受託でものをつくることについて
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

受託でものをつくることについて

2014-09-24 23:01
    受託でものをつくる関わり方に悩んでいる。
    現状、つくっているものが使う人に喜ばれるかどうかもわからず納期の期日までにつくりあげる事ばかりに目がいってしまい、連日遅くまで働いてなんとかつくりあげるそのスタンスが幸せなのかどうか。結果、それでできたものっていい品質なのか。つくるものの目的があり頼んだ人、それを請け負う人、同じ目線で同じ方向を向く、それで土台をつくる。その上で請負人はスキルフルなプレイをする。それがいい受託のものづくりだと自分は思っている。
    ただここでボタンの掛け違いが起きると辛い状況が起きる。

    連休明けの今日、会社に行ってその辛い状況を目の当たりにしたので衝動で今は書いている。余裕がない中でやる気を保ちながらものをつくるは難しい。
    この辛い現状をはやめに改善したいと思った次第であり、そもそもとして受託は不幸なんじゃないかとも思い始めている。心がしんどい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。