SBCデッキ解説のなんかアレ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

SBCデッキ解説のなんかアレ

2017-10-26 00:15
    はい。お久しぶりというか、はい。
    シンデレラガールズのツアーがあったりアイドル鍋を堪能したり、315プロがアニメで動いたり
    そんな感じで色々ありましたがいかがお過ごしでしょうか。
    生「好いとうよ」は本当によかった。ありがとう福岡。
    一ノ瀬志希!すごい!本当にすごいんだ!

    さて、私はというと、SBCという企画に参加しています。
    ストレージの底に眠ってるようなクソレアを使ってやろうぜっていう催しで
    1戦目は「らせんの円錐」という分かりやすい指定カードでした。
    https://www.mtggoldfish.com/deck/777700#online
    エルフでマナ出したりしつつ無限マナ狙っておしまいって感じで芸術点はあんまりという感じで
    別パターンで信心を稼いで10個ずつくらい溜めながらパーミッション戦略をとるウィザード型もありましたが
    動画映えしないんじゃないかということでエルフ型にして、まぁなんというか集中力を欠いてダメな感じでした。
    その他には先駆のゴーレムにインスタントやソーサリーのコピー呪文を連打し
    イトリモクから100マナ出して勝つパターンもあったけど、それこそ殴れよってなっちゃうのでボツに。
    見た目は一番派手というか馬鹿だし面白かったけどスタック処理でPCへのダメージも大きそうだったのでアレ。
    でもまぁ、エルフ型に関しては動き自体は分かりやすかったので解説はいらんな、と。

    さて
    FGOアップデート時間かかるなクソ(まだ20%)
    それはそうと2戦目のデッキは「森での迷子」だったわけで、これは一筋縄ではいかない。

    で完成したというか、何とか形にしたのがこちら。
    https://www.mtggoldfish.com/deck/801781#online
    これもうわかんねぇな?
    まず動きとして、というか理想的な展開としては
    1:2マナ最強PWであるティボルトを設置、パーツを探しつつ忠誠度を貯めプレッシャーをかけます。
    2:森での迷子を(可能な限りたくさん)設置、コピーも辞さない
    3:相手がノンクリーチャーなら禁忌の果樹園によるトークンを押し付ける。
    4:殴ってきても迷子が防いでくれる、通ったならアゾールの雄弁家でブロック。
    5:ダメージが通らなければそのまま雄弁家が相手を論破、意地でもダメージを通すなら血の報いがライフを蝕む
    6:トークンのパワー合計値が相手のライフを上回るようならティボルトの奥義で奪って勝ち
    という、途方もなくご都合主義的というか、なんかもうアレだな。

    実際問題としてSBCのルール上、指定カードを何らかの形で役立てなければいけないわけで
    殴られなければ仕事をしないこのカードを、そもそもコンボ環境でノンクリーチャーだってあり得るSBC環境で
    「これがあったから勝てた」「これがなければ負けてた」という状況にもっていくには
    これ位しか思いつかなかったのだという言い訳のためにブロマガを書きました、というやつです。
    デッキ構築に泣きごとは言いたくはないけど、そもそもが勝利に直結しない受け身なカードはやはり辛かった。
    最低限芸術点を得ようとティボルトの奥義や雄弁家、サイドの富の享楽などもとってみたけど
    そもそも5マナのエンチャント並べてるうちに相手のコンボは始まってしまうんやなって。
    クリーチャー化して殴るにしても迷子より攻撃制限に向いたエンチャントはあるしね、と。
    そんな感じでみんなも森での迷子デッキ、挑戦してみよう!

    一応対戦相手の方(塩水の予見者兄貴)から動画化云々の話は試合前にしてたし
    是非してくださいといったものの、見所さんがアレなので実際どうなるかは不明。

    ここまでちょいちょい手直ししたり読み直したりしつつ30分くらいで書いてきたけど
    まーだ41%ですねFGO

    という感じで
    またなんかありましたら書いたり書かなかったりするのでよろしくお願いします。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。