サンドウィッチマンのライブツアーを観に新潟に遠征かも
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

サンドウィッチマンのライブツアーを観に新潟に遠征かも

2020-02-21 23:49
    先日、サンドウィッチマンの今年のライブツアーと去年のライブツアーのDVDが発表されました。
    去年は北海道から福岡県久留米市までと、四国を除いたほとんどの地方を回っていましたが、今回は中四国及び九州が外されていました。
    自分は九州の人間なので九州・中四国がないのはかなり痛い。
    それでもサンドウィッチマンのファンなので遠征しようと思っています。
    前回のツアーの時は地元に近い下松公演と久留米公演のどちらかで迷いましたが、1000席しかない下松公演より1500席ある久留米公演のほうが少しは当たりやすいかと思い、応募して奇跡的に当選しました。
    今回は西日本は大阪と和歌山しかないうえ、大阪公演が1000席のホールのようです。大阪は人の多い場所なので、倍率がやばそうでここはないかなと。和歌山は1400席のホールでやるそうですが、大阪公演を観ようとしてチケットを取れなかった人が和歌山公演を観ようとして取る可能性があるので、地味に倍率が高そう。
    東日本で1500席前後あるホールは新潟テルサと帯広市文化ホールのようです。帯広だと自分の場合は福岡空港から新千歳空港を経由して電車に乗り継ぐ方法が確実なはず。でも、空港と帯広は距離がるうえ、現時点で北海道には函館にしか新幹線がないのでかなり時間がかかるので、新潟一択になるかも。
    新潟は福岡空港から直行便があるのでいいのですが、朝昼夜のそれぞれ1便しか飛んでおらず、朝だと家から行こうとするとおそらく間に合わないので、博多駅で一泊、夜明けくらいにチェックアウトして空港に向かい、新潟に着いたら一日観光して、次の日にライブ、ライブが長引いた時のために次の日の飛行機で帰るのが一番楽かなと。
    2017年は九州は宮崎、中四国は広島で、2018年は九州は福岡、中四国は島根、2019年は九州は久留米、中四国は山口県下松と九州や山陰山陽でやっていたので、今回もどこかしらでやるとばかり思っていました。
    しかし、今回はサンドウィッチマンのスケジュール的な問題なのか、それともコロナウイルスの影響なのかはわかりませんが、東日本に偏っているとは想定外で今から金をためる必要が出てきました。節約。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。