ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

秋葉原グルメ紀行その22はこうして作られた!の巻
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

秋葉原グルメ紀行その22はこうして作られた!の巻

2013-06-01 23:02
  • 6


今回は秋葉原グルメ紀行その22の解説です。



今回のお店は「赤津加」という居酒屋さん。
居酒屋と言うより小料理屋といった感じでしょうか?
この場所だけは以前から変らず、お客さんの年齢層も高いです。
でもなんでうpったのかというと、
秋葉原が萌えだのオタクだのだけじゃない街だって事
を皆さんに知ってもらうため。
料理の値段も高めだけど、もっと高い所はいくらでもあります。
皆さんが想像する秋葉原とは違う一面を見てほしいのです。



お昼のメニューはこのようになってて、魚介類が多いです。
秋葉原界隈で魚を食べたい時にはオススメです。
値段は…まぁ高いよね(^^;
ご飯のお替り、大盛は無料との事。



お店の中に入ると凹のカタチをしたカウンターがありますが、奥へ進むとこのような看板もあります。
菊正宗のHPにも紹介されているお店なのです。



で、コチラが帆立の煮物の定食。
上品な味で帆立の風味を楽しめ、野菜は煮過ぎずに風味も有。
動画的には焼き魚でも良かったかな?と思ったのですが、焼き魚はまた次回にでも。



このアングル、どのように撮影したのかというと…
カメラを少しズームして撮影してます。
三脚はコンパクトデジタルカメラ用のスタビライザーを使用。
カメラはパナソニックのLUMIX FT3という2年前のカメラです。
動画もFT3で撮影してます…と言うより、自分がうpってる動画の食べ物関連は殆どがFT3で撮影してたりします。
・背景があまりボケない
・AFが速い
・レンズが飛び出さないからスマートに撮影できる
と食べ物の動画を撮影するのにピッタリなカメラだと思います。
さて、そのカメラはというと…



カメラにスタビライザー(カメラに付いてる土台のようなもの)を常に着用し撮影してます。
このスタビライザー、上下方向に角度を変えられるのです。
高さが足らない時は予備バッテリーを下に置いて調整できます。
普段は足を折畳んでしまえば場所もとらずにカバンへポイっと収納できます。
このカメラ、防水・防塵仕様&耐衝撃構造がうりなので旅行やアウトドアにもピッタリ。
セッカチさんにもオススメなカメラですよ。

秋葉原には自分もまだ知らないトコロがあると思います。
そんなトコロも是非紹介してみたいですね。
広告
×
この三脚、かぶちんショッピングで買いました~w
畳めばカメラの純正ケースでも入るコンパクトさがスバラシイです。
97ヶ月前
×
>>1
500gまで耐えられるからNEXシリーズでも使えると思うよー
kissシリーズでも使えたしー
コンパクトってスバラスィー
97ヶ月前
×
値段高い・・・かな?万世ビル行ってるお人が何言うてるんですかw
撮影の裏?まで見せていただきありがとうございます!勉強になります!
スタビライザーのコンパクトかつフレキシブルな機能に少し感動しましたw
これからも素敵な動画楽しみにしてます!
97ヶ月前
×
この型のスタビライザはすでに販売終了して、ポケット三脚に切り替わっちゃいましたね。
新しいのは結構かさばるのでこの型が一番使いやすいと思ってみたり
97ヶ月前
×
>>3
どもどもですよー。
あのスタビは3,000円弱だったような気がします。
高くても安くても良いものはいいのですよ 、ええ。
97ヶ月前
×
>>4
そうなんですよねー。
もう一個買っときゃ良かったなーとか思ったり(^^ゞ
きっと他メーカーが作るんじゃないかな?結構簡単に作れそうだし。
97ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。