>2
追伸:大恐慌がやってくるのが今年か来年とありますが、神でもないのになぜそんなことが分かるのかと後で確認して
恥ずかしく思います。反省w
45ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。